戻る


2015年ゲーム会議(後編)




2015年 7月




え/7月もいろいろ出てたものの、結局スパロボやってたんだよなぁ…(またか

み/オイラはGE2RBのエンディングを見たころかなあ…。

り/『絶対迎撃ウォーズ』とか『レイギガント』とか気になるゲームはたくさんでていたけど……

え/『大逆転裁判 - 成歩堂龍ノ介の冒險 -』とかすげえ面白そうだったのに結局やる機会が………体験版に触れた感じ、キャラが3Dポリゴンでもりもり動いて、そして実際その3Dポリゴンである事に意味のあるギミックとか用意してて「あ!これは面白そうだ!!」ってめっちゃ期待してたのに……!(嗚咽

な/大逆転裁判はボクも楽しみにしてたのに時間が………

よ/私もこの時期ゴッサムシティの平和を守るので手いっぱいでした。

た/僕はプレイしました。プレイしましたよ!!そして面白い!面白かったんだよ!けれど1話1話が重いんだよ!!シナリオ量的に!!

な/あれ!?ここでもコンシューマゲームの大型化の話題に!?え?雰囲気が、じゃなくて、量的に!?大ボリュームに歓喜!とかでなく?

た/なんというか本当に1話1話の量が凄くて、1話から1作目の最終話くらいの重さだと疲れるよ!!そりゃ間に合わなくって途中で終わるよ!!…みたいな。

よ/え、中途半端な感じなんですか?

た/物語は終わってるちゃあ終わってるんですがねぇ、消化不良的な感じというか、続編ありきというか…。ゲームとして楽しいのは間違いないですけど。

み/「うたわれ」新作とかも続編ありきで終わってないんでしたっけ。2015年のコンシューマゲームは本当にどれもこれも大作化しまくってるなぁ。

た/あっさりと終えられる方向性のゲームでこの月語るなら、アーケードゲームで1本プレイしてたんですけどね。ええ、「紅莉栖が出てたらなんでもいいのか!」って言われたら「ああそうだよ」って答える!それが『チュウニズム』

え/SEGAのmaimaiチームが作った新作音ゲーですな。

た/そう。タッチだけじゃなく空中も使うのがこのゲームの特徴!!……なんだけど、それは置いといて!このゲーム、ソシャゲのように期間コラボを実施してそれに参加する事でキャラがもらえたりするんですけれども「シュタインズゲート」コラボの時はもちろん紅莉栖をもらう為に必死でプレイしたんですよ!手に入れるために頑張ったんですよ!紅莉栖だから!!

い/なんだかんだでたけっぴさんも業の深い人ですよね。

え/人は誰しも業を持つものなのだ……

た/…でもまぁ、今現在メインで使ってるキャラ、アルペジオのキリクマだけどな!!

/なんでや!!!(笑)

た/ちゃうねん!!紅莉栖の能力はある程度ミスると強制的に終わっちゃうリスキーな能力やから難易度高い曲にチャレンジ出来へんねん!!逆にキリクマはガード能力だから使いやすいねん!!……まぁシュタゲの萌郁さんも似たような能力持ちなんですけども。

え/じゃあ最初から萌郁さん使いなよ!!!YOU!!!!!!!!!

り/この裏切りクリスめ!

よ/謎の日本語。あ、私は『バットマン:アーカム・ナイト』やってました。毎度毎度ハズレのないこのシリーズなんですが、今回は宿敵ジョーカーの火葬シーンから始まるというえらい掴みのOPでしょっぱなから度肝抜かれたり。

あ/そんな死ぬ訳なさそうなキャラが!?

よ/はい。んでジョーカーが死んでゴッサムシティの悪党たちのパワーバランスが崩れた状態で我らが恐怖マニア、スケアクロウさまが超強力な幻覚毒ガス撒いて大暴れゴッサム市民総疎開という。

り/なに、その開幕地獄絵図…

え/もうゴッサムシティ滅んでいいんじゃないかな…

よ/そんなわけで今回は(も)ゴッサムシティ全部がステージの大変スケールのでかいゲームとなっております。時期設定的には今までのストーリーの一番あと、「アーカム・シティ」その後、という感じで、バットマンも今まで出てきたガジェットや戦闘テクニックを最初から全部使える大盤振る舞い。ただし犯罪者の方もバットマンがどんなことしてくるのかだいたい学習してきてるのでその辺のしのぎあいが楽しいです。
そしてタイトルにもなっている「アーカム・ナイト」。バットマンに対し異常な憎しみを向け、貴様のことは知り尽くしていると嘯く彼の正体は。


り/なるほど、「仕切り直し」という感じではなく、「上積み」なんですね?

よ/はい。実際には経験値貯めてロックを外す工程はあるのですが、そこらじゅうで暴れまわってれば自然にアンロックされちゃうのであんまり気にならない感じですね。で、今回の特徴は何といってもバットモービル。ゲーム中の半分くらいの時間バットモービル乗ってないかこれってくらいのバットモービルゲーになってます。

え/え!?今日は轢き殺してもいいのか!?

