HOME -> DISCUSSION -> Pharmacology -> migraine-generating mechanism and the treatment


偏頭痛の発生メカニズムとその治療法

頭痛(headache)とは

 一般的に, 頭痛は広範な鈍痛であり局在性に乏しい. 侵害受容器は髄膜, 脳内の動脈, 静脈, 静脈洞, 頭と頸筋, 脳外の粘膜, 頭皮にあり, 脳実質にはない. 頭痛は発生原因から神経性, 血管性, 牽引性, 炎症性, 心因性などに分けることができ, 例えば神経性の痛みは神経自体に起因する痛みであり, 原発性三叉神経痛などがある. 血管性の頭痛は血管壁の拡張, 伸展により生ずるものであり, 偏頭痛, 低酸素症, 高血圧症がある. 牽引性の頭痛は, 頭蓋内腫瘍などによる頭蓋内の血管, 髄膜, テントなどの牽引, 伸展が原因である. 筋収縮性の頭痛は, 頭頸部筋肉の持続性収縮によるもので, 緊張型頭痛の主因である. 頭蓋内の痛みの神経支配は大脳などテントより上の部分及びテントは三叉神経, 小脳などテントより下の部分は第2脊髄神経(C2, 第2神経)である. これらの神経は頭蓋外にも神経支配があるため, 関連痛が生じる.[2]

頭痛とその性質的分類

 頭痛と一概に言っても, その種類・性質は多岐に渡る. 頭痛は, その性質から機能性頭痛と症候性頭痛の大きく2つに分類することができる.

 機能性頭痛の分類では,

 症候性頭痛の分類では,

などが挙げられる.

 各頭痛に関して更に詳しく述べると, 症候性頭痛は, 器質性疾患が原因で起こる頭痛であり, 脳梗塞, 脳出血(脳溢血), クモ膜下出血, 側頭動脈炎などの脳血管障害や脳腫瘍による局部圧迫など, 他には, 髄膜炎や副鼻腔炎, 眼疾患, 内耳炎等の場合が考えられる. これらは, 生命活動に影響するものであり, 命に関わる頭痛であるとも言える. それに対して, 機能性頭痛というのは器質的な病変が見られないものを指す. 一般的に, 機能性頭痛に関しては命に別状はない. このことから, 機能性頭痛を善玉頭痛, 症候性頭痛を悪玉頭痛などと表現することもある. しかしながら, 私見を述べさせてもらうならば, 善玉・悪玉という表現が適切であるようには思わない. 機能性頭痛は身体にとって必ずしも必要な症状でもなければ, それが生命活動において好影響を与える事象であるわけでもないのだから. しかしながら, あくまでも善玉頭痛・悪玉頭痛という表現は一般的であり, これは私見に過ぎないことを, 誤解の無いよう言明しておく.

機能性頭痛について

 さらに, 機能性頭痛に関して説明すると,

(1) 偏頭痛(migraine; 片頭痛)

 片頭痛は頭痛の25%を占めるものであり, 非常に一般的な頭痛である. 一般的には, 男性よりも女性に多く見られる頭痛である. 拍動性の鋭い痛みで多くは片側に見られ(片側性の拍動性頭痛), 吐き気や嘔吐を伴うことも多い. 視野に閃光を感じたり, それが拡大して中央部が見えなくなる(閃輝暗点)前兆がある典型的片頭痛と前兆のない普通型片頭痛がある. ときに光や音に過敏になったりする. 生あくび, 肩こり, 首すじのはりや, 身体を動かすと余計痛くなったりする. 原因は, 脳の血管が拡張し, 血管壁の痛覚受容器を刺激するための起こる(血管性頭痛)と考えられている.

(2) 群発頭痛(cluster headache)

 周期的に, 非常にするどい痛みを伴う頭痛であり, 20〜40歳代に多い. 女性に多くみられる片頭痛に対して、群発頭痛は20〜40歳代の男性が中心となり、女性の4〜5倍にのぼるとも言われる.[9] 片側の眼の奥や眼の周囲, 側頭部にすきさすような痛みが出て, 1〜2時間ほど続く. 非常に激しい痛みであり, その痛みは出産や腎結石をも上回るらしい.[10] そして同側の結膜充血,流涙,鼻閉,鼻汁,額・顔面の発汗などの症状が伴うことがある. 前兆としては, 目のかすみ, 首のはりなどがあり, 目の充血, 涙目, 鼻水などの自律神経症状を伴う. 原因ははっきりとは分かっていないが, 拍動性があることから, 血管性頭痛の一種であろうと考えられている.

