戻る


2012年ゲーム会議(前編)


 2013年お正月、いつもの面子がいつものよーに集結し、2012年度に出たゲーム一覧を片手に月単位で語り
最終的に
『我々的2012年ベストゲーム』を決めちゃおう!……という集会がまったり催されました。
果たして、我々が選ぶ2012年ナンバー1のゲームとは!?


邪武丸(以後「よ」)/あけましておめでとうございます邪武丸です。ゲーム暦は29年。なんか去年は私的にいろいろあってあんまりゲームできなかったんですけど語れる範囲で語らせていただきます。あと初春(すげえアバウト)から新連載始まりますのでおまえらアンケ出せくださいおねがいします。

有馬兵衛(以後「あ」)/なんとか放談レギュラーに食い込んでるゲーマー歴32年の有馬です。とは言え昨年と違って今年はそんなにゲームは振るわなかったかな?またそれほどではありませんが非電源系関連もボチボチプレイしてますんで、そのあたりも触れていきたいです。

みずもり(以後「み」)/ども、僧職系男子ことみずもりです。おにくだいすき!好きなゲームはアクション、STG、音ゲー、レース…ですけども、今年はまるで遊べませんでした。遊んでたら娘に襲い掛かられるねん…。部屋整理のために実家に持って帰った据え置き機も設置できず放置三昧。こんなに(ゲーマーとしては)ダメダメですが今年もよろしくお願いします。

中上隆(以後「な」)/遅れてやってきましたたかしです!ゲーマー歴25年になりました!今年もほどよ〜くゲームしましたよ!ケモッケモッ(笑声)

りしゅー(以後「り」)/どうも、ゲーム歴たぶん33年ぐらいりしゅーでございます。買うだけ買って積んでるゲームも多いですが、今回もよろしくお願いします。

たけっぴ(以後「た」)/おはゼッター!最近はなんで参加してるのかわからなくなるくらい、プレイ数が減ってきたゲーマー歴30年のたけっぴです…。全部ガンオペがわるいんじゃぁ……

磯岳知明(以後「い」)/いきなりジャイロゼッターか(笑)!磯岳知明です。今年はみんな「買ったけど積んでるー」ってゲーム多かったみたいですね。できる限り遊びたかったんだけれども。

映一郎(以後「え」)/と言うか、なんかそもそもゲームの発売本数そのものが例年と比べて少なかったんじゃないかなーという気がしないでもないゲーマー歴はおよそ33年の磨伸映一郎ですよっと。やっぱ全盛期の頃はこれでもかとゲームがバカスカ出てたおかげもあって「玉石混淆」、凄まじく光る玉からどうしようもない石までよりどりみどりだったのに、その絶対数が少なくなってきたので玉どころか石すらも……という状況に陥ってる気がしないでもない。気がするだけかもしれない。

い/ハードの過渡期だからなのか、純粋に家庭用ゲームの本数が減ってるのか。

り/たぶん両方ですね。あといろんなラインやパワーがソーシャルゲーム開発の方に移行しちゃってる……という要素も大きいかと。

な/モバマスも1周年ですしねー。眼鏡ッ娘の奥山ちゃんをばりばり育てるよ。みんなもっと奥山ちゃんの魅力に目覚めるといいよ!

た/まあモバマスの話は今年はやらないんだけども(笑)。あくまで2012年発売のゲーム、という事で今年も語っていきましょう!



2012年 1月



あ/『心霊カメラ 〜憑いてる手帳〜』! 3DSの機能をこれでもかと活かしに活かした意欲作!!AR機能によって何でもない手帳が歪み、自分の部屋が幽霊屋敷になる!ああっ、恨めしそうな霊が…おぞましい怨霊が俺の部屋の右奥から!!具体的に言うと積み上げられたエロ同人誌の山の中から怨霊がーー!!

た/アホかお前はーー!!

あ/だってエロ本読みてェじゃん!? あ、『こっちよ…』という声に合わせて3DSを右に向けると、俺の部屋に久川声の美少女が!?…ちょ、ちょっと待って今部屋のエロ本片付けるんで10分ぐらい出てもらえませんか!?

な/お正月早々いきなり駄目なゲームから始まった事は理解した。

え/駄目じゃないよ(笑)!! 3DSのカメラ機能によって現実の自分の部屋とゲーム内容がリンクするからおかしな事になるだけで………ああッ!苦しみ悶えてる少年の怨霊が、俺の部屋の奥から…奥からッ!!具体的に言うとマスターグレード∀ガンダムの辺りから怨霊がーーー!!

り/ユニヴァァァァァァス!!

み/いやゲーム内容そのものを具体的に説明してよ(笑)。何のゲームなのコレ?

あ/一応、日本製ホラーゲームの金字塔である『零』の系列作品で、しかもお手頃価格で!って作品で、内容はDL系ゲーム並に短いんですけども面白かったです。個人的には高評価!

え/『零』シリーズのメイン武器である「カメラ」を、そのまま3DSのカメラ機能に落とし込んでるのよね。しかもこのゲームを購入して、パッケージを開けると、「説明書」ではなくて意味不明な「紫のノート」が入ってるんですよ。ボロボロに汚れ、インクも滲み文字なんて読めない謎の手帳。中を見ても破れてたりピンボケてたりする写真、顔が塗りつぶされてる少年、何処かの風景、新聞の切り抜き…等で訳わかんないんですけども、実はコレ巧妙にARマーカーが隠されてるらしくて、3DSのカメラ越しに見てみると、文字が浮かんできたり写真が動き始めたり、そして封印されていた霊体が自分の部屋に召喚されたりするという!

あ/で、そこからは『零』同様に「射影機(3DSカメラ)」を駆使して霊を撮影する事でダメージを与え撃退していく。怨霊は大抵コッチの背後を取ってくるんで、部屋の中で突っ立ってくるくる回るだけのかんたんなおしごと開始!まさに端から見てたら『何やってんだ』状態!!

な/おかんの横で3DSを握り締めぐるぐるまわる息子の姿が恐怖であるということをお伝えしたい!!

い/ジャイロやカメラを活用するゲームは大体そんな感じ(笑)。

よ/以前買ったポケモン捕まえるやつも同じような感じで、あれもプレイしてる姿が大変不評。

り/これ夏に出て、そしてDLソフトで安価だったらもっとよかったですよね。

あ/あの「日記」を使ったAR機能がウリだったんで、通常パッケージ以外では出せなかった面はあると思う。

な/ボクなんか説明書が紛失して物理的に進行できなくなって詰んでしまったよ!!ソフト以外のオプションがなくなるとアウトとかしんどいなぁ。

え/それはたかしが悪い(笑)。まぁコピーとか不正入手では遊べなくする物理的ガード機能の役割もあるだろうしね。や、それに「どう見てもただの意味不明なノート」がこうも蠢き歪みまくるギミックとか『すげえ、どうやってるんだろう!』と純粋ワクワクさせてくれる良いゲームでした。惜しむらくはホント有馬はんも言ってる通りDL系ゲーム並にシナリオが短い点と、自分の部屋が戦場になるので明るいオタク部屋でプレイすると凄い勢いで致命的な点かなー。

い/真っ暗な部屋でやればいいじゃないですか(笑)!!

な/そこがそうもいかない!AR機能を使うためにはしっかりと明るいことが条件なので、「暗い部屋で恐怖ゲーを堪能する」というある意味の誰もがするであろう雰囲気作りが根本として出来ない辺りが仕様とはいえ残念ではあるんですよね…。

い/そもそも他の心霊ゲームは「霊が出そうな部屋」って演出が最初から用意されてるけれど、この「心霊カメラ」についてはそこが自助努力次第なのに困ったもんだなぁ!!


り/むしろ外に持ち出して、お墓でプレイ?

み/じゃあうちの実家(寺)でやろうぜ!!本堂がいい?不動堂がいい?蔵がいい?Myオタクルームがいい?

た/リボルテックタケヤでお願い致します…(震えながら

あ/リボルテック多聞天から久川綾さんの声が聞こえてくるのか……!

え/多聞天『うち、コーヒーは砂糖とミルク付きでないと飲めへんねん…』

な/ただの保科委員長だそれ!

あ/程良く脱線したところで次へ(笑)。同じく3DSの『エースコンバット 3D クロスランブル』は完全新作じゃなくて、ぶっちゃけエスコン2を4以降の「ユリシーズ世界観」に合わせて作りなおしたものって感じなんだけども、出た当初には『何がいらないって、3D機能が一番いらねぇ!』と言われてた3DSの立体視機能が十全に活かされてて良いリメイクですよ。空間の奥行きがいいよねコレ。

り/なんか「おお!空間が中にある!」って感じでよかったですね!

あ/ゲーム的にはオーソドックスなエスコンにスカイクロラやアサホラであった背後をとってゲージを貯めるシステムをプラスしてて、ゲージを使って相手の背後を自動で取ってくれるんですが、コレ多用するとエスコン初心者には良いものの慣れたエスコン者にとっては凄いヌルゲーになるという…。まあボスクラスは背後をとってもフレア撒くんで、ちゃんと闘わないと駄目なんだけども。

み/スカイ・クロラもラスボスは背後を取っただけじゃダメージ与えられんかったね。それだけで終わるゲームじゃつまらない!

あ/それに相手の背後を取る軌道の間もリアルタイムで時間は経過してるんで、『イエー俺様ちゃんかっこいいぜー!』と多用してたらその間に護衛対象の輸送機落とされてる→GAME OVERという展開も…(笑)。

み/なるほど。自分はこの月の3DSは『バイオハザード リベレーションズ』やってましたね。バイオは1〜2を見てただけ、それ以降はタイトルしか知らないし『なんだかよくわかんないけどオペレーション・ラクーンシティって作品もあったねー。そっちでのお話かなー』とか途中の単語も想像しつつやってたんだけど、これが結構楽しく最後まで遊べまして…!てか初クリアじゃねえかな、バイオシリーズ。

あ/個人的に思うバイオシリーズの面白さってのは『閉鎖された空間の仕掛けを解いていって行動範囲を広げていく』って言うADVな所にあったんだなぁ…と最近になって思うようになりまして、その原点に戻ったバイオだったんですよ今回!これで面白くない訳がない!!

み/素晴らしきかな原点回帰!ただのTPSになったバイオ5は要らない子やったんや

あ/故に懐かしい感じでがっつり楽しませてもらったなぁ。シナリオも意外なミスリードがあって面白いし、3DSのジャイロ機能使って照準をつける試みも悪くなかった。とは言え、即応性を持たせる為だったのか、回復がAボタン一発で出来る様にしてたんで回復暴発の多かったこと多かったこと…!! あ、あと通信機能があるのも大きいですね。その前のモンハンができなかったので余計に。

り/そういえば、外伝含めてですが去年は3本出たんでしたっけ、バイオ。

あ/みんな大好きラクーンシティでのアンブレラ特殊部隊のコープ物とTPSが出てますね。ともあれ、崩壊した豪華客船を舞台に、初期バイオみたいに行ったり来たりしてて楽しかったです。目的地は同じでも通るルートによっては意外な中ボスとエンカウントして、撃退するとボーナスアイテムがGETできたりとか、ルート選択も楽しいですし。初代の「かゆ…うま…」の雰囲気を匂わせる日記帳もあったりして、ある意味原典回帰的なバイオでもあったかな?

み/あと次回予告がなんか好き。『これまでのバイオハザード・リベレーションズは!』 実にアメリカンドラマっぽい(笑)!! ってか調べてみたらクリスさんの声って「プリズン・ブレイク」の主人公役でもありました。筋金入りのアメリカンドラマだった!(笑)

よ/私はこの月何をやっていたかと言うと、『The Elder Scrolls V: Skyrim』ですね。PC版の。ひたすら金床を叩いて砥石を回して錬金台に向かって草原を中腰で歩くそんな2012年前半でした。

え/俺も俺もー。この月は…と言うか、2012年前半は延々コレやってた気がする。

い/ほらーーー!もうーーーー!去年の放談の時危惧した通り、本来スカイリムにハマりそうな面々がコンシューマ版とPC版で分かれたから票そのものが割れるーー!!(笑)  …まぁ自分もPC版購入してMOD入れて遊びまくったけれど!!

な/「MOD」ってなんじゃい?

い/「モッド」、Modificationの略ですー。既に完成しているゲームの内容を公式クリエイションツールで各ユーザーがいじりまくって好き放題にする、言わば合法的な改造データですな。

な/チートとかじゃなくて?

い/もちろんチート的なMODもあるしギャグMODもエロMODも厨二病MODも何でもありますよ。誰でもMOD作成して公開できるよーってのは日本のゲームじゃまず無いので、知らない人は知らないよね。

え/いや本当、スカイリムそのものの「面白さ」や「逸話」、「考察」等々は昨年のコンシューマ版で語ったから、ぶっちゃけもういいよね!! ゲームとしての楽しさは今更言うまでもないし、苦労して登った山頂で朝焼けの平原を眺めて何とも言えない感動を覚えるとか、本当に何でもないNPCの一挙手一投足が(偶然の形ではあるものの)雄弁なドラマを生み出して下手なRPGより奥深い話が自動生成されちゃったりするとか、語ろうと思えば延々素晴らしさを語れる作品なんですが、まあPC版を語る上ではMOD話しときゃいいんじゃねぇの的な!!
屈強なジャガー頭の戦士にプリキュアTシャツを無意味に着せてだいなしにするとか!!

い/プリキュアTシャツを着た屈強なジャガー頭戦士が装備する荘厳な盾の表面にプリキュアの絵を貼り付けて更にだいなしにするとか!!

え/中世ヨーロッパを感じさせる、よく作られたファンタジー世界の村の対面の川岸に突然「キン肉ハウス」を出現させて、ねぐらにするとか!!

み/なにそれ酷い

い/いやアレ本当よくできてるんですよ!ちゃんと「スカイリム」に最初からあったオブジェクトを上手く組み合わせるだけで、誰がどう見ても「キン肉ハウス」にしか見えない一軒家が突然ファンタジー世界に建っちゃうの!!(笑)

え/マップをぱらりと広げて。そびえ立つ山脈、広がる雪原、そこに書き込まれたFalkreath (ファルクリース)やWindhelm (ウィンドヘルム)と言った正にファンタジー的な地名の数々の中にポツンと輝く「キン肉ハウス」の文字。

い/キン肉ハウス 発見 (デデーン)

み/ な に そ れ 酷 い (笑)

い/お馬鹿なMOD以外にも「Fate宝具MOD」みたいな独自の武器を増やす物や全ての衛兵の膝に矢を刺す「膝に矢MOD」みたいなNPC干渉系もあるし、それにキャラの外見を自在に変えるMODも重要ですよね。髪型追加に美顔、髪の色変更MODを入れて………青髪っ子を……青髪っ子キャラを遂に作れるようになったよ!!

り/磯岳さん的にはもの凄く重要な事ですね。

え/そうそう、髪の毛を逆立たせたり、パワーアップしたら金髪になるようにしたり、更には空も飛べる様にして素手だけど気合弾的な魔法飛ばせるよーにしたり……

あ/節子、それただのドラゴンボールや!!