な/ああ…おかわりもいいぞ……!

い/日本の仮面ライダーのゲームと大違いだ!

よ/まあ実際には殺さないですけどね。車体に電流を流してるらしくて、バチィとかいって悪党が吹っ飛びます。

え/全速力のバットモービルで悪党を撥ねても何故か命までは奪わない絶妙なドライビングテクニック!?

あ/いやぁ………流石に死ぬと思うなぁ………(笑)

よ/銃で撃つ時も自動で鎮圧用のゴム弾に変わるから安心!戦車相手の時は容赦なくミサイル撃つけど無人戦車なので安心!横に犯罪者突っ立ってるとこで爆発しても安心!!

え/安心とは。

い/安全ミサイルみたいな日本語だ。「A国はB国の安全ミサイルにさらされているので安全だったが安全なのは嘘だったので安全ではなくなった。」

あ/いやぁ………流石に死ぬと思うなぁ………(笑)

よ/そんなわけでバットマンも鬼のように強いんですが、ゲーム難易度もその分高めな感じで、このシリーズをまったくやったことない人がいきなりこれやるとちょっと面食らうかもしれません。ていうか、終盤のボス戦は難易度イージーでやってもかなり難しいぞ。それに毎度おなじみリドラーチャレンジが「真のエンディング」を見るための条件に含まれてしまっていまして、「やりたいならやればいい」だった超めんどくさい&難しいミッションなんかが「やらなくちゃいけない」ものになってしまったのは残念。とはいえ、あいかわらずバットマン愛と情熱に満ち溢れた超すげえゲームですので、機会があったら是非プレイしてみて下さいませ。

な/じゃあ既にちらっと話題には出してる『妖怪ウォッチバスターズ』を改めて。妖怪ウォッチ2のなかで大変好評だった部分だけで一本作っちゃったって言う!!

た/バスターズ!ヒーラーとかレンジャーとかアタッカーとかなんかTRPGっぽいあれですね!


な/仲間を集ってプレイ!ってのはできてないですけど、ソロプレイしてても役割分担大事だな〜って思いますネ。当然のようにアタッカーのみだと突っ込むだけで大変なことに…!

た/1人だと、出撃キャラ4人をぐるぐる回すかんじですもんねぇ。NPCにアタッカー任せて、自分はヒーラーで回復させ続けるっていうのもよくある。

あ/なんかテイルズシリーズの戦闘みたいですな。

な/全滅するまで全滅じゃない!!っていう戦いを強いられるので、死んだ仲間を回復させてるともう一人が死んでそっちを回復させてるともう一人が死んで……というなかなか好転しない様な戦いも多くて、単純にレベル上げてればオレたちツエーってならないところがスゴイ。まぁ、そうであるが故に、強力なお友達は必須なんですけども、道行く妖怪ですらなかなか仲間にし辛い上に、ガチャ回す前にセーブされたり「本日回せるガチャ」の回数が極端に少なかったりで、ガチャも思いのほか鉄壁なので思うようにならぬ……。

い/ジリ貧だ…!

な/人間ほぼ不在、妖怪たちがメインで妖怪退治するって内容ですし、変に回りくどい展開もなくサクサク細かく遊べるのが良かったんですが、この非常に妖怪を仲間にしづらい感は……単にボクに運がないだけなのかなこれ。

た/妖怪のドロップ率(仲間になる率)は元のゲームよりシビアだよ!!

な/やっぱりか〜!あ、あとさっきも話した通り、厳密には12月頃の話になるんですが、大型追加コンテンツの「月兎組」が無料で配信されておりますな。バスターズは。

り/結構太っ腹ですよね。本編がちょいちょいバリエーション違いを発売しているイメージだっただけに、余計そう感じます。

た/いつもは追加要素の入ったゲーム売るのに今回はダウンロードで無料ってすごい!とは思った。

な/いわゆる映画との連動ありきのないようですけど、ゲーム内ゲームをソフトにしたてたってだけでなく、先々もう少し遊ばせてくれる姿勢は好感もてますよな。

り/んで、いろいろなゲーム出てたけど、結局自分がチョイスしたのは『魔壊神トリリオン』!魔界を喰らいつくそうとする魔壊神を、部下の魔王から1人選んで育成して討伐せよ! ってゲームなんだけど、トリリオンのHPはなんと1兆あるんですよ。

え/すごい 日本一ソフトウェアっぽい!!

り/コンパイルハートだけどね!!で、HPが1兆もあるから当然1人の魔王では倒しきれないので、ダメージを与えては次の魔王に思いを託して散っていく!

い/なんだか『俺の屍を越えてゆけ』っぽいなぁ!

り/そう、その指摘のとおり、どことなく『俺屍』っぽいなと思って手を出してみたんです。俺屍っぽいだけあって、「トリリオンを倒せなかった魔王」は本当に死んで二度と使えなくなるんですが、意外と「育成次第でもりもり強力になってしまう」ため、死ににくくなるんですよね。でもそうなると真エンドに必要なフラグ「魔王を全員討伐に向かわせて討死させる」が達成し辛くなるので、これが逆に難しい!!