(3) 緊張型頭痛(tension headache)

 緊張型頭痛は最も一般的に発生する頭痛であり, 日本における頭痛症状の8割が緊張型頭痛によるものだと言われている. この頭痛の症状としては, 両側性の拍動を伴わない, 頭を締め付けるような痛みが生じたり, 圧迫感, 重い感じの慢性的な頭痛が続いたりする. 体のだるさ, 眼の疲れ, めまいが伴うことがある. 一般に, 偏頭痛のような吐き気は伴わない. 原因としては, 後頭部から頸部・肩にかけての筋の緊張(いわゆる, 肩こり)や, 精神的ストレスによって生じる. また, 姿勢が悪かったり, 首の骨などの骨格・体型の歪みがあると, 頸部に過度の負荷がかかって, 緊張型頭痛になる場合もある. また, 頸部圧迫の場合は, 吐き気が生じる場合もあると考えられる.

片頭痛の発生メカニズムと治療法

 ここでは, 特に偏頭痛の発生メカニズムと, それに対してどのような作用が求められるかを考える.

 偏頭痛の発生メカニズムは, いろいろな説が提唱されていて確定はしていない. しかし, 最も有力な説としては, セロトニン説と三叉神経説がある.

 セロトニン説では, セロトニンが偏頭痛の発生に大きく関与しているとするものである. これは, 睡眠不足, ストレスなどのさまざまな外的刺激によって, 血中カテコールアミンや遊離脂肪酸が増えることにより, 血小板が活性化されてセロトニンが放出される. このセロトニンには, 脳血管を収縮させる作用をもっており, 脳血管の収縮によって血流が悪くなったり, 片麻痺などの症状が起こり, その後, セロトニンが急激に代謝され, その結果異常な血管拡張が生じる. これが原因で偏頭痛が起こる, とするのがセロトニン説である. セロトニン受容体にはいくつかのタイプ(5-HT1~5-HT7)があり, さらには5-HT1は5-HT1A, 5-HT1B, 5-HT1Dに分類され, 偏頭痛には5-HT1Dが最も関与していると考えられている. セロトニン説においては, セロトニンがセロトニン受容体と結合することで生理活性をもたらすことから, セロトニンの作用を抑制することが重要となる.

 三叉神経説では, 硬膜の血管の周りには三叉神経がたくさん存在するが, 何らかの刺激によってニューロペプチドが大量に放出され, 血管壁の周辺に炎症がおき, さらに血管も拡張して血管を取り巻く三叉神経を刺激し, その結果, 痛みを感じるというものである.

 セロトニン説と三叉神経説では, その予防に求められる薬理作用は異なるが, しかし, 最終段階, ようは偏頭痛の起こるメカニズムは同じである. すなわち, 血管の異常な拡張が偏頭痛の原因である. したがって, 偏頭痛を治療するためには, 血管の異常拡張を治療できればいい. セロトニンが原因物質であると考えられる場合, (セロトニン説の場合) 予防薬としては,

があり, また, 偏頭痛が発生している場合は, その原因である血管拡張を治す薬, つまり, 血管収縮を促す薬理作用の持つ物質を投与することが考えられる. 三叉神経説においては, NSAIDsやトリプタン系薬が効果的であり, また, 血管収縮を促す薬理作用を持つ物質を投与することが考えられる. 例えば, エルゴタミン製剤は強力な血管収縮作用があり, 特効薬として用いられる. これは, α受容体に作用すると同時に, セロトニン受容体(5-HT2)に対して拮抗作用があるためである. また, カフェインと同時に摂取することで, エルゴタミンの吸収が良くなることが知られており, カフェイン自身にも鎮痛作用があるため効果的である. そのほか, トリプタン系薬や非ステロイド系拮抗炎症薬(NSAIDs)がある. トリプタン系薬はセロトニンと同じ構造を持っているため, セロトニン受容体(5-HT1D)に結合して, 拡張している血管を収縮させることで発作を改善すると考えられる. また, 三叉神経説においては, CGRPと呼ばれるニューロペプチドが, 三叉神経が刺激されることで放出されることが大きく関係するが, トリプタン系薬がセロトニン受容体に働くことでCGRPが放出されにくくなることから, 三叉神経説にも対応することのできる作用機序を持つ. NSAIDs(アスピリンなど)は発痛物質のプロスタグランジンの生合成を抑制し鎮痛作用を示す. プロスタグランジンは体内で生成されるが, その生成過程は, 細胞リン脂質から生じたアラキドン酸がシクロオキシゲナーゼ(COX)という酵素によってプロスタグランジンエンドペルオキシドと呼ばれる不安定な物質に変化し, そこから様々なプロスタグランジンが生成される. NSAIDsは, この生成過程におけるCOXを阻害することで最終的にプロスタグランジンの生成を抑制する.