よ/でも本当にあるんです、「スカイリムをドラゴンボール世界にするMOD」。気円斬飛ばしたり気合弾で街を爆発させて『ご挨拶が丁寧すぎたかな!』とかできたり

な/やりたい放題かアメリカ人!!!!(笑)

り/洋ゲーのフリーダムさはほんと凄いですからね。あ、ちなみに僕は1月だと『機動戦士ガンダム 木馬の軌跡』やってました。数多出過ぎてて「またガンダムゲーか」と言われ続ける昨今ですが、この作品は違うんですよ!プレイヤーはブライトさんになってホワイトベースクルーに指示して闘う、一年戦争を追体験するRTSなんですよ!

え/ちょっと切り口が違うガンダムゲーでしたよね。

り/ええ、この手のガンダムゲーにしては珍しくRTSなので、とにかく忙しい。ジオンのクソ野郎どもが雲霞の如く攻め込んでくるので、それを限られたユニットで迎撃するのが醍醐味……………の筈なんだけど、アムロが乗るガンダムでもりもり焼き殺すだけの簡単なお仕事になるのがなんというか、史実通りと言うか(笑)。ガンダムは最終的に3台(普通の、プロト、G-3)手に入るはずなので、「恐怖!トリプルガンダム」で圧倒するもよし。でもプレイヤーが圧倒し過ぎるとシナリオがどんどんしょぼくなっていって、ちゃんとガンダム本編に沿ったストーリー通りに行動しないとア・バオア・クーのシャアがリックドムで出撃せざるをえなくなる羽目に陥るという(笑)。

え/あーー、コッチの頑張りがダイレクトに戦況に反映されるんだ。まあゲーム本編で圧勝してるのにイベントシーンに突入した瞬間「だが我々は負けたのだ」みたいな展開を強いてくるゲームよりは圧倒的に好感持てるけども!あ、ゲームそのものとしての面白さはどうでした?

り/操作性とかシナリオとか、あまりゲームとしての出来は褒められたものじゃないけれども、1つだけどうしてもアピールしたい部分があるんですよ!なんとこのゲーム、「ほぼすべてのホワイトベースクルーに加えて、今までの一年戦争モノに出たパイロットが使用可能」なんですよ!ジョブ・ジョンはもちろん、オスカ、マーカーのオペレーターコンビ、マクシミリアンとかフムラウ、カルなんかの整備兵、さらにはフランシス・バックマイヤーやリド・ウォルフといったMSVやらなんやらの後付キャラ、とどめとばかりにマット・ヒーリィやカムナ・タチバナといったゲームキャラまでよりどりみどりなんですよ! 将官は出てこないですが、登場連邦キャラの豊富さに関してはガンダムゲー随一! 地球連邦軍万歳!連邦軍ばんざーーい!(階段を転がり落ちつつ

な/ただの連邦軍マニアの人だコレ!!

り/ジオン星人 ゆるさない!!

よ/「星人」、と言えば何故だか豪華面子の中にケロン星人が紛れ込んでいた『ヒーローズファンタジア』はどんな感じでした?

え/ああ!ヒーローズファンタジア!!言わば「スーパー人間大戦」!!! そのカテゴリは前々からみんなが夢想してた事なので「遂に!」というか「待望の!!」という感じでしたねー

い/……………『スーパー特撮大戦』…………

り/………『スーパーヒーロー作戦』……………………ううッ、頭がッッ………

た/特撮大戦はゲームバランスの酷さ以前に各ヒーローのクロスオーバーしないっぷりが……あ、いや、そんな事はどうでもいいよ!待望の「スーパー角川大戦」だよ!!

い/角川系以外の作品も出てますよ!!!

な/スレイヤーズにリウイにオーフェンとか、「スーパー90年代作品大戦」じゃない?

た/いや今回出てるスレイヤーズは新作の「REVOLUTION」だから90年代でもないよ!!

み/結局スーパー何大戦なんだよコレ!!

り/そもそも「スーパー〜大戦」系のゲームじゃないんですってば!!!(笑)

え/思わぬ混乱を招いてしまった(笑)。まぁ中上さんが挙げた90年代全盛のファンタジーアニメありーの、「スクライド」「DTB」「舞-HiME」等が参戦するクロスオーバーものなんですが、俺的には読子さんが………あの『R.O.D』の読子さんを使えただけで、俺はもう……もう………!!(至福(ちにゃー

た/『ケロロ軍曹』だけが妙に浮いている。結局ほとんどクルルの「こんなこともあろうかと」で解決する為の参戦にしかみえないという。

え/それを言ったら何故『BLOOD-C』じゃなくて『BLOOD+』での参戦だったんだろうか……。 SAYA-chang『守ります!!』(←村人の死体を傍観しつつ  (BGM:「純潔パラドックス」)

な/映ちゃんホント『BLOOD-C』好きよね!!ヒロインがきょぬー眼鏡ッ娘だからという点を横に置いたとしても!!

よ/いっそもっと90年代だけに絞った作品選択の方が楽しかったかも。「スーパー林原大戦」。もしくは「スーパーあかほり大戦」。

あ/話がちっとも進まねぇ!!!ゲームは!ゲームとしてはどうだったの!?

え/あー、えーとね、俺的には一言で言うと「徹底的にかゆいところに手が届かないどころか絶対かかせてくれないゲーム」。

あ/駄目っぽい!!

え/嫌いじゃないよ!?面白かったと言えば面白かったんだけども、なんかこう、ほんと細かいトコなんですけどね、MAP表示時の十字キー操作が「リバース」固定で、フライトシミュ系とかやってない俺は普段からリバース操作慣れてないのでMAP見る度に『ああもう!!何でこんな事ぐらいオプションで変えられないの!!』と小さくイラッときたり、セーブの度に『ゲームデータをセーブするよ!同時にシステムデータも上書きしないといけないんだけども、改めて上書きセーブしちゃう?上書きしちゃうの?』と毎回毎回しつこく聞かれて『いいから!上書き確定なんだから一度にやれよ!!』とイラッときたりとか、そーゆー列挙し始めるとキリがない細かいイライラが募りまくる出来で、一つ一つは小さいけどもどんどん蓄積されていき「元気玉」状態!! → スパーキン!!!空を急降下 Jet Coaster!!

い/やな元気玉だな!!(笑)

た/てか、序盤、ぎりぎりの戦いでボス戦10分以上かかるのに、後半攻撃力の桁がおかしくなって、敵がかわいそうになるっていうのはバランス悪すぎ。

り/ドラグスレイブ!あいては死ぬ! みたいな?

え/好みで言えば間違いなく「好き」と言えるゲームなんだけども、システム面でとにかく細かく「いやそこ改良できただろ」という点が多くて鬱憤たまる作品だったなぁ、と。まぁ読子さんさえ見てれば俺は癒されてたので無問題っちゃ無問題だがな!

り/良かった……きょぬーストレートロング文学眼鏡ッ娘の読子さんがこの作品に参戦していてくれて本当に良かった……これで参戦したのは良いものの読子さんが貧乳ショートヘアかつノン眼鏡で実写化されたものとかでなくて本当によかった……!

な/グラップラー刃牙の事かーーーー!!!

あ/いや違う!!合ってるんだけども違う!!!(笑)

え/あとスレイヤーズは「魔獣ザナッファー」とか「暗殺者ズーマ」とかものすげえ久々に見る単語に、往年のあれこれが脳裏に蘇ってきてあーー、あーーーー!!

よ/おっさん向けトラウマ発掘マシーンか。

な/リナとダークシュナイダーどっちが強いとか論争するんですね!!

り/現在30代中盤オタクの7割はドラグスレイブの呪文をそらで唱えられるという説も。

え/まあ続いて欲しい気はするので、次回作に期待したい。当然参戦希望作品は『覚悟のススメ』。
  
「油脂焼夷弾・神雨」!!
  
『ナパームとか神経ガスなんてヒーローの武器じゃないよ!!』

あ/それ「覚悟」じゃなくて「エグゾスカル」の方の葉隠君ですね

よ/アキハバラ電脳組登場希望とマジレス。ウテナでもいい。メタルファイターMIKUでも可。

み/武装錬金と破壊魔定光入れようぜ!!

り/強殖装甲ガイバーいきましょう!ガイバーTと覚悟の共闘!

え/あー、字幕が全部関西弁になる訳ですね。

あ/実写映画版じゃねぇか!!

な/そのツッコミができる人間もそろそろ減ってきているかも知れない。



2012年 2月



み/『アスラズ・ラース』!! 買った! 限定版!  おわり。

な/終わっちゃった!?

あ/『ブッダ・オブ・ウォー』とか『ベヨブッダ』だと思ってたけども全然そんな事は無かったぜ!!  おわり。

な/やっぱり終わっちゃった!!どういう事なの!?去年の放談で「12年の期待のゲームですね」とか言ってたじゃない!?

た/PV見た感じ、仏教世界観でバイオレンスで惑星をも越える大きさの敵を人間サイズのまま迎え撃つ!とか無茶苦茶熱そうな展開だったのに!

あ/これは何というか、作り手のやりたい事とコッチが期待してた事が徹底的にズレちゃってた。カプコンで、ファンタジー的な世界観で、アクションゲーだったから思わずベヨネッタみたいなのを期待しちゃってたんですが、実際やってみたら「ストーリーの合間をアクションゲーする」ってゆーJRPG的なノリだったんで、その認識の違いであまり楽しめなかった。第一その肝心要なアクションパートも特にパワーアップもしないままなんとなーく進んで、多少の違いはあれど何処まで進めてもやることが変わらないのはどうなのか、と。

よ/なんかQTEの連続で萎えるとか海外の評判で見た覚えがあるんですが、そのへんはどうでした?

み/萎えるよ。体験版をやる分にはアスラのQTEってケレン味がすごくて笑えて楽しかったけど、本編だとムービー中に頻繁に挟み込まれ続けてつらい。

え/なんかもう、「上手い具合にQTEを使ってる」「ゴッド・オブ・ウォー」が「面白い」だったのに、いつの間にか「QTEが」「面白い」という伝言ゲーム的な歯抜け伝達になってて、『QTEは面白いんじゃ!面白いもんなんじゃあ!!』という強迫観念に駆られてるんじゃないの?という懸念。

よ/ぶっちゃけゴッド・オブ・ウォー以外で面白いQTEってちょっと出てきませんね。アクションでなければサクラ大戦3とかありましたけど。

あ/頻繁QTEのウザさもそうなんだけも、とにかくアクションも単調なんだよ。途中で主人公のライバルを使う展開もあるんですが、まさか……まさか……まったく同じ操作のキャラだとは………

な/キャラ変わった意味がない!!(笑) あ、あとシナリオ面、最終話が別売りみたいなことも小耳に挟んだんだけども、まさか……まさか、ね…?

り/何そのまるで「未放送の13話はBDで!」みたいな商法!?

あ/通常EDが「打ち切りED」で、続きを見るためにはDLCで別売りだよ!改めてお金払ってネ!!という……(嗚咽)。 うん、ストーリーは『怒り』をテーマにってのは悪くは無かったんだけど、「ストーリーじゃなくってゲームとして楽しませてくれよ!!!!」とか言いてェ。怒りたいのはこっちの方だよ……(うなだれつつ

り/もっと幸せになれる話題に移りましょう!『GRAVITY DAZE/重力的眩暈:上層への帰還において、彼女の内宇宙に生じた摂動』

え/グラビティ だぜ!!

な/ぐらびてぃダゼ!!

よ/あのタイトル正確には何て読むんですか?

え/え!?グラビティ「だぜ!!」じゃないの!!??

い/そんな訳あるか(笑)!!「グラビティ・デイズ」だよ!!!グラビティデイズ じゅうりょくてきめまい:じょうそうへのきかんにおいて、かのじょのないうちゅうにしょうじたせつどう。どうも「博士の異常な愛情」のオマージュらしい。

な/もっと解りやすいタイトルにすれば良かったんじゃ……。「俺の重力がこんなに狂うわけがない件について 〜パンツの中身は大事です!〜」みたいな。

あ/それ何てラノベ?

り/本題入る前から脱線しすぎですってば(笑)!「グラビティ・デイズ」は「重力を操作するアクションゲーム」と言うだけあって、ボタンで無重力状態にしたり「重力の方向」を変えたりして様々なところに移動したり、重力加速してキックをかましたりと操作そのものがなかなか面白いんですよ。幕間の寸劇がコミック風になってるのもいいな、と。


え/音楽もいいんですよね。何というかもうもの凄い「サクラ大戦」感。戦闘シーンBGMとか、それの下で光武が闘ってても何の違和感もなさ過ぎるぐらいに。

り/そりゃ作曲者が一緒だから(笑)。まあ操作にちょっと不満がない訳じゃなくて、せめて対象ロックオン機能ぐらいはつけて欲しかったなーとも思うんですが、買って損はないと思いますよ! というか、これでvita購入資金の3割ぐらいは元が取れたと思います。

み/やっぱGRAVITY DAZEはVita買ったら抑えんとあかんのか。うちもVitaちゃんを買うときにはGRAVITY DAZEとワイプアウトは抑えますぜ!多分GE2が出る頃になるだろうけど…。

た/2月は『ねんどろいど じぇねれ〜しょん』の限定版を買って紅莉栖愛でてたりもしたけど、『幻想水滸伝 紡がれし百年の時』も買ったなぁ。幻水として嫌いじゃない出来。出来なんだけど……今回のシナリオ的に108人が本拠地にそろわないんですよねぇ……。そこが残念。

あ/世代を超えた物語ってことなんで、全員が同一時代に揃わないというのは斬新ながら残念。

た/もう一騎打ちと戦争モードはあきらめたのじゃよ……。

り/なんか各方面の幻水ファンから悲鳴ばかりが聞こえてきてたんですが、実際はどうだったんです?

た/幻水ファンとして濃ければ濃い程……ってとこかなぁ。シナリオはファンタジーっていうよりSF。詳しく書くとネタバレになるから回避せざるをえないんだけど、タイトルから察せる範囲内で語るなら100年前に戻って無かったことにするリーディングシュタイナー達の話。ただ、百万世界の話なので、世界線は統一されずに枝分かれしていく感じで。

な/シュタゲ的な感じか……たけっぴさん、ほんとシュタゲ好きだもんね。

た/タイムトラベル物というか「有ったことを無かった事にする話」が大好きなので、今作はこれまでのシリーズとは関係ない話なんですけども個人的には話が大好き。いや、大好物と言ってもいい!

あ/なるほどなぁ。シナリオが良かった系で言えば『極限脱出ADV 善人シボウデス』も面白かったんよ。「極限脱出 9時間9人9の扉」の続編にあたって、前作はプレイしてなかったんだけど、それでも十分面白い。でも何がどう面白かったか?を説明しようとすると割と二言で片付いてしまうものの、その二言で完全にネタバレになってしまうんだよ!!伏線とかミスリードとかもよく出来てて「なるほどなぁ」や「そういうことだったのか!」と実に上手い作りなんだけども、微塵も語れないんだよ!!!

り/こういうADVは「何か」を語ると直球でネタバレになっちゃいますよね。

あ/続編を匂わせる終わり方…というかめっちゃ尻切れトンボな終わり方しちゃってるのが残念ポイントなんですが、それでも「面白い」!と言える作品なのでオススメしたい。あと続編希望。

え/あーそうそう、「めちゃくちゃ面白い」って点で言えば、2月の俺的イチオシは『アンダーディフィートHD』なんスよ!ドキャ以来久々のコンシューマ強化移植!プレイした人−!?

り/やったやった!やりました!最高!!

あ/今の時代にあえてコレを出してくれてありがとう!!ってシューティングだったよね。

え/うんうん、『シューティングゲームって、こうだよな!!!』という面白さの集大成みたいなゲームなんだよねぇ!!「自機はかわいい女の子じゃなくてガチなヘリコプター」「当たり判定がドットじゃなくて見たまんま」「パワーアップの概念?なにそれおいしいの?」という近年STGの主流に反旗翻しまくって燃やし尽くすトリーズナーなSTGだけども!!

り/なんというか、細かいところまで描きこまれている凄いSTGなんですよね。見てる余裕なんてまるで皆無なんだけど!

え/「爆発」へのこだわりが半端ないよね、このゲーム。 飛び散る鉄の塊! 吹き飛んでいくローター! 地面に叩きつけられる弾丸! 森を揺らす爆風! もちろん海面で大爆発が起これば、画面にふりしきる雨………問題はプレイ中そんなの味わってる余裕がねぇ!(笑)

あ/水面にキチンと上空のモノが映ってたり、雪に追われた森では高い樹の上から雪が落ちたりとかもの凄く細かい事やってるんだけども、人がプレイしてるのを見たりしない限りは解らない(笑)。

な/そんなに画面見れないぐらいに弾幕とか凄いのかい?

え/いや、弾幕ゲームじゃないんだ。むしろ弾は少ない。けれど、敵は自機の後ろからでも平気で射撃!そもそも敵の弾速も割と早い!そして先述の通り、自機の当り判定もシビア。画面横長モードでプレイしてた場合は、撃たれた瞬間死んでる事もしばしば!ぶっちゃけ初プレイは絶対1面で全滅するSTG。

り/でも、やっぱシューティングは「こういう」スタイルの方が好きですね。「やってて自分が上手くなっていくのが手に取るように解る」ゲーム。如何に攻略するか、如何にパターンを覚えるかでメキメキ自分が上手くなっていく。あんなに苦戦した1面がノーミス当たり前に!!

あ/火力重視なんでロケットランチャーで攻略組み立てていくと、連射の利かないロケランを何処で撃つか?が重要になってくる。敵の動きを覚えて、如何にこちらの攻撃を「置いて」行くかを覚えていって、それがズバリ的中していく感じはまさに快感ですな!!


え/弾丸を撒き散らすのではなく、如何に一撃を決めるか!本当、「鉄」の機体に乗り込んで、「鉄」を撃ち砕いていくという、「鋼鉄」の実感をこんなに感じるSTGってなかなか無いと思うですよ。難易度は本当にガチで高いけども、今からでもやって損はないので是非!

り/「俺、ゲームの腕に自信あるんだ」という人におススメ! その自信、簡単に撃ち砕かれます!

い/そういえばりしゅーさんは3DSのダウンロード専用ソフト、結構プレイしてませんでした?

り/ああ、してますしてます。この月ならまず『電波人間のRPG』ですね。3DSのDL専用ソフトで、飛び交う電波を3DSカメラを使って視覚化して、「電波人間」としてコレクション。それでパーティーを組んでダンジョンに挑む……という収集系?RPGです。面白いのは電波の発信源によって電波人間が持つ能力が変わってくるという点で、プレイしてるときは「あそこの施設からいい電波人間が採集できる」とか、調べてたりしました。磯岳さんもプレイされました?

い/…体験版ダウンロードしてちょろっと遊んでみたんですが、田舎では野良Wi-Fiとか電波自体が少なくて………電波人間が……集まり……ううッ(嗚咽

り/あ、ああ……電波がないとかなりさびしい状態に…。言われてみれば完全に都会向けのゲームですねコレ…。じゃあもう1つ、『ザ・ローリング・ウェスタン』はどうでしょう?

た/ああ、アルマジロが転がるゲーム!

り/そう。西部劇風な世界を舞台に、アルマジロをタッチペンで引っ張って突撃させるゲーム!アイテム集めパートと敵襲パートに分かれてまして、アイテム集めパートで砦を強化して、襲撃パートで迫りくるモンスターから砦を守るんです。操作はタッチパネル+ボタンなので、慣れるまでとにかく混乱。慣れても混乱。結局混乱(笑)。あ、ボタンはLボタンと十字ボタンなので左利きには超厳しい仕様…。

あ/死ね!左利きにやさしくないゲームは死んでしまえー!!この先に予定されてるパルテナもそれで苦労するんじゃー!!!

り/その話はまた後の月で(笑)。ともあれDLソフトは意外といいゲームが多いのでどんどん発掘したいところです!なにせ「こっそり発売」してることが多いので、全然見つからないんですよ…。

え/あとアーケードでは『戦国大戦 - 15XX 五畿七道の雄 -』がこの月に出てますよー。勢力的には北条、毛利、島津の3家が参戦で『やったーー!島津きたーーー!』と思ったら、毛利家が
 
『 全 員 問 答 無 用 で 眼 鏡 着 用 軍 団 』 
だった件について。SEGA…………あんたって人は………!!(感動の涙


み/SEGAは本当に愛すべき馬鹿だな!!(笑)

た/全員眼鏡って、幻想水滸伝的にはランブル族じゃないか!!(笑)

え/男も!女も!老いも!若きも!!みんな眼鏡!!全員眼鏡!!中には「それ遮光器土偶じゃね?」という人もいるけど気にするな!!

り/そりゃ磨伸さん的には毛利家を使わざるを得ませんな。やはり逸話も「三本の眼鏡」なんでしょうか。

い/『1本のメガネならば簡単に折れるが3本束ねれば…』

あ/馬鹿野郎!1本でも眼鏡を粗末にあつかうんじゃねぇ!!!!

え/眼鏡を粗末にしてはアカン!!

い/ひい!逸話を話したつもりが怒られた!?

な/だってMEGANEは重要だよ!

え/MEGANEだから!!

よ/そもそも何でこんな趣向に…

え/ああ、「戦国大戦」は各家ごとにパーソナルカラーや特徴が共通項として設定されてるんですよ。必ず漢字一文字が服に入ってるとか、フェイスペイントとか、島津の場合褐色ノースリーブとかあるんだけども、それが毛利家の場合、「眼鏡」。知性の象徴である「眼鏡」という神の一手!!

り/つまり毛利軍規を破った武将は眼鏡を奪われて追放される…!

あ/まさに伊達にして返せってことか!

え/ゲームとしても根本的に面白い事は言うまでもなく、「三国志大戦」と比べても戦国は独自のルールとかあるんで是非やってみてくだせえとか言いてぇ。さあ、俺が戦国を語った後は、磯岳さんが血反吐はきながら『NEWラブプラス』を語ってくれるよ!

い/え!?俺、血反吐吐くの!?

え/吐かないの!?

よ/ものすごくバグまみれになってた事は自分も聞いてます。彼女から図書室をプレゼントされたり。

え/起るべきイベントが起らなかったり。『ホワイトデー中止!ホワイトデー中止ですぞ!!』

な/髪の毛どころか全体が真っ黒になって、忌々しい何かにカノジョが変貌したり。ああっ!窓に!窓に!

り/キイロイ キョウボウナ ニクショクノ マナカ

い/確かにあったけども(笑)!俺も差し入れで貰ったよ図書室!真っ黒とか!全国一斉ホワイトデー中止とか!去年の最後の最後ニューイヤーカウントダウンイベントがリアルタイムと連動してなくて、11時55分〜59分の間に割り込みイベントがあるよ!→55分に起動→即カウントダウンが始まってハッピーニューイヤー!! いやまだ2012年だよマナカぁぁぁぁぁ!!

/フライング年越し!時を超える愛花!

い/修正パッチ後はある程度改善はしたんだけど、なんか超詰めが甘いんだよ、このゲーム!後継ハードで続編が出るとたまに「なんでこんなになっちゃったんだろう?」ってのがありますが正にそんな感じ。前作から変更された仕様が「何でこんなことなってんだよ!?つかプレイして検証したのかコレ!?」ってのばっかりで…

え/そもそも何でこんなにバグだらけになっちゃったのNEWラブプラス…?

よ/是が非でも2月14日に間に合わせたかったとか?

り/たぶん間に合わせたかったんでしょうね。ただでさえ1回延期(クリスマスぶっちぎり)してるので。

い/あと2月か3月に読書週間でタイアップ仕込んでたから、それ以上遅らせられないってのもあったのかも? まぁ、そこでも愛花の読んでる「赤毛のアン」とタイアップで売ってる「赤毛のアン」の版が違うというくだらない詰めの甘さをまた発揮してるんだけども!!

な/ありましたねそんな企画−。確かネネさんが箱詰めになって『ほぅ』とか言ってるタイアップ。

い/違うよ!?

た/「版が違う」というのは?

い/一緒の本読んでる設定なのに訳文が違うんですよ。

り/愛花が読んでるのは 「恐らく」新潮版(最初に翻訳されたヤツ)で、タイアップは講談社版なんですよね。翻訳とか全集系は読んだヤツの違いで齟齬が起きるから怖いですわー。

え/ほら、やっぱり血反吐はく展開ですやん。

い/だからチガウヨ!?確かにバグの嵐で細かいミスの連続なんで「前作のグラを綺麗にして大体そのままで出してくれればいいのに!」とか思ったけれども!キャラのモデリングは前作から綺麗になりすぎてコレジャナイってなるかもしれない!と発売前戦々恐々だった俺がむしろ二晩続けてマナカのいやらしい夢見る勢いで可愛くなってて破壊力バツグンで最高過ぎですよ!?

あ/その褒め方はどうかと思う(笑)

い/3DSのカメラを使う「どこでもデート機能」で、抜群に可愛くなったマナカと外でデートができる……こんなに嬉しい事はない……!!3DSで取った風景にキャラを合成してシチュエーション設定してやれば、自分でデートコースを作れるんですよ!!

な/背後からマナカさんの声がするから、3DSのカメラを構えて振り向くと、そこに恨めしそうなマナカさんが!!(背景はマスターグレード∀ガンダム

み/それさっきの「心霊カメラ」ですね

え/そういえば難波の繁華街で磯岳さんやってたなぁ。百貨店を歩くオシャレなセレブ達、歓声を上げる楽しげな家族の姿、そんな幸せ溢れ光輝く光景の中で、ゴリラと一緒にマナカさんの写真を撮る磯岳さん……!

な/何でゴリラなの!?(笑)

い/バレンタインという事で、チョコで作られた大型のゴリラが百貨店に飾られてたんだよ!!それをどこでもデートランキングに投稿したら、何故か日本23位に食い込んじゃったんだよ!!

あ/ノー!ユー ダメ!! ゴリラパワー キンジラレタチカラ!!

り/ゴリラと仲良く並ぶ愛花さん……ゴリラは愛なんですね!

え/まあゴリラはそのスーパーゴリラパワーでうっかり小動物とか不本意に殺しちゃったらマジで凹んだりする森の紳士ですしね。

な/なるほど……ゴリラパワーは強さと優しさを兼ね備えた者のみが持てる力なんですね……!

り/アメコミでもスーパーヒーローに拮抗する力を持ったゴリラとかかなり出てきますからね。

え/ゴリラ光線のことか!!ゴリラ光線を浴びてしまったら30秒以内にそのゴリラを倒さないと俺もまたゴリラになってしまウッホ。

い/なんでラブプラスからスムーズにゴリラの話題にシフトしてるんだ…。



2012年 3月



み/3月は、というか2012年の大本命でしょう『風ノ旅ビト』!!PS3ユーザーなら全員やれと声を大にして言いたい!!

え/もの凄い勢いで話題になってたDL専用ゲームですな。

み/うむ、DL専用ゲーなのでボリュームは大したことはないし難易度も全く高くない。むちゃくちゃ簡素にゲームを説明すると「敵が出なくて3Dになった目的不明のマイティ・ボンジャック」。プレイヤーが出来る事はジャンプ!滞空!以上!! 首に付いてるマフラーみたいなのが光ってる間だけ飛行可能で、ステージの所々に隠されている布をゲットすると滞空時間が伸びる。またその布みたいなのがステージのあちこちにあり、それに触れると光が回復。また、ステージのそこいらを飛び回ってる他の旅ビト(オンラインプレイの他プレイヤー)に触れても回復する仕組み。

な/わかんにゃい……いや、ゲームのシステムが解らないんじゃなくて、その飛んでるだけのゲームが、面白いんですか?

い/このゲーム、すんげー説明しにくいんだよー。どうしても「まずプレイしろ話はそれからだ」になっちゃうんだよー!広大な砂漠に放りだされて当てなく彷徨う所から始まって、砂漠から古代遺跡、雪山と旅をしていくんだけど、ステージの合間合間でムービーが流れるものの「言葉での説明なし」なのでストーリーの解釈はプレイヤーにお任せって感じだし。まあ「あてもなく」とは言うものの、このゲームはプレイヤーの導線誘導がやたらに巧みで自分では「なんとなく動いてる」つもりでもしっかり誘導されてたりするのがまた上手い。

み/飛ぶ力でもって廃墟のギミックを解き明かし進んで行くのだけど、それだけで段々とゲームにのめり込んでいく。しかも凄い没入感。廃墟を進む強制スクロールステージ、後半で他の旅ビトと寄り添い進み、そして、最終ステージ。これが凄まじいんですよ!!

り/雰囲気だけでここまで突っ走るゲームは凄いですよね。目的も操作方法もストーリーすらも一切語られない。しかし、とにかく「凄い」。

み/あれだけ「ただ飛ぶだけが気持ちいい」ゲームなんて早々無いと思いますよ!似たようなゲームもあるかとは思うけど、このビジュアル体験は凄まじい。少なくとも自分は今までに体験したことがない。とにかく説明したってわかんないんだから、磯岳さんの言う通り買ってプレイしてみてとしか言い様がない!

い/オンライン協力プレイの「在り方」が上手いんですよね。

み/そうそう、最初に周りをぶんぶん飛んでる他の旅ビトって、勝手にギミック解いて行っちゃうんですごい邪魔に思うのよね。「邪魔すんな!俺にこの世界に 浸らせろ!」って気分で(笑)。でも後半はそんな気分はどっかに吹っ飛んでっちゃう。その旅ビトが側にいる事の、どれほど心強いことか。

い/お互いに飛行パワー融通しあったりの協力するも良し、ほっといて先に進むも良し。つかコミュニケーションに使えるの○ボタンで発する「ポーン」って音と光だけなんで諍いが起こることはまずなかったり。

り/旅ビトが「同行」してるだけで「もうちょっと冒険しよう」って気になりますよね。

い/最後の連帯感はすごいよね…!隣に同じ道を歩む者がいることが、なんと勇気付けられることか…!!

り/プレイ時間もおよそ1時間半〜2時間くらいなので、多忙な現代人な皆様にもおすすめ。「短いな!」と思う方もいるでしょうけど、や、同じ長さの映画を見た以上の濃密体験ですよコレ!たぶん、この砂漠の美しさはゲーム史上屈指!!

み/思う存分飛び回る高揚感。ふと足を止めて遠くを見た時の、あのなんとも言えない満足感。なんて言うか、最新鋭機の高スペックって、写実的にグラフィックを描写するだけが全てじゃないよって痛感させてくれますね。まあほんとどんだけ語っても、やらんとわからんですよ、これ。やればわかる。全部理解できると思う。やってほしいなあ。

え/DLゲーと言えば後日パッケージ版も出たっちゃ出たけどSEGAの『サムライ&ドラゴンズ』もありましたな。「おおー、ブラウザ三国志みたいなゲームがSEGAからきたー!」と思ったら本当にガチで紛う事なくブラウザ三国志でした。  -完-

た/また速攻で終わっちゃったよ(笑)!!ダメだったのかよ!!

え/ゲームそのものは駄目とは言わないよ!!ただのブラウザ三国志では終わらないよう、アクションゲームパートがこってるよ!とか、キャラデザがなんというか凄いよ!!とか、注目すべきとこはあったんだけども……まぁ、ブラウザ三国志である事には間違いないので、根幹のゲームが変わってない以上、課金兵とかガチプレイヤーでない限りはドキドキ社畜ライフゲーム開始!!

い/始めてすぐ自分の領地周辺の人に「まったりとした同盟ですよ、ゲーム終盤までのんびり遊んで終盤は適当な大同盟に下るつもりなんで入りませんか?」って誘われて入ったら2日後に「周辺ノ弱小同盟ヲ攻撃セントス」とか言い始めて1週間経たないうちに「大同盟から合併のお誘いがありました!これを受けることで我々はサーバーで5指に入る勢力になります!納税生活4649!!」とか微塵もまったりしてなくて心に傷をおうハートフルラブコメディー開始!!

え/基本、無課金・まったりやりたい…って人は課金者様の御命令通りに納税して兵役こなして指定の場所攻めて撃破されたりするのが定めの素敵歯車ライフ!サツバツ!!

い/個人成績よりも同盟や団体の成績が問われるソシャゲーの場合「無課金=課金様の奴隷」ですからのう…。

え/戦場のヴァルキュリアとのコラボだとか、アクションパートでの新職業だとか、SEGAは頑張ってるとは思うんだけども、根幹が根幹だからこれはもうどうしようもない…ね……。

り/SEGAはこの月なら『初音ミク and Future Stars Project mirai』も出してましたね。ねんどろミクかわいい!いや、とにかくかわいいんですよ!さすがモデリング監修だけで長期間かけてるだけはあるというぐらいに!

た/先月に出てた『ねんどろいど じぇねれーしょん』よりも凄い生き生き動いてたという。

え/「ねんどろいどが!ねんどろいどがそのまま動いてる!!!!」という感じの凄いクオリティでしたな。単に滑らかに動く、だけじゃない、演出やら「見せ方」の妙技。

あ/なにせAM2研がつくってるんですからそりゃあ当然でしょう。ポリゴン動かす経験値が半端じゃない。

い/ミクダヨー?

り/ミクダヨーさんは本編に出て来ないよ!続編が作られたら100%出てくるとは思うけど!!でも、ゲームとして見た場合はリズムゲーパートは微妙……というか、今までの音ゲーの文法の外側にあるなぁ…と。リズムゲーって歌だったとしても「バックで流れてるリズム」基準でボタン叩くじゃないですか?でも、これは「ミクの声に合わせてボタンを叩く」感じなんですよ。ここで感覚が狂う。

え/あー、何を主体としているかの違い。

り/あと折角撮影モードでミクをがっつり撮影をして3DSカメラに登録できるのに、この写真をそのまま『いつの間に交換日記』に貼ることができないとか応用が利かないんですよね。「どうぶつの森」レベルで画面写真を自由に使えれば良かったんですが。

た/「惜しい」つながりで『ワンピース 海賊無双』。やった、ワンピースだ!しかも北斗無双と違ってキチンと攻撃が無双っぽい!!でも、アスレチックパートはめんどくさい!!つーかキャラ変えてもシナリオが変わらない!!……あ…うん…………うnn………

え/あまり幸せになってないじゃないか(笑)。

な/ボクはこのワンピ無双をやるためにPS3を購入したくらいに期待の作品だったので、良くも悪くも吐き出したいこと多いんですよね!! たけっぴさんが簡潔に説明してくれたけど、ホント基本の無双部分はよく出来てて豊富な攻撃技を使った爽快感とかはハンパないんですけど、それ以外は「足りなすぎる」という感想しか出せないくらいになにもかもが大雑把!!原作の頂上決戦までの話をなぞる…という流れでありながら話の大部分がカットされてたり話のボスたる敵キャラは「そこそこ」いるもののいわゆる幹部クラスみたいな敵も大半カット。もうなんか味気無さすごいんですよ!!

た/そもそもメインシナリオがルフィだけって……。後のキャラは、そのキャラがいてもおかしくないシナリオをするだけ……(嗚咽

な/そのメインシナリオも終盤は酷かったですね!!一昔前のゲームによくあった「原作ではまだ書かれていないラストは想像でカバー」みたいなのをやってるので、原作ではこの時点で倒せるはずもない強敵菅原分太をルフィが倒しちゃうEDとかしてしまったので大変に困った!!!

た/原作ファンが遊ぶって意味ではかなりしんどい内容なんよね…。キャラのモデリングや描写に関しては尾田絵を忠実に再現できてて文句なしに秀逸ではあるけど、内容は文句だらけでどうしたら……どうしたら………

な/アスレチックパートなんかは前半ではアホほどあるけど、実際問題後半では無理やりねじ込まざるをえないほど必要性薄だし正直邪魔。ゴムゴムアクションゲーにするならする!無双にするならする!で方向性を迷ってほしくない感じでした。

た/中盤の雪山とかインペルダウンとか本気でだれるしね…。敵もでないような状態で走り回らされてる間はこれが「無双ゲー」であることを忘れるほどに…。

み/無双シリーズの1作目はかなりの確率で駄目っぽい、の法則か……

な/ただその法則ゆえに!次回作…もしくは「猛将伝」的なものにはまた格別の期待がおけるというか、「なんとかしてくれるんじゃないかしら!?」と良いほうに考えられる程度には本当に「悪くない」内容だとは思います。単純に「足りなすぎる」だけなので。

よ/海賊無双はポリゴンおっぱい大好きな私としてはかなり心が動いたんですけどワンピース読んだことないのでスルーしてしまった。

え/揺れるんじゃないの?やっぱテクモの技術力を手に入れた光栄なら存分に揺れるんじゃないの?光栄の電気うなぎがテクモによって団地妻力アップしてるんじゃないの?

あ/「オランダ妻無双」……という事か…!!

た/「団地妻無双」でもいいぞ!!

い/じゃあこの流れなら言える!俺はこの月『女の子と密室にいたら○○しちゃうかもしれない。』をしていた!!

あ/それなんてエロゲ?

い/エロゲじゃないよ!ちゃんとしたコンシューマゲームだよ!内容も「不思議な夢の中で、密室に閉じ込められた女の子の脱出を手助けする」という紛れもない脱出ゲーだよ!名詞を入力して、そのアイテムに対して女の子にリアクションを取ってもらうことで密室の鍵になるキーパーツが出現する……って感じの内容で、例えば「ゲームキ」って入力したら画面上の女の子がゲーム機を注目、その状態で「ゲーム」って入力したらゲーム機にゲームディスクセットして遊ぶ、とかそんな感じ。で、脱出パートをクリアすると女の子との関係が進んでいくんだけども、途中の選択で意中の子を選んでもたどり着くのは別の子のEDだし、メインヒロインは一度バッドエンド見た上でサブヒロインをクリアしてさらに隠しルートのイベントクリアしてからもう一度挑戦しないとダメ!!……とかお前コレ何年前のギャルゲーだよ!?

な/実のところボクもエロゲと勘違…………いや、タイトルが恥ずかしくってこっそり購入プレイしたんですが、ボクは夢の世界で妖精さんとなって女の子を助けて夢から覚めるとその女の子との親密度とか好感度があがって妖精さんの前では多少のセクハラ・覗き見も「えっちな妖精さんね!んもう」とかなんとかでスキンシップし放題で…………あ、やっぱエロゲじゃないかなこれ……?

い/ジャイロ機能を使ってぐりぐりと女の子を見れるお楽しみタイムの存在ですね!!
  
な/そうそう…あ!エロスで失念してたけど、脱出するためのアイテムや方法を発見するのが結構難しくって、攻略見ても「なんで?!」「え?!そこに?!」と思うようなことがホント多くて。あと基本、手書き文字を使って画面内にあるものをこちら側が名称を把握・名指しして、それを用いて起こす行動自体は女の子の感性に託さなければならんのです。妖精さんは名詞を伝えることしか出来ないのです。

あ/「あ〜違う違う、それはそう使ってほしいんじゃなくて」みたいなやりとりを常に強いられるのね。

み/このゲーム作ってるメーカーって、あの『密室のサクリファイス』とか脱出ゲーをたくさん作ってるとこなのね。………どうしてもタイトルで敬遠して手を伸ばそうとは思えなかったけども。

え/なるほどなぁ。で、このゲーム、眼鏡ッ娘キャラはいるの?

い/いないよ?

え/じゃあ密室にいたところで○○する気にもならねぇや!!次!次!!!!

り/いつも通りの展開過ぎる(笑)。とりあえずこの月はあと任天堂ゲームが2本ある訳ですが、その前に軽く1本。『圧倒的遊戯 ムゲンソウルズ』なんですけども、自称絶対神のシュシュが宇宙征服を企てて、あらゆるものを下僕にしていく……というRPGなんですよ。「下僕転生」という特殊能力であらゆるものを下僕にできるのですが、実際は、まぁ、ボムみたいなものですが(笑)。

え/日本一ソフトっぽい!……と思ったらコンパイルハートだった。

り/キャラデザが原田たけひと先生で、プリニーっぽい下僕とかいますが違います(笑)。ゲームとしても本編より連続でバトルする「ムゲンフィールド」でキャラ育成をするのがメインなんで、キャラ育成が大好きで肌色成分が多めな萌えキャラが大丈夫ならかなり楽しめるかな?「肌色成分」は多めというか、裸のキャラをマッサージすると次に潜るダンジョンで味方キャラ全員パワーアップ!なんていう「風呂」というド直球な肌色成分システムもあってですね……

な/なるほどなぁ。で、このゲーム、眼鏡ッ娘キャラはいるの?

り/いませんよ?

な/じゃあ圧倒でもないや!次!次!!!

み/本当に駄目人間の集まりかここは

り/一応、アイテムに眼鏡が大量にあったりするんですけどね。

た/『新・光神話 パルテナの鏡』の話題に移るしかない…!りしゅーさんがさっき言ってたこの月の任天堂ゲーの一角!!システムは桜井さんらしい感じで良くできてる!パルテナ様とピットくんの漫才が楽しい!

あ/でも左利きにやさしくない!!!!!!

な/本当にやさしくない!!!!

え/あーーーーーー、左利きにはつらい操作系だったのか…と言うかゲームとして面白いんだけども、操作方法がいろいろつらいとは聞いている。

い/スライドパッドを素早く2回入れるとかすごくやりにくいんだよ!

な/ボク自身期待してた+知り合い勢の面白い!のつぶやきにワクワクしながらプレイ開始してみたら操作方法になじめなさ過ぎて初っ端で心が折れたとか…。正直恥ずかしいけどホントの話なんだよ!ううう…

あ/アクション操作しながらペンを使えとか苦手な人には酷ではあるのよな。しかも左利き。

り/最初は「なんで3DSスタンドついているんだwww」とかなるけど、最終的には手放せなくなるんでしたっけ?

た/後半になるほど戦闘が激しすぎて、3Dではやってられないんですよ!スタンド無いとぶれすぎて目が!!目が!!!(バルス)

り/コンフィグが充実しすぎてて、逆に設定しないと辛いとも聞きますが、その辺どうなんです?

た/操作方法がいろいろと弄れるんだけど、一番やりやすそうな「十字キーに移動、拡張スライドパッドに照準、ABXYで奇跡の切り替えと使用」って設定が無いんですよね…。自分で上手く設定できる人はいいんですけどねぇ。それこそ左利きの人は………。でも確かに操作に関しては辛い部分あるのは確かなんですが、ゲームとしての面白さ、あと対戦の面白さとかは問題なかったと思いますよ!まぁ、ちょいちょいふるぼっこにされますが(笑)。

な/9種の武器を使うパルテナなアクションのすばらしさとか伝えたかった…伝えたかったのにぃぃ!(左手を殴りながら

よ/磨伸さんは『ポケモン+ノブナガの野望』やってましたよね?どうでした?

え/面白かった!!そして何気に人生初ポケモン!!これで俺もポケモンゲーマーだと言っても過言ではない!!

い/このゲームでもって「ポケモンデビュー」と言っていいのだろうか(ジト目

あ/結局どんなゲームだったの?やっぱり『お前の前田慶次と俺のカビゴン交換しようぜ!!』とかそんなゲームなの?

な/一方的に使役されるポケモン達が「もう我慢なんねぇだ!」とか言って鍬持って一揆起こすゲームですよね!?

え/正解は敵対するトレーナーが寝ている所にポケモンを放って暗殺、空白地となったジムを入札によって直轄領にしていくゲームとす。

た/嘘ばっかりついてるんじゃないよ!!ポケモン初のシミュレーションゲームだけどそこまで信長の野望じゃないよ!!(笑)

え/あい。まあ日本っぽい地形の国では戦国武将っぽいリーダーが各1匹づつポケモンを従えて群雄割拠状態なので、何故かサポートしてくれるお市の方と共にこれらの国々を平定していって、北海道(っぽいトコ)で待ち構えている信長を倒そうぜ!!というオハナシ。シナリオと「天下統一」という目的が信長の野望で、SLGパートで使用するユニットとそのユニットの属性区分等がポケモンという住み分けですな。

た/このゲームでポケモンの属性について学べるから、一応立派に「ポケモン入門編」とは言えるんじゃないかなぁ。各武将につきポケモンは一体だから、どんな属性のユニットで固めて、また進化させるかどうかの判断もして、と、割とポケモンらしさが残る逸品でしたね。

よ/ちょっと面白そう。

え/当然戦国モノなら俺は島津派なんだけども、基本シナリオはまずオリジナル主人公による統一から始まるんですよ。で、ゲーム開始して毛利と長宗我部を軽く葬って『このゲーム簡単じゃね!?俺、ポケモンのセンスあるんじゃね!?』とか侮りつつよーやく目の前に現れた島津軍にヒャッハーしにいったら、こっちから島津義弘への攻撃→4点 島津義弘からこっちへの攻撃→220点(即死)
  
勝 て る か !!

あ/まさに鬼島津……!『首おいてけ!首おいてけよ、なぁ!!』

な/『ピ、ピカチュゥ……!』『日本語しゃべれないなら死ねよ』

い/やめたげてよぉ!!!(笑)

た/うん、属性攻撃知らないとまずそこで詰まる(笑)。主人公はノーマルタイプで、島津軍はかくとう系なので、ひこうかエスパーの属性ポケモンを入手した上で攻めこまないと確実に死ぬ。ポケモンの基本がわかって無いとホント死ぬ。

い/じゃあわりとこのゲームでもって「ポケモンデビュー」もありか……。



2012年 4月



な/メインヒロインのビキニアーマーが必要以上にエロい『コード・オブ・プリンセス』!!

り/サターンの名作『ガーディアンヒーローズ』がキヌ絵で帰ってきたよ!今時珍しいベルトスクロール系アクションで、ガッシュガッシュ敵をぶった斬って攻撃を相殺して……となかなかに楽しい。だけど、なんで、そのエロ衣装主人公キャラの動作がもっさりパワー系なのよ! こういう大味キャラはサブキャラでしょうが!(笑)

え/と、言うか、このゲーム……「ガーヒー」っちゃガーヒーなんだけども………ごめん…昨年の誕生日に引き続き、磯岳さんごめん………(目をそらしつつ

い/ い い の よ (淀んだ瞳で

な/また誕生日プレゼントが悲劇を!?

え/どきどき……水滸…………ううっ、頭が…(悶絶

あ/なんで誰も幸せになれないんだよ!

え/なんというか、確かにガーヒーなんだけど……かなりガーヒーなんだけど……『思てたんと違う!!!』という…。何が一番違うって、俺的にはMAPが凄い切り刻まれてたのが「違う」なー、と。ガーヒーはきっちりとしたベルトスクロールアクションゲームで、みんなで敵を蹴散らしつつズンズン進んでモリモリ倒して大冒険!!…って感じだったんだけども、こっちは凄い狭い箱庭MAPを提示されて、そこに雑魚敵ポンポンと配置されて、はい倒したよー、じゃあボス的な存在出てくるよー、倒したよー、じゃあ次の凄い狭い箱庭MAPに飛ぶよー……みたいな断片的作業空間に、なんか、こう。

あ/画面が小さかったのもあるよね。3DSだから仕方無いんだけども。ドット頑張ってるの解るんだけど、やっぱ迫力とか臨場感とかが無い。

い/MAP細切れ感はありましたね。話も小出しで同じ事ばっかりやらされる。小刻みなのがとにかく高揚感だいなしで盛り上がらず、もう冷めてしまうと『「月影・シューティングスター之介」ってなんだよ!ふざけんな!』みたいなイライラ感ばかりに……

り/この辺は「製作者側の想定」と「ユーザー側の想定のズレ」なんですかね。なまじガーヒー体験者しかここにはいないだろうから、ガーヒー未経験の人の感想も聞きたいところだけど……

な/やあ!実はガーヒー未経験なんだボク!

え/あれ!?そうなの!?

な/案外とね!正直ガーヒーの高評価を期待してのプレイでしたけど、有馬さんが言ったようにまずもって迫力がない、全体的にもっさりかつ軽い動きしかしないのでズシリとした感じも臨場感もなく、ホンマ
全体的に「軽い」って感じですね。ハまれるほどの爽快感みたいのもあんまり感じられないので個人的にはこんなものなのかな?って印象でしたね。映ちゃんの感想を聞くにガーヒーと違う!ってのが逆に「そうであってよかったな」くらいに全然インパクトに欠けてたように思います。キャラ等はいいんでしょうし話もきっと悪くない……とは思うんですけど。

あ/全体的に「ガーヒー」を意識しすぎたレトロなつくりがマイナスに働いたのかなぁ?携帯機の「こまごま遊ぶスタイル」を意識してそのまま区分けな箱庭MAPにしてしまい、こんなこじんまりしたガーヒーの様なものに……?

な/来年こそは磯岳さんにとってよき誕生日になることを願いつつ…〆!!

い/4月はねー…『シェルノサージュ 失われた星へ捧ぐ詩』も出てて、アルトネリコシリーズの続編的立ち位置のサージュ・コンチェルトシリーズの1作目でVITAを介して7ジゲンムコウのイオンちゃんとキャッキャウフフしながら彼女の記憶を取り戻していくってゲームなんだけども…バグが……ここでもバグが……!(嗚咽

な/磯岳さん高確率でバグゲーつかんでるなー(もらい泣き

あ/やっぱ新しいことするとバグは仕方無いって事なのだろうか。

い/アルトネリコシリーズと同じ様に女の子の精神世界に入ってそこの廃墟を修復すると記憶が蘇って…って感じなんだけれども、これどう転んでもイオンちゃん曇らせ展開にしかならんよね?というストーリーを「イオンちゃんかわいい!」だけでどれだけ乗り越えられるかのゲーム。

な/あの、それ、面白いの……?あと結局アップデートか何かでバグは改善されたの?

い/面白いかって?「イオンちゃんかわいい!」よ。あとバグは完全にはまだ潰しきれてないんじゃないかなぁ…。配信で追加していくゲームだから、配信の度になにかしら不具合が…というドミノ方式…。一時期は作成アイテム「眼鏡」を作ればイオンちゃんが眼鏡ッ娘になるよ!でも眼鏡をかけたら高確率でゲームそのものがフリーズするから絶対眼鏡かけないでね!!という磨伸さんの怒りが有頂天なバグが猛威振るってた時期も…

え/ 闇 に 飲 ま れ ろ ! ! ! 

よ/磨伸さん的にはこの月って、『魔法使いの夜』なんじゃないですか?TYPE-MOON期待の新作。

み/え!?あれこの放談で触れていいの!?18禁ゲーはカテゴリ外で触れないルールなのに!?

え/まほよはエロゲじゃねぇよ!!!一般PCゲームだよ!!!!!「ビジュアルノベル」ジャンルだよ!!!

あ/よく間違えられるよね。

え/まあ橙子さんがエロ可愛過ぎるのが罪なのかも知れんな……。

な/メインヒロインも普段着がきょぬーたてセタキャラでしたっけ。アティ先生の如きエロの申し子衣装。これで眼鏡をかけていれば即死だった…!

え/ともあれ、「ビジュアルノベル」というジャンルも昔から続いてきたけれども、遂にここまできたか!!というひとつの完成形だと思うよ、贔屓目抜きで。演出とか見せ方にここまでこだわると、こんなことになるんだ!!という驚きがある一本なので、そーゆー意味でも触れてない人は見て損はない。本当に。

み/すげえ派手だけどすげえ重いとか聞いたような。

え/どうなんだろう?うちはCivVとかが普通に動くスペックなだけなんだけども全然重たくなかったなぁ。まぁPCゲーは各ユーザーの環境が千差万別だから、低スペックのPCでプレイすればどんなゲームだって激重な訳ですが。それとあと、単に「重たくなる程にガッチガチに組みまくってるから凄い」、じゃなくて、キャラの立ち絵とかもまったく同じ絵なんだけども「見せ方」ひとつでそれが『普通に立ってる』とか『ちょっと屈んでる』とか『ご飯食べてる!何かもくもくと食べてるよ!!』と、豊かな表情に見えるという演出の妙技とかにもよるからね。そーゆートコがほんと素直に感心。

よ/シナリオの面白さは奈須さんだから特に心配もいらんですしな

え/背景のクオリティも半端ない、音楽はガチ生演奏、『…こんなにハードル上げちゃって、次回作以降大丈夫なの?』と心配になるほどのモノでしたわい。

た/でも確か選択肢が一切存在しない、純粋な「ノベル」だとも聞きましたね。それはゲームなの?という疑問はどこかしこから上がるのは必然か。

あ/それを言ったら『そこは既に「ひぐらし」が通った道だ!!』と言うか(笑)。

え/更には、そもそもコレを「最後」まで、進めると、な? という。

あ/自分的にはこの月ってPS3の『バイオハザード オペレーション・ラクーンシティ』やってたなぁ。時系列的には2や3の頃のラクーンシティを舞台に密かに活動するアンブレラの工作員チームをメインに置いたバイオシリーズの1作なんですが、なんというか「やっぱ技術は出来立ての試行錯誤してるころが面白いよね」というのはガンダムが1年戦争関連作品が多いのと同じノリなんでしょうか?と思ってしまうんですが。ともあれバイオシリーズとは言え、ゲーム的にはコープTPSに近いかな?それぞれ特殊スキルを持ったチームメンバーからキャラを選んでラクーンシティを進んで行くんですけど、キャラによっては同じルートでもとっぱ方法がガラリと変わるところは面白かったですね。

み/さっきのバイオ話題で言ってた良さですか?

あ/いや、先のリベレーションズで言った”俺的バイオの良さ”では無かったのですけれども(笑)。

り/PS3ならあれですよ、4月と言えば『マージャン★ドリームクラブ』!!ピュア紳士の為の麻雀ゲーム!!

え/ピュアな心で!みおたんと!麻雀を打とうよ!ピュアな心でね!!(手元に大三元仕込みつつ

な/微塵もピュアじゃねぇ!!

り/仕込むならば大三元より大四喜の方がおススメですよ!(実際に仕込みつつ

い/いやー、ピュアって、ほんっとうに素敵ですね!(ドラ爆弾

た/いつにも増してピュアの定義がおかしな事に……

よ/イカサマ麻雀ゲーなんですか?

り/いまどき珍しいぐらい、清々しいまでのイカサマ麻雀ゲー。

え/流石キャバクラ地球防衛軍ゲーだけあって、「イカサマ」前提のやりたい放題麻雀ゲームでしたなぁ。だもんで、これはみんなで買って、それぞれお気に入りのホストガールを横ではべらせつつイカサマの限りを尽くそうぜ!ピュアだからな!!とか思ってたんですが………オンライン対戦でフレンドを指定しての対局ができないというオチに……(嗚咽

い/PS3版はその機能がハナから無かったですねー。360版ならゴールドメンバーでどうにかなったのかな?まあそもそもオフラインが基本イカサマ麻雀なだけで、オンライン対戦だとただのガチ麻雀なんだけどね。あ、マージャン講座はすごい役に立つよ!

え/そうそう、実際凄い役に立つ!割と背後で誰かに見てもらいながら麻雀打った経験がないので、プレイ中にみおが『そこは染めていった方が良いですえー』みたいな感じで教えてくれるの凄い助かったよ!一時期「天鳳」でわりと勝てたもん!ありがとう、みお…!俺はいつもみおに救われる……!

よ/天鳳みたいなガチ対戦も良いけどオニャノコっていうワンクッションがあると対戦してて心にゆとりが持てそう。

え/これでフレンド対戦イカサマありありでやりたい放題できてたらもっとソフト寿命伸びてたと思うんだ。ちょっとした親切心の足りなさがネックになった気がしないでもない。

よ/そういう仕様なら今からでも欲しいくらいですね。

り/なんというかもったいないですよねー。今からパッチ当ててくれてもいいぐらいに。

い/せめて部屋を立てた後フレンドを招待できればねぇ「今からマージャンドリームクラブで連邦軍として遊びませんか?」みたいに。

あ/さらっとガンオペが混じってる!混じってる!!(笑)

な/ガンダムといえば遂に出ましたね…『第2次スーパーロボット大戦Z 再世篇』!相変わらずカレンがカレン無双だったけど!

た/今回から初登場、というか遂に参戦する日が来たか……!という日本ロボットアニメ史上を語る上で外せないレジェンド級の存在、「鉄人28号」!!まあ太陽の使者の方なんだけど!!

え/MAXまで改造すると「バリア一切無視で殴れる」とか、正太郎君のエースボーナスと重ねるとかなり縦横無尽。殴る!蹴る!と攻撃については凄く地味なんだけども、ベーシックであるが故に強いというテリーマンみたいな味わい…!これで後日「FX」も参戦したら、素敵な眼鏡ッ娘も登場するよ!!

あ/シナリオ展開ではルル山さんが大活躍するスパロボだったね…!こんなのルル山さんじゃないという勢いで。コードギアスIFシナリオももの凄いし。

い/あとスパロボ名物何度でも復活する敵ユニット五飛(笑)。キレるカトルもスパロボで見たの久しぶりかも?

り/概ね好意的な結論に至れるスパロボで、今回はIFシナリオ含めてかなり楽しかったのですが、やっぱり参戦作品大過ぎなのが最大の問題ですわ……。主役級ユニットが全部出撃できないのは、やっぱダメだと思うのですよ。

い/旧Zの人たちは今回異邦人だからいるだけにならざるをえないんですよね…。あとサブミッションでも育てきれないほどのパイロット数。次は作品をある程度リストラしないと大変なことになる!

よ/また他の地球という線もありそう。サヨナラノツバサやりたいし。

え/やっぱ「スパロボNEO」システムですって。あの「出撃機体選択」の枠を取っ払っちゃって戦闘中に戦艦ユニットから保有機体を自由に出し放題入れ放題のあのシステムを、何でNEOだけで終わらせちゃってるのかが解らない!そろそろ別のスパロボでも採用すればいいじゃない!!

よ/それですね。でも、やっぱりZシリーズはそろそろ登場数は絞ってキャラと機体を整理しないといけないと思うのですよ。いいかげん選ぶのめんどくさくてモチベ下がりそう。

あ/まだケリの付いてない作品は優先的に続投、という感じでね。グレンガランもアンチスパイラルの本拠地に攻め込む展開にならなかったから、そこは第三次で、きっと!

え/いやグレンラガンはそこまでいったらもうスパロボとしての何かが完全崩壊する気がするんだが!!

た/「天元突破」はもう機体じゃなくてマップじゃねえか(笑)!!銀河を武器にしても不屈でダメージ10!

い/「00」も劇場版が控えてて、そこへ更にELSも襲来する。

あ/そもそも12星座のスフィアの物語も展開しますが、コレちゃんと収束するのかなぁ……

よ/Zシリーズは続くのかなー。とりあえず今度出る「UX」でELSをどう描写していくのかとか見守っていきたいですね。

り/はい。じゃあスパロボの話題はこんなところで、4月最後の話題、『ファイアーエムブレム 覚醒』、いきますか!最初はかなり雰囲気違いましたが、最終的にびっくりするほどFEだった1本!

え/やったー人生初ファイアーエムブレム!!これで俺もFEユーザーだー!!

な/昨年の「FF零式」やさっきの「ポケノブ」といい、いろいろ積極的に原点へ戻る傾向にあるね映ちゃん。というか、FEやった事なかったのね。

え/ドラクエ3〜4が出た間くらいでファミコンを離脱、MSX2へと移行して、そこからX68000でPCゲーばっかやって、コンシューマにはサターンから復帰したルートでゲーマーやってたので、正直FEとかまったく縁が無かったんですよ。でもね!今回は流石にやってみようと思いまして!だって眼鏡ッ娘キャラいるから!!!!

な/流石、眼鏡ッ娘はゲームの潤滑油………手に取る機会をスルリと増やしてくれる……!

あ/眼鏡ッ娘が油まみれとな!?

た/話が脱線しかかってる(笑)!で、人生初FEはどうでした?

え/ぶっちゃけファイアーエムブレムは『タイトル表記間違えるとファンからもの凄い勢いで怒られるRPG』というイメージぐらいしかなかった俺だけども、プレイして、超・今更ながら「こいつは手強いシミュレーション」という言葉を思い知りました。スパロボ感覚でレベル低い状態の眼鏡ッ娘特攻させたらいきなり死んで即リセットだよ!!つーかこのゲーム、そのターンで一番狙ってほしくないユニットを率先して狙ってきて即殺してくる!しかも死ぬとキャラがそのままゲーム上から消えるとかゆークラシックモードにしてたので危機感半端無い。

り/それでもノーマルは過去作に比べてかなりマイルドですよ。

え/そうなのか…。でもまあ確かにヌルくなく厳し過ぎる事もなくで緊張感溢れる戦いを満喫しましたよ。そして戦場で肩を並べて戦い、お互いの背中を預け合う事で育まれていく俺と眼鏡ッ娘との愛情…やがて告白、そして結婚!!「やったーー!俺は眼鏡ッ娘と結婚できた!結婚できたぞーー!!」
    -ファイアーエムブレム覚醒 完-


な/この展開、前にもどっかで聞いた事あるよーな気がする!! (メタルサーガを取り出しつつ

え/つーか普段は超お堅い理路整然とした委員長系眼鏡ッ娘なのに、結婚寸前辺りでマイキャラへの印象を見てみたら『もうアタシのなにもかもを奪ってェ!』みたいな事を言っててやだなにFEってちょうえろい。そしてレベル上がったから転職させたら「お前は80年代アニメか」と言わんばかりの超ビキニアーマー魔術師になって肌色500%増しで眼鏡ッ娘のエロさが更に倍プッシュ!シナリオが進んで遂に結婚した眼鏡ッ娘との長男が登場!やっぱ眼鏡男子だった!期待裏切らないなぁ…と、思ってたら、更にもう一人出てくる「長女」。子供何人作ったのこのエロ眼鏡さん!?
結論:「ファイアーエムブレム覚醒」は眼鏡ッ娘のエロさが青天井。
    -ファイアーエムブレム覚醒 完-


あ/お ち つ け

な/ちなみに子供作ったエロい眼鏡さんはアンタだ映一郎。

り/でもその頃になったら眼鏡ッ娘も……いや、メイン級で育ててるキャラなら大抵の敵が鎧袖一触で倒せるようになってたでしょう。今回はフリーマップや配信マップでがっつり育てれば、なおさら負ける心配ないですからね。

え/ですね。あとFE初体験でびっくりした点は、武装がばっかんばっかん壊れていく事かなー。強そうな武器とかでも容赦なく耐久度減ったら粉砕!

り/あーーーーー、けれど、あれでもかなり仕様としてはソフトになってるんですよ(笑)。過去作だと壊れる上に補充がほとんどできなかったりするので、売り場を見つけたら資金の限り買い込まないと死にます。今回は補充に関して特に逼迫してなかったでしょう?

え/確かに。買えるタイミングで延々見つけ次第「丸太」を買ってたなぁ。

な/なんで丸太なの!?

え/丸太は重要ですよ!?凄い格好いいナイトの武器も、丸太!俺のデータとすれ違うと、最大値まで強化した丸太「彼岸島」が手に入るよ!!(嬉しくない特典

あ/『みんな、丸太は持ったか!!』 

た/心底どうかと思う(笑)。

み/凄い人気の大作ゲームの話のはずなのに、眼鏡ッ娘と馬鹿話してるだけな気がしないでもない。

あ/んじゃめなの放談的には何も問題ないかと。



2012年 5月



よ/2012年の5月は本当に発売ゲームタイトルが少なかった気がしますが、その中で唯一買ったのは『ドラゴンズドグマ』でした。なんか超頑張って洋ゲーっぽい雰囲気作ってて大変かっちょよかったです。進めていくとなんだか独特の死生観?とか輪廻的な何か?とか何この思わせぶりな能書き?みたいな感じで素敵。

い/ダンガァーン!

え/だんがぁぁ〜ん!!

よ/あー、ゲーム開始時にかかるBzの主題歌。アレは正直浮きすぎだったのでゲーム立ち上げたらスタートボタン連打でしたよ私。すっごい一生懸命洋ゲーっぽくしてるのになんでBzやねん。いやそれは横に置いといて。このゲーム独特の部分では自分の従者をカスタマイズしてネット越しの誰かに使ってもらうっていうシステムが非常に面白いと思いました。あと戦闘ちょう楽しいー。すぐ死ぬー。魔法もド派手でメチャクチャ爽快。隕石落とす魔法がスゲエのひとことなので未プレイの方はぜひご覧下さい。

あ/カプコンにしては海外オープンフィールド系なRPGでしたけど、意外と自由度高いし面白かったですねー。ポーンがタムリンの如くオカシナ援護をするのも微笑ましいですし。

い/和製オープンワールドゲーとして注目作でしたからね。スカイリムのような圧倒的な自由度を期待すると肩透しを食うけれど、日本人向けにはこれぐらいの方がわかりやすいのかも知れない。

み/さっきからたまに話題に出てくる「ポーン」って何ですか?

い/ポーンシステムはこのゲームの一番の特長ですね。覚者となった主人公にはポーンと言う異界の従者が付き従うんですが、自分が作ったポーンはオンラインに繋ぐことで、他のプレイヤーの元で経験をつませたり逆に他のプレイヤーのポーンを雇ってパーティを組んだりできます。で、他の世界で戦った敵の弱点や冒険した地理は覚えて帰ってくるんで「この敵には炎が有効です!」とかサポートしてくれるようになるんですよ。

あ/オンラインでのポーン交流。あれは楽しかったですね。肌色率高くすると結構みんな連れてってくれる辺り口では何と言おうとも体は正直なもんだなゲッヘッヘ。

え/そういや、わりとそのポーンが容赦無くネタバレぶちかますと聞いたな。

い/あー、他の人のポーンも雇えるんですが、変に知恵のついたポーン連れて行くとクエストひと通りネタバレしやがるので注意ですよ(笑)。自分のポーンだって、何処かで高Lvプレイヤーに拾われた後帰ってきたら、初めて踏み入る洞窟で「この先にオーガーがいます気をつけて!」とか容赦無くバラしてくれます。クエストとかほんとだいなし!!!

よ/でもクエストそのものはあんまり代わり映えしませんよねこれ?NPCいっしょにここまで行けとこの怪物○匹殺せとこのアイテム○個探してこいが大半を占める感じ。

あ/うん。多彩なクエストがあるよ!とアピールしてるのはいいんですが、NPCを特定のポイントに連れて行けと言うやたら時間かかるクエストが多いのもなぁ。

え/オブリビオンみたいに「王室に忍び込んで全員に脱衣魔法をかけてイヤーンまいっちんぐ状態にしてこい」とかそんなクエはないのね。

あ/ソレぐらいユーモアのあるクエもほしかったなぁ。

い/ああ、でも、ユーモアというか天然なんですが、このゲームって特定のNPCのクエストを受けたり話しかけてるとそのキャラとの好感度がみるみる上昇するじゃないですか。その好感度によって物語後半のヒロインが決定するという面白い仕組みで、やりようによっては如何にもなメイン女性キャラから村をうろついてる村娘Aまで誰でもヒロインになるんだけども、ちゃんと好感度調整して無いと「システム上最も多く話しかけることになる宿屋の親父」が問答無用でヒロインなるのはどうにかならなかったのか。

よ/それか武器屋のおっさん(所帯持ち)がメインヒロインに!!

た/どんなシナリオ展開だよ!!!!!!!!!!そりゃ1番話しかけるだろうけど!!!!!!(笑)

い/仕方ないじゃないか!宿に泊まるとかクラスチェンジするとか、全部宿屋の親父に話しかけないとダメだから、いつの間にかオヤジが頬を赤らめてるんだよ!気を抜くとオヤジがピンクに染まってるRPGなんだよ!!しかも展開上メインヒロインに選ばれた宿屋のオヤジが敵にさらわれてしまうので主人公は命がけで宿屋のオヤジを助け、そして救出後は宿屋のオヤジが自分の家に住み込んでしまうドキドキビジュアルライフが拒否権無しで発動しちまうんだよ!!

え/そもそもなんで宿屋のオヤジに恋愛好感度が設定されてるんだよ(笑)!!ワザとか!カプコンこれワザとやってるのか!!

あ/しかも自分の家に宿屋のオヤジが押しかけ女房状態になったら、本来の宿屋が無人状態に陥って支障をきたすという……

な/そんな自由度はいらない!!(笑)

よ/でもまあ「自由度高い」って言っても、このゲームいわゆる「街」が城都とスタート地点の漁村しか存在しないし、世界としては半島1つだけで端から端まで歩いてもゲーム内時間で3日ぐらいなので、オブリやスカイリムをイメージすると肩透かしを食うかも。当ても無くぶらぶらしてその先で誰かと出会って小さなイベント発生、という類のものはとても少ないです。次回作ではもっともーっとひろい世界で冒険できるといいなーってところでひとつ。

り/あと5月で語れるのは、実は『GUILD01』ぐらいしかないと言う。1本のソフトに4本のオムニバスゲーム。

え/武器を貸し出して勇者をけしかけるゲームでしたっけ?

た/アメザリの声が低い方の企画したゲームですね。武器を作って兵士にレンタルして、帰ってきたら鍛え直してっていう。

り/「クリムゾンシュラウド」と「解放少女」の評判より、穴埋めかと思われた「レンタル武器屋 de オマッセ」と「AERO PORTER」の方が評判よかったというイメージですねー。あくまでイメージですが。単純に遊ぶならば「AERO PORTER」が一番好き。

た/「レンタル武器屋 de オマッセ」が結構もくもくとやってしまう。

い/アメザリの考えたゲームが一番面白いって話はよく聞きましたね。

た/解放少女はなぁ…やりたいことはわかるんだけど……世界観はいいんだけど………ってゲームでしたな。あ、これシューティングです。自機が女の子の。

え/日本がボコボコになってる系のシナリオのあれか。もう日本ディストピアものはいいよー。現実世界でボコボコなのに仮想世界ぐらいボコボコじゃなくてもいいじゃんよー。

り/それから「AERO PORTER」は沢山あるベルトコンベアのラインを切り替えて、お客から渡された荷物を旅客機に積みこむ ……なんていうゲームなんですが、容赦なく爆弾テロが発生します。

よ/よく発売できましたねそんなゲーム

り/こうね、わかりやすい「マンガ爆弾」がコンベアを流れてきて、時間内に処理しないと爆発するんですよ。いや載せる前に気付けよ!!!そしてですね、これ、DLゲームとして4本全部ばら売りしてるんですよね……しかもパッケージソフトでまとめて買うより、ばら売りで買うほうが安いんですよね……。パッケージ3980円、DL販売が各800円。もっと早くばら売りしてくれよ!

た/もうこれだと、GUILD02売れないよ!!「どうせ、バラで800円で売るんでしょ?」ってなっちゃうよ!!

り/「怪獣が出る金曜日」に期待してるのになぁ……。とまあ、5月はこんなところかな。

な/早ッ!!



2012年 6月



た/5月と打って変わって、凄くいろんなものが出てるんだよ6月!!例えば『AKIBA'S TRIP PLUS』。去年の放談で言ったことが現実になりました!!キャラがかわいくなったよ!!やったね!!中身は変わってないので特に文章費やして語る事はないけども、最初からこれでだしてくれよう…!とだけは言いたい!

り/えーと丸太で吸血鬼をひんむくゲームでしたっけ?(記憶が混乱中) 『アイドルマスター「アニメ&G4U!パック VOL.9」』はどうです?アイマスG4U最終巻だよ!アニメも最終巻だよ!全部コレクションしてるわけではないのですが、G4Uに涼ちんが実装されたってだけで買ってしまいましたよ!涼ちんで語れる人は………この面子ではいないか(笑)。次どうぞ。

よ/『ポケットモンスターブラック2、ホワイト2』買いましたね。私は最初のやつを少しやらせてもらった程度でほとんど初体験だったんですけど、なるほど人気あるのわかるわーって感じの快適さでした。かといってヌルいゲームってわけじゃなくジム戦なんかではワンミスから一気にジリ貧になったりして手応えありますし、逆にしっかり対策考えた編成にして挑むとびっくりするくらいあっさり勝てちゃったりしますし。あとねーやっぱキャラとポケモンが超かわいいのです。あっさりした線なのにちゃんと骨格の入った感じのキャラ絵がすんばらしい。エロイ。ポケモンも。ブイゼルかわいいよブイゼル。

な/邪さんもケモの可愛さにお気づきになられましたか……!ようこそ、男の世界へ……!

あ/何を引き込もうとしてるんだ(笑)。

よ/あとですねー通信対戦はなんだか極まっちゃっててよほど厳密にステータス管理や編成をしなくちゃ話にならない世界らしいのでノータッチです。子供の頃最初のをやってそのまま大人になってもプレイし続けてる人たちがたくさんいるからかしら。

た/通信対戦はコンボもそうですが、裏ステータスも考えなきゃならんので、廃人には勝てないっす。

よ/裏ステータスとか今初めて聞いたよ。

り/そこらへんハマっていくと、ポケモンはリアルに時間泥棒ソフトになりますよ。いや泥棒なんていう言葉は生易しい。あれは時間国際強盗団ですよ!!あ、そう言えば今になって思いだしたんですがPS3版のSTEINS;GATE』が5月に出てましたけどもたけっぴさんは当然買ったんですよね?

た/流石に買ってないよ!!そんなシュタゲを全機種でコンプリートしようとまでは思ってないよ!!

な/紅莉栖でてるのに!?

た/どの機種版であろうと紅莉栖は出てるだろそりゃ!!(笑)

な/おかしい……あんなに紅莉栖狂いのたけっぴさんが………じゃ、じゃああれですよ、6月遂に発売の科学アドベンチャーシリーズ最新作『ROBOTICS;NOTES』はシュタゲ好きなら間違いなく……?

た/当然限定版買ったよ!!買った……けども……うん……

な/歯切れが凄く悪い!?映ちゃんは!?シュタゲであんだけ熱く語ってた映ちゃんはどうなの!?

え/同じくシュタゲがもの凄く好きな知人さんが『やっぱネタバレが致命的な作品だと思うんで、ネット見るだけで爆死状態にならない為にも発売日即購入!即クリアしますよ!!』と満面の笑みで力説してて『なるほど、コチラはちょっと忙しいから発売日購入無理だし、その人の熱狂っぷりを聞いた上で期待値高めてから買うのもいいなー』とか思ってたら、数日後、
『シュタインズゲートから……………シュタインズゲートを引いたようなAVGでした……………』って澱んだ瞳で言ってて…

あ/それ、何が残っての!?(笑)

え/や、TVアニメ版を『なるほどこーゆーお話かー!』と割と楽しく見てるから買っても良かったんじゃあと思うんですが、ですが、そのゲーム版をプレイした人々からアニメとゲームを一緒にするなみたいな事を更に聞いたりで…(汗

り/あーー、自分もアニメを見てるんですけどあのヒロインがどうにも受け付けられなくて…

え/あのヒロインはゲーム本編だと更に云々…みたいな呪詛はよく聞く……。俺自身が実際に購入してプレイしてない以上は断言系で内容をとやかく言う権利は無いのでこれ以上は黙っておきますが。

た/アニメも全話録画してるんだけどなー……コミックス版も買ってるんだけどなー………。お金は落としてる。ロボノにお金は落としていってるんだけども、こう。

り/あんまり気持ちの良い話にはならないっぽいですね。いっそ次に行きましょう、同じくTVアニメ版が放送されたつながりで、vitaの『ペルソナ4 ザ・ゴールデン』

た/あ、こっちは凄かった!TVアニメ見た後だと、なるほど!って感じでしたね!!リメイク前のはやってないからどう変わったのかわからないんですが、それでも凄いと思った!

え/元々PS2版しか無かったから「もっと綺麗な画像でプレイしたいなー。リメイク移植しないかなー」とは思ってましたが、まさかこんなに『徹底した完璧なリメイク』だとは思わなかったよ!!と言うかリメイクでもあり、FESでもあるんですよコレ!前作ではすっ飛ばされてた期間に新たなイベントを実装、新しい遊び方も実装、前作で「純粋に面倒」だった部分をユーザーフレンドリーに改良、新キャラも確かにいい感じ。文句のつけようないよ!!ほんとP3と比べてP4は恵まれすぎてるよ!!!

あ/それこそアニメから入った人は「スゴイ、アニメと同じ展開だ!」とか言っちゃったりするんでしょうかね?

え/アニメ「以上」の事も存分にやってるので、アニメ見たから何もかもが満足ーというかんじではない。

よ/逆に私「アニメ見たからいいかなあ」とか思って手を出さなかったんですがもったいなかったですかね。

た/アニメでも描写されてなかった、みんなの毎日のいろいろな行動が見れるのが良かったですね。「そうか、誰々が町にいるのか」とかわかったり。

え/P4って基本は青春ジュブナイルであり厨二病センスをビンビン刺激する作品なんだけども、今回のリメイクで改めて思いだしたよ。これ、結構、「ギャグ」作品としても秀逸なんですよ!「ポリゴンキャラの寸劇」って何かこう『お寒い』という偏見がどこかしらあるんですが(超個人的意見)、Vita持ちながら文字通り抱腹絶倒しつつゲッラゲラ笑えます。恐ろしいほどに。

あ/お寒いポリゴン寸劇……あー、スターなオーシャ……げふんげふん!

り/スターな4作目のアレの事はもう許してあげましょうよ!(笑)

い/ゲームとしても更に洗練されてましたよね。

え/例えば悪魔合体のシステム。合体後に継承するスキルが旧作だとランダムだったから、思い通りの合体結果が出るまで何度も何度も検索くり返す事になってそれはそれで面白かったんだけども、P4Gなら最初から選択式。自分の思うが侭に継承可能。ゆるいとか言われてたらまあそうなんだけども、そこは頑なに変えてはならない部分でもないんだから、スパッとユーザーフレンドリー側に舵きってくれるのがなんとも嬉しいじゃあないですか。

い/PS2版だと延々「なんで反射と無効を同時に継承しちゃうんだよ!」とか言いながらキャンセルする作業でしたからなぁ…。

た/ギャルゲ成分もこんなに高いとは思わなかったですね。特別な関係になったあの娘と、二人で初詣とか。スキー行って二人だけ遭難→そのまま山小屋で二人きり…とか。

え/堂島さん家で菜々子と楽しむ「家庭菜園」イベントの追加等で、「家族」の親交深める要素も強まりましたしね。キャラとの交流がほんと楽しい作品ですよ。

た/あ、家庭菜園はP4Gからの要素なんだ。

え/スキーでの遭難イベントとかもね。いやもう親子の情とか、恋人とKKUMMとか、親友と河原で殴り合いとか、とにかく青春RPGだよ!恥ずかしくなるぐらい、むしろ清々しいまでの青春RPGだよ!vita買ったならP4G入手しない手はないよ!という感じでひとつ。

み/じゃあTVアニメつながりで更にアーケードの『超速変形ジャイロゼッター』いきますか!筐体そのものが変形するという夢の21世紀型ゲーセンゲーム!

た/すごいよ!男の子の夢を実現した筐体だよ!!ハンドルを押し上げてロボに変形する動作が出来るよ!!いや筐体そのものはロボという程には変形しないけども!!(笑)

り/あれ、実際に動いてるの見ると衝撃ですよね。筐体が変形する、というのは今までありそうでなかったアイデアだ…!

あ/筐体の左右が開いてレバーが現れるギミックは初めて見た時に凄く感動したなぁ。惜しむらくは、左右で4つもレバーが出てくるのに端の2つは今のとこダミーってとこがなんとも。後日バージョンアップとかして全てのレバーを駆使する日はくるのだろうか。

み/てっきりジョイスティックが2本出てきて、「いけ!鉄人!」みたいになるのかと思ってた(笑)。 ともあれ、出てくるカードは実在の車いっぱいで、それが変形!男の子の心くすぐりすぎ!!そう、実在の自動車がモチーフになってるのが面白い。これで少年少女に幼い時から「車ってカッコイイ!」という認識を植え付けて、将来のユーザーを獲得しようというのは実に素晴らしい。俺達の頃のメカドックみたいな!

い/ミツオカのオロチはやっぱ毒攻撃だし、日産車はやっぱなんとかのラグランなんとかみたいなデザインラインだし、そしてマーチは何故か超かわいいカエル型ロボに変形するのでマーチ乗りのみずもりさんが凄いショック受けてた記憶がある。

み/確かにカエルだとは思わなかったが…大丈夫!ジャイロゼッターのマーチは最新型でうちのマーチとは違うので、たとえカエル型であろうと何だろうと別物なので問題ない!悟った!うどん屋の駐車場でバックされない限り大丈夫! …UDONェ…。

た/ロボに関しては「変形」について『トランスフォーマーみたいに実際に出来そう!』ってギミックが必須…じゃなくて『ギミックとか気にするな!光ったら何か変形してる、でいいんだよ!!』というアバウトな無理矢理変形推奨なので、デザインが多彩なんですよね。………まぁ、そのせいで、おもちゃはガワ変形ばっかりなんですが……

あ/アレは「変形」じゃなくて「変身」だよ(笑)。

い/逆に車からロボへ完全に変形できるようにデザインしてる人もいますね。と言うかそんな事しちゃうのは河森正治なんだけど!

み/日産デュアリスとかシトロエンC4とか、本家本元のCMで車がロボに変形してるのがあるんで、そういうのも入ると嬉しいなあ(笑)。むしろ車のCMの方がもっと色々と変形すればいい…。

え/ゲームとしてはレーシングパートがあって、そこでの戦果が加味されつつの超速変形→ロボバトルに雪崩れ込むって感じなんですが、バトルがジャンケン方式なのは最近のあの手のアーケード筐体の主流ですな。

い/初プレイでは全ての手で失敗する、というパーフェクト負けを達成してしまったがな!(笑)

た/前半のレースパートもアクセルは自動ですがドリフトも出来ますし、後半の格闘パートも3すくみで心理戦も出来ますし、お子様向け対戦機としても面白いかと。………初心者をフルボッコにしてる大人廃ゲーマーもよく見るけどね!!(笑)

り/あの筐体あってこそなんですが、もうちょっと導入しやすい簡易筐体があればもっと普及するのかなぁ。

い/家電店の玩具コーナーなんかでも見かけるんで結構普及はしてると思いますよ。あとアニメ放送前と放送後で実際にやってる人数は増えたかと。ちゃんと対象年齢の男の子が遊んでるのを見るとまだロボットアニメに目はあるで!とか思う。

た/実際、これが失敗すると、夕方からロボアニメは消滅すると思う……

り/そういう意味で、ダンボール戦機とジャイロゼッターにかかる期待は非常に大きいですな!

な/ジャイロゼッターのアニメはお子様向けには「ロボット!」という方向性でもちろん売りにだしてるけども、大きなお友達向けには「ちょいエロ!」という方向性で攻めてるって公言してましたよね(笑)。眼鏡秘書!29歳眼鏡姉さん!アジアンコーデ眼鏡ッ娘!!がっかり系眼鏡男子!やたら眼鏡に優しいジャイロゼッター!でもアニメで一番優遇されてるのは、がっかり系眼鏡男子!!

り/夏はがっかり系メガネ男子総受け本、くるで!!

え/でもよくよく考えたら眼鏡ッ娘のサトリさんのメイン回が毎回「サトリメインだよ!」と思わせておいて別のキャラメインになってる事が大半でおいお前ちょっとテメェ

よ/必要以上に残念なキャラになってる気がしますねサトリさん。それ言えば全てのキャラが必要以上に残念なんだけれども。なんというか、ちょっと作り甘いですよねアニメ版。

た/長めのクールで放送してくれるので、今後更に盛り上がってくれる事は期待しつつ。

り/じゃあ次の話題。『デュエルズ・オブ・ザ・プレインズウォーカーズ2013』。最近毎年出ているMtGの簡易版ゲームで、今回は基本セット2013の新規カードの先行収録に加えて、さらにフェイズの概念も実際のルールに接近。かなりプレイ感覚が実際のMtGに近くなりました。これでデッキの構築に自由度があれば……。もう、フルプライスでいいから、もっとガチなMtGゲーム出してくれよ!!MO(PC用のオンライン対戦MtGソフト。公式。バーチャルなパックをリアルマネーで購入してもりもり剥く)よりハードルが低いゲームが欲しいんだよ!

あ/非電源系ゲームですか?

り/あ、電源系です。ちなみにこれを買ってコードを発行すると、協賛ショップでプロモカードがもらえたりもします。カードゲーマーならやって損ないかと……あ、カードで思いだした!磨伸さんごめん!3DS『カルドセプト』のがっぽりキャンペーンでもらえるカードセットまだ渡してない!!

え/ い い の よ

い/カルドセプ子!!何故かエロいOL系眼鏡お姉さん「カルドセプ子」が担当してた謎の宣伝戦略でお馴染みの!!

え/ が っ ぽ り

な/ が っ ぽ り

み/ゲームとしてどうだったんだよ(笑)

え/ゲームとしては何の文句もありゃあしないよ!!やっといつも通りなカルドセプトの新作だよ!ハードの寿命を物理的にガリガリ削ったり「大宮ソフト」製かと思ったら「大宮スフォト」製だったりするカルドセプトなんてなかったんやーーー!!

り/OSの脆弱性をついた凶悪なバグを搭載したカルドセプトなんてなかったんや!!いやもうカルドセプ子とか「がっぽり」とかモチチ絵とかいろいろな要素ありますが、「誰もが望んでいたカルドセプト」でしたよね。

え/作戦としては例によって「ケルピー」か「オールドウィロウ」さえいればCPU戦は大体なんとかなるアレだし、システムは大きく変わってる訳でもないので、やった事ない人もやった事ある人も、みんなが安心して楽しめるカルドセプトだったと思いますなぁ。

り/ネットにつなぐと毎日何らかのカードが1枚もらえるとか、結構いろいろ趣向こらしてましたしね。全国大会が開かれる時代になるとは、思えば遠くに来たもんだ…。

い/オンライン対戦もしようしようと思いつつ、結局カルドセプトはCPU戦を楽しんだだけで「みんなで集まって対戦しようぜ!!」って機会には恵まれなかったのが残念。いや、ほら、この月は、その「みんなで集まって対戦しようぜ!」という欲求に対し最適解とも言えるゲームが動き始めたじゃないですか。

よ/あああ、この放談のチャットしてる今も現在進行形でやってて、何気に2012年で一番プレイしてるゲームになってる気がしますね、PS3の『機動戦士ガンダム バトルオペレーション』

え/ガンオペは「本体データ無料!PS3さえ持っていれば、戦場の絆みたいなゲームをタダで楽しめるよ!!」ってDLゲーで、『でもDLCとかでお高いんでしょう?』とか思ってたら、これが、まぁ、貴方!

み/ワンプレイいくらなんですか?

た/だからタダなんだよ(笑)。ゲーム本体は無料でPSストアからDLすればOK。ゲームプレイも自動的に補充される3クレジットがタダ。

み/じゃあ何を課金するんだい!?

あ/プレイ権利は2時間に1クレジット溜まるんですが、最大が3クレジットまでしかストックできないんですよ。だもんで理論上は1日12回無料プレイできるかもなんですが、やっぱ興がのってくると「もう1プレイ!もう1プレイ!!」という事になり、そこで初めて「有料クレジット」を購入する事があるかもしれないし、ないかもしれない。

よ/決まった時間に3クレジットぶんだけプレイすればいいやって事なら、テキパキやれば3〜40分程度で充分満足できるのが良いですね。3クレジットしかないからこそ、スパッと後腐れなく終われちゃいます。

あ/PSO2やモンハンと違って「無料プレイは最大3回まで」ってのが逆に区切りがよくってプレイしやすいんですよね。

え/そして武器やMSが一定レベル以上になったら、『これ以上強くしたいなら、2〜300円ぐらい払ってね!ただし一回払ったら「フラグ成立」で、それ以上のレベルはまた無料になるから安心だよ!』みたいな親切設計。更には『もっと効率よく経験値とか開発ポイントとかMS設計図を が っ ぽ り 手にいれたい!』って時には有料ブースターを買ってもいいし買わなくてもいい。

な/ が っ ぽ り

え/案外「基本無料」で支障無く遊べるんですよコレ。いいのかい?バンナムはこれでいいのかい?モバマスで が っ ぽ り 稼いでるからいいのかい?……とか思ってたらガンオペだけでも結構な黒字出してたという。

な/ が っ ぽ り

た/課金も一つ一つは安いですし、定期的にキャンペーンで購入金額半額にもなるんで、以外と有料プレイ回数も買いやすい。流石バンナムはここらへんのゲームのノウハウの蓄積があるのか、上手い。

み/ううむ、気持よく金を払わせる仕組みになってる。

え/オンライン上での「フレンド対戦」のやりやすさ、も勝因の1つだと思いますよ。最初にクローズドの部屋が作れて、ゲーム上からフレンドにお誘いのメールが送れる。しかも最大12人プレイなんで知人を呼びまくってプレイしてもいいし、集まらないなら集まらないで部屋を開放して野良プレイヤーを自由参加させてワイワイやってもいい。さっきの「マージャンドリームクラブ」の時にも苦言を書いたけども、こーゆートコでストレスフリーだからこそゲームの寿命も延びるし、皆で盛り上がるぶん『じゃあちょっと課金してもう1プレイいこうぜ!!』『行こう行こう!!』って流れになるという仕組み。

た/MAPは4つ、対戦方法は2つしかないんだけども、出てくるMSの種類が豊富だしゲームとしてもこんだけ遊べれば何の文句があろうか、という。グラフィックとかも下手なガンダムゲーより気合い入ってるし、操作感覚も下手なガンダムゲーより全然解りやすくて直感プレイできていいし、あんま不満がないよね。

よ/さすがに高階級になってくると全くの無課金で対抗するのは難しくなってくるんですが、それでもゲーム内容に比較して驚くほどお値打ちな金額で遊べるのが大変お気に入りです。

あ/みんなプレイを開始したタイミングが似通ってるんで、プレイヤースキルが上がっていくうちに「まずは脚を壊さなきゃね」→「やっぱバズーカでの足止めだよ」→「これからの時代は対弾装甲です」というようにみんなのプレイスタイルの流行りが変わっていくのも面白かったですね〜。

よ/機体ごと一長一短あるので他人の使ってる機体に「あれずるいよ強すぎる」→自分で使ってみる「あれ?いやちげーよやっぱ他のあれが強いんだよ」とかウロウロするのもまた一興です。

い/ボーダーブレイクとかスティールクロニクルなんかもこんな形式で家庭用向け作ればいいのにね。

あ/と、褒めまくってますが、オンラインへの入室の相性問題とか、格闘系のラグ問題とか、問題点はなんだかんだで無くもないという。基本無料だからこそ目くじらたてる事はないけども。

よ/あと人間対人間のオンライン対戦ゲームにありがちなことなのかもしれませんが、負けそうになると回線引き抜いて逃げる人がちょくちょくいるのが若干イラっときますね。勝負が成立しないほど回線切りが発生した場合は出撃ポイント無消費でサレンダーできるとか回線抜いたやつひとりにつき1枚余分に設計図出るとかそういう救済策が欲しいなーとか。

み/負けたら何か減りますのん?

あ/減らないんだなこれが!開発ポイントが勝ち側より100P少ないだけです。勝てば、経験値と設計図が通常より少しだけ多くもらえるってだけだし、勝ち負けの差がそんなに出ないから怨念が大して発生しないゲームなんですよ。勝ち負け気にせず楽しめる!

た/ぶっちゃけ、負けても心が荒むだけだよね。

み/じゃあ何で回線引っこ抜くんだ!

り/「負ける」ということが許せない人もいるんですよね、実際。

よ/勝ち負けのデータは残りますから、勝率気にする人は抜くのかも。あ、もちろん回線の不良で心ならずも落ちちゃうって人は全然別です。まあ途中離脱率が一定値こえると流石にペナルティ発生するんですが、逆を言うと「その値」に至るまではあんまりペナルティが無いんです。だから「抜いちゃダメなんだ」じゃなくて「ここまでは抜いても良いんだ」って考えちゃうんだろうなあそういう人たちは。

え/あとこれもオンラインゲーの宿命なんですが、アップデートの度にゲームバランスが頻繁に変わる変わる………。つい先日まで普通に使えてた武器が途端にいらない子になったり、汎用機だけがちっとも強化されなくて三すくみのゲームシステムが崩壊しかかってたり、現状のイフリートみたいに馬鹿みたいな糞チート機体化してる奴もいたりでもう…。俺と中上さんの作戦:「トライアングルフォーメーションα」が今となっては無駄に!!あーーー!(嗚咽

い/つかこのゲームやって一番ビックリしたのは、徹底してジオン派だった磨伸さんがアッサリ連邦に寝返った事だよ!あんなに 『連邦なんて糞ですよ!糞!!うず高く積まれたそびえ立つ糞ですわ!!』とか言ってた磨伸さんが!!

え/そこまでは俺も言ってね……いや、言ってた…か…?(汗) いや、でもね、ほら、このゲームやると痛感する訳ですよ、『嗚呼、共通規格って人類の英知だなぁ…!』って!だって「格闘」ひとつ見ても連邦は「ビームサーベル」で大体統一されてるのに、ジオンはもう「爪」「斧」「鞭」「薙刀」「二刀流」等々MSによって操作が違いすぎてしかもそれぞれのMSの武器が独立系統として開発ポイント消耗して強化しないといけないとか利率悪すぎる…悪すぎる!!

な/このゲームで解った!ジオンMSのデザインは駄目過ぎる!あんだけ表面積でかいと被弾確率も跳ね上がってそりゃリックドム5分で12機やられますわ!ゲルググ肩幅広すぎて山岳MAPの抜け道通れないとかなりますわ!

り/男の子はみんな連邦好き。それは真理ですよ。磨伸さんも遂に真理に目覚めた訳ですよ。ジオン星人なんてペペペのペーですよ。

た/この地球の重力に魂を引かれたアースノイドどもめ!!

り/ははははは!ガンプラでザクすら作ったことがない生粋の連邦マニアに何を言っても無駄だ!

な/ジオン星人とかないわー。ビックリドッキリメカなんてないわー。

あ/やっぱ中上さんのガンキャノンは今後も優先的に爆破していくしかないな…!

え/たかしは死なないわ。わたしが守るもの。

い/それエヴァ。

あ/毎晩スカイプ上で響く絶叫!「おのれありまめー!」「おのれ磨伸めー!」「おのれ中上めー!」「あ、今の邪さんだったの?ごめんなさい」

み/なんで邪さんだけ扱いが違うんだよ!!!!!(笑)

い/紳士だから?

よ/グレネード投げまくって敵にも味方にも迷惑かけるよ?磨伸さんと中上さんみたいな友情のツープラトンは無理ですよ?

な/映ちゃんとのツーマンセルも板についてきて今更ながらときめき度があがってきているよね。ユウジョウ!

た/ああ、じゃあそろそろ中上さん死亡イベントのフラグが…

な/ちょっと待ってそんなフラグはないよ!?

え/俺の人間的成長をうながすために命を散らす役割…だと!? た、たかしーーーーーーーーーーー!!!(鉄橋を支えたまま息絶えてるたかしに涙しながら


い/これ…たかしです(ヘルメットを差し出しながら)

な/何でVガンダム一択なんだよ!!そもそもあのゲームなら死んでも10秒で復活(リスポーン)だよ!(笑)

え/10秒で再生…これがDG細胞の力………!?

あ/獅王争覇グランドたかし!!

み/「映一郎は私の母になってくれるかもしれない女性だった!」

り/ただのガンダムネタ大会になってきた(笑)。今後、こういうフリー・トゥ・プレイがコンシューマーの対戦ゲームのメインストリームになってくのかも、と結論付けて6月最後のタイトルの話題に移りましょう。

え/『TOKYO JUNGLE』!何というかその「作品としての在り方」にまずもって『ありがとう!』と言いたい作品でしたね!!「最近の和ゲーって如何にもなJRPGや萌えオタ御用達なギャルゲばかりー」みたいな意見あふれる昨今に悠然と降り立ち異彩を放ちまくる一本!!

た/ゲームの本数そのものが減ってきているせいか、和ゲーが大体「どっかで見た事あるもの」で統一されかかってたトコで、よく、こんなバカな企画が通ったと正直思いましたよ(笑)。

え/今の日本のゲーム業界に突然反旗を翻した存在!これ1本があるお陰で「和ゲーはまだ大丈夫だ!!」と言える、そんな独自の世界観をもった孤高のゲームだったんじゃないかな!!

な/冒頭で映ちゃんが言ってた通り、昔はゲームの発売本数そのものが多かったから「玉石混淆」でこんな感じのゲームも山の様にあったんだけども、昨今の状況で考えると「よくぞ、よくぞ出して下さり申した…!」というゲームでしたね。しかも一発ネタのバカゲーかと思いきや、意外とガチで遊べる。

い/人間の突然いなくなった町で繰り広げられる動物達のサバイバルバトル!潜んで、襲って、食らう!蘇る野生!!(主にポメラニアンの

よ/出オチと見せかけて、ってゲームは良いですね。嬉しい不意打ちって感じで。

み/いろんな動物を使って荒廃した東京を彷徨うゲームだとは聞いてますが、基本は馬鹿ゲー?

え/馬鹿ゲー。鹿とかでプレイしてたら、一緒に行動してた兄弟が突然肉食動物に襲われた!悲鳴をあげる兄弟!だが俺はただの鹿!!どうすれば……!?と狼狽してたら突然ゲームシステムから『今だ!!今こそ草食動物の本領を発揮する時が来たのだ!!!!!!!』みたいなアナウンスが出て鹿の目がキラーン!と光って即「△ボタンを押して本能発揮!!!」みたいな指示が出るので、『わぁ、一体どんなスキルが繰り出されるんだろう!?』と思い迷い無く△ボタンを力強く押したら、
「 仲 間 を 見 殺 し に し て 逃 走 」

た/それなの!?草食動物の本領はそれなの!!???(笑)

い/しかも連打すると群れ全員をおとりとして置いて行きます。

り/いや、マジで仲間を切り捨てていかないと草食動物は無理ゲーなのよ。特に後半の代々木辺りに巣食ってるライオンの群れを突破するのは如何に効率よく「仲間を見殺しにして先に進むか」にかかってますから。

み/ひどい!ひどすぎる!!(笑) 極限まで強まったポメラニアンがライオン食い殺してるイメージしかなかったけど、酷いな!!

な/グラディウスのオプションが如き子供兄弟たちを出来るだけ多く作るには極上の『アゲメス』をゲットせねばならず振り向かせるためにBOSSになり縄張りを確保し交尾する…TOKYO LOVE STORY。

い/そしてダウンロードコンテンツで続々追加される新たなどうぶつ達!「北京原人」!「サラリーマン」!!

た/動物なの!?いや動物なんだけども、動物なの!!??(笑)

い/「交尾」をして子孫を増やしていくシステムのゲームなのに、「サラリーマン」とか出していいの!!???とか思ったら、この世界に人間はそのサラリマン一人なので、交尾不可。おこさまにも安心!

な/あとサラリーマンは草食系男子なので草しか食べないのよね…。やろうと思えば草むらに身を潜めて→フライングクロスチョップ!『かかったなアホめが!』→ライオン撃破、とかもできるのに、草だけを「うめーうめー」と言いながらもくもくと食べるサラリーマン…

い/装備品の概念もあるんだけど、俺、「ヒヨコ強化スーツ」なんて日本語、このゲームで初めて目にしたよ……というかこのゲーム以外で目にする気がしないよ……!

え/そしてシナリオの最後に控えるラスボスは、『SONYブランドのゲームだからね!!』って事で、「アレ」。しかもジャングルの頂点に立つだけあって、ストライクフリーダムな「アレ」。乱れ撃たれる光弾!オーラをまとった突進!そして画面をなめつくすローリングバスターライフル……!

み/もうどこからツッコミ始めればいいのか解らない。

い/まあ一応これSFですからね。何故人間が消えたのかという理由はネタバレになるから言わないけど、SF的なお話できっちり設定されてますしなー。

た/とりあえずライオン選んでおけば無双なゲームなのかな?

い/確かにライオンは強いけども、肉食獣は強ければ強いほど燃費が悪くなるリスクがあるんで、餌とのエンカウント率が悪いと餓死する可能性が跳ね上がるんですわ。

な/無双といえるほど動物がわんさか出てくるわけでもないですし、オレツエーになれるほどのレベルアップもない。むしろ自分より強い動物が群れをなして襲ってくるというパターンに苦しめられるくらいに過酷で、油断すれば百獣の王ですら即死できます。

り/大型肉食獣はプレイヤーキャラとして使うと燃費の悪さで使いづらいんですが、敵に回すと異常に強い感じですよね。クロヒョウぐらいなら攻撃を回避した際に発生するカウンターを使えば楽勝で倒せるのですけど、ライオンはカウンターで噛みついてもなかなか死なない!しかも見つかると、どこからともなく大量の雌ライオンがやってきてフルボッコ!しかしこんなに強いライオンですら、このゲームの「強い動物」ランキングではまだ前座だという……

た/なん……だと……!?

り/例えば、まずは「牛」。

た/草食動物じゃないか!!(笑)

り/暴れ出した場合、単体ではライオンを上回る強さ。あんなのに勝てるマスタツ先生にあこがれる!

い/ガタイのデカイ草食系は下手な肉食獣より強いですね。象とか。カバとか。特にカバのシャレにならない具合は異常。硬い!攻撃力高い!暴れる!

な/『ぎゃーライオンに追われてもうダメだぁ!!』と思った先にカバがいて、そこに追ってきたライオンをぶつけると怒って戦いだしまして、影でこそこそっと守ってもらい逃げ切るという方法もあります。ライオンしっかり倒してくれますからね、カバ頼もしすぎます。  

え/エジプト統一王朝の「闘争王」の異名を持つ王様だって死因はカバだからなぁ……

い/更にその上にマンモスもいますからね。

た/マンモ…え?ジャングル??

み/なんで「はじめ人間」の世界観に突入してるの!?よもやサーベルタイガーとか出て来はしまいな!?

な/え?普通に出てくるよ、サーベルタイガー。

み/ボケたつもりだったのに!!!!

え/だから北京原人も出てくる世界観なんですってば(笑)。でもまあ、そんなお馬鹿で楽しいゲームなものの、じゃあ冷静に考えて「ゲームそのものの完成度は?」と聞かれると、ちょっと、ね……と、首をかしげる部分も無くはない作品でしたな……。

り/「TOKYO」ってついてるから、もっと広大な東京を冒険できるのかと思いきや、MAPは基本「渋谷」を中心としての原宿、代々木までぐらい。
これじゃ渋谷ジャングルだよ!

え/スニーキングミッションが純粋にゲームとして苦痛だったり、あと本編中のクエストがかなり運任せなんだよなぁ……。プレイによっては「目的地すげえ遠い!!」「そこに至るまで餌全然でてこねえええええ!!!」とかで、詰む事も多々。

り/「20年以内に2世代交代せよ!」とかが2つ以上並ぶとそこで挫折しますし、エサのポップ率がかなりランダム性が高いので草食系だとかなりの勢いで詰む。あと時間が進むごとに毒汚染が激しすぎてどうにもならなくなったりとかも。

い/時間経過によるリミットもありますしね、老衰があるから1世代であんまり時間もかけられない。だから時間とクエストにやたら追い立てられるゲームになっちゃうんですよ。

な/豊富な動物の種類とは言えゲーム性がそんなに激変する訳でもないから、同じよーな事を延々やりながら渋谷をぶらぶらしてるだけだったりするのもねー。ホントバカゲーかと思ったら良ゲー、良ゲーかと思ったら修行ゲーだコレェ!と言い切れるくらいにわりと数日遊び続けたら笑顔が完全に消えて修行僧のような気分で同じような狩りというか殺生を繰り返していましたよ。

い/駄目な部分はある。駄目な部分はあるんだけれども、それ以前にツッコミどころ多すぎてゲームの完成度に突っ込むまでたどり着かない、そんなゲームなんですよ!

な/ わ か る わ

え/あまりに突き抜けた馬鹿度があるから「しょうがないにゃあ」で済ませられる。でも、もしも、これでゲーム性も完璧だったら…と思うとホント惜しい一本ではありますな。

り/ゲーム性に文句言いつつも、久しぶりに全トロフィー開放しましたしね。なんだかんだで、そのぐらいのめり込めました。

な/ゲーム性はあれなんだけども、間違いなく2012年を代表する一本ではある!

あ/たかしが言うとなんか別の意味のような気がしなくもないが納得!







(※てな訳で前編終了。7月以降の対談となる「後編」に続きます。)


戻る