え/なるほど、無理ゲーではなく、要微調整!

り/もちろん魔王ごとに個別エンドもあるんですけどね、やはり「真エンド」見る必要あるじゃないですか!ちなみに魔王は1匹を除いて全部女性キャラなんですが、これまた2人除いて全員主人公の血縁で、どこを切り取っても、ほぼ血縁エンドになるよ!………大丈夫なのか、これ(笑)? あ、ちなみに、唯一の「男性キャラ」はです。たかしも安心!

な/やったーーーー!2015年はほんとケモナー大勝利やーー!!

あ/酷いオチがついた!!

え/ケモノ系と言えば『ソード・ワールド2.0 RPGスタートセット』もこの月ね。ボードゲームとTRPGのハイブリッドみたいな感じで、GMがマスタースクリーンごしにシナリオを進めていく形でありながら、プレイヤーは配られたカード類などを見つつ、ダンジョンMAPのパーツを組み立てながら進んでいくという、新感覚アナログゲーム。どっちかと言うとTRPG側に寄ってるとは思うけども!

た/どっちかっていわなくてもTRPGだったと思うよコレ!

あ/今のSW2.0のデザイナーさんは旧SWのカード版を作ったこともある人なんで、こういった形に変換をするのがうまいですよね。

た/TRPG初心者にほんとやさしいですよね。ソードワールドなのに書き写す必要がないのがいい。

り/ソードワールドというとレーティング表を書き写すのがめんどくさいからなぁ。

え/そこを、初めから用意されているカード類などでフォロー!アイテム消費もカードでやりくりし、ダンジョンタイルでビジュアル的にも超解りやすくなってるっていう!ゲームに最初から用意されたシナリオをその場でプレイする、という感じならホント何の準備しなくてもアナゲ屋さんのプレイスペースでサッと集まってパッと遊べるお手軽さ。

り/カードとかになってると、「なにをしていいのかわからない」「アイテムはなにを持っていたっけ?」になりにくいのがいいですね。初心者にもベテランにもうれしい配慮。

い/うまくボードゲームに寄せてきたなーって感じ。

あ/シナリオもシンプルなショートキャンペーンで1日あれば十分プレイできる内容ですし、コレからSWの世界に入ってもっといろんな事したいとおもったらTRPG版に進むのもいいかもしれませんね。

み/SW2.0のボードゲームは追加シナリオ集を早く出して欲しいですなあ。これでもっと遊んでみたい。遊びやすいし見た目に分かりやすいし、これはいい。

よ/で、これの何がケモノ系になるんですか?

え/ああ、キャラクターもデフォで6人ほど用意されてるんですが、眼鏡枠が何故かウサギ獣人っていう、ね?

あ/しかも「ワーラビット」じゃないよ!「タビット」という名のガチラビットだよ!!

な/やったーー!完全にウサギだこれーー!!

り/ああ、小林源文先生の「キャットシットワン」みたいな。

な/待って!!(笑)

い/さてアナゲの流れが来たので『ハイテンション利休』

え/ああ、茶人・千利休に茶器を渡すと利休は喜びの余りテンションが上がり茶菓子を配り始めますが、利休のテンションに見合った茶菓子を得た者こそが真のワビサビを体現できるゲーム!

み/うん!なるほど!お前は何を言ってるんだ!?(笑)

い/「利休様に茶器を献上して茶菓子をもらおう!」ってゲーム。各プレイヤーには1〜5級の茶器が配られ、場に出した茶器の等級がもっとも高い人の物が献上されて茶菓子をもらう権利が発生、ただし場に出た最高級の茶器が複数のプレイヤーで被った場合は次点の茶器が献上される。で、茶器を献上された利休はテンションがあがるので、最終的に利休のテンションと同額の茶菓子を持っていたプレイヤーが勝ちという。つまり勝者になるには、利休のテンションをコントロールし程よい額の茶菓子を獲得して「利休のわびさびの程度を理解する」ことが必要なのです!

え/まぁつまり、「渡した茶器が利休に気に入られるかどうか」など勝敗の鍵ではなく、如何に利休コントロールを行い利休テンションを読み解くかってゲームよ!

り/「利休コントロール」という物凄いパワーワード。

た/後世の人間によもやこんな扱いを受けるとは千利休も思うまい……

え/別のゲームでは背中から機械の触手が生えてるDrオクトパスな利休とかいたりな!(触手から発射されるものは抹茶) うっかり歴史に名を残すと恐ろしいにゃー。あ、そうだ、うっかり歴史に名を残すと恐ろしいにゃーって言えば『Fate/Grand Order』ですよ!!

い/酷い思いだし方!!!!

え/チャールズ・バベッジさんの英霊としての解釈の方向性とか完全に『氷室の天地』の最強偉人募集のラインでこれには思わず笑顔。

な/映ちゃんはこれ関わってないの?

え/この放談やってる時点で微塵も関わってないからこうして話題に出せるとも言える(笑)。まぁそれはともかくFGO、ソシャゲとしては