偏頭痛の個人による対処法

 以上は, 薬理学的観点からの治療であるが, 個人で可能な治療を考える. まず, 予防法としてはセロトニン説においても, 三叉神経説においても, その原因は外的環境からのストレスに拠る. また, 食事, 睡眠不足, 抑うつなども大きな因子として挙げられる. まず第一に, これらの要因を取り除くことが重要である. ストレスは適宜解消し, また食事バランスには気をつけ, 睡眠は過不足なく取ることが重要である. その上で, もし偏頭痛になった場合は, 偏頭痛の原因が異常な血管拡張に拠ることだと正しく認識すれば, それに対処するだけで良い. つまり, 血管の拡張を抑えるためには冷やすなどの処置が効果的である. ただし, 注意しなければならないのは, 頭痛の原因が緊張型頭痛などであった場合, 筋の緊張などで血行が悪化したために起こるような頭痛であるので, 冷やすことは逆効果であり温めることが求められる. このように, 頭痛の種類は正確に判断されなければならない. また, 偏頭痛の場合であっても, それがセロトニン説に則って起こっていると考えられる場合, その初期段階においては, 血管の異常収縮を促進させかねないので注意が必要である.

 最後に, すべての機能性頭痛に対処できる, 最大にして最善の治療法は, 「睡眠」を取ることである. 睡眠を取ることで, 頭痛を意識しないためにそれをストレスに感じることもなく, また睡眠時は代謝が高まることから, 早期に回復される. ただし, 睡眠不足だけでなく睡眠過多の場合でも偏頭痛が起こりやすいので, 適切な睡眠を取ることが重要である.

余談 タバコと頭痛の関係

 本項は余談であり, あまり真面目な話ではないのであしからず.

 簡単!お手軽!個人の偏頭痛防止法の紹介です(笑)

最初に断っておくと, ネタなんで・・本気で実行されても, 当方では責任を負いかねます. まあ, しかし・・その方法は, トリプタン系薬と同じ作用原理を利用してるわけだが.

 さて, 何度も言ってるが, 偏頭痛の起こる理由は, 血管の異常拡張にある. ならば, 血管を収縮させる作用のある物質を体内に投与すれば良い. ここで, セロトニン説を思い出して欲しい. セロトニンは, 血管を収縮させる働きがある. トリプタン系薬においても, セロトニン受容体に結合して, 拡張している血管を収縮させることで発作を改善する. ならば, 体内にセロトニンを分泌させるようにすれば, 偏頭痛発作時のその症状は改善されるだろう.

 さらに思い出して欲しい.

 セロトニン説では, 血中カテコールアミンなどによってセロトニンが放出される・・.

 血中カテコールアミン・・・


さあ・・ここでなにかを思い出さないか?

そう!!タバコだ!!!

 タバコを吸うと, ニコチンが摂取される. ニコチンは, コリン作動性ニコチン受容体に結合して, 副腎髄質に対してカテコールアミンの分泌を促す. ちなみに, カテコールアミンとは生体アミンのことであり, ドーパミン・アドレナリン・ノルアドレナリンのことである.

 というわけで, タバコを吸えば血中カテコールアミン量は増大する. これが原因で, タバコは血管を収縮させ, 例えば血圧の上昇などを促すのだが. 何にせよ, 今は血管を収縮させたいわけで, タバコはそれにぴったりなわけです.

 というわけで, タバコを吸ったら偏頭痛が治った・・という話をよく聞くけど, それはあながち嘘じゃない. むしろ, 原理的には自然なこととも言える. さらに言えば, タバコを吸えばドーパミンが放出され, 快楽神経が活性かするため, 気が紛れるというのも大きいだろう.

 そういうわけで, 偏頭痛対策にタバコはいかがでしょうか(笑)

余談の余談:タバコを吸うと頭痛が起こったりするわけ

 以上のように,

 タバコを吸う
  →
   ニコチンを摂取
    →
     コリン作動性ニコチン受容体に作用
      →
       副腎髄質にカテコールアミンの分泌を促す
        →
         血中カテコールアミン量が増大する

あとは, セロトニン説と同じプロセスで偏頭痛が生じると考えられる.

 だから, タバコの吸いすぎは偏頭痛の元になるので注意しましょうってことです.

参考文献
[1] 薬のはたらきを知る やさしい薬理のメカニズム 中原 保弘 著 学習研究社(2005/12)
[2] 生理学テキスト第5版 大地 陸男 著 文光堂(2007/01)
[3] ニューロサイエンス入門 松村 道一 著 サイエンス社(1995/12)
[4] 明らかにされてきたニコチンの血管作用(日本薬学会)
[5] 肩こりと頭痛 (緊張型頭痛の解消法)
[6] 頭痛の8割がコレ?肩こり頭痛にご用心!
[7] 知っておこう! 頭痛
[8] 緊張型頭痛とは?
[9] 群発頭痛ってどんな病気? - スッきりんのバイバイ頭痛講座
[10] 群発頭痛(cluster headache)およびその近縁疾患(TAC) - 頭痛大学
[11] 頭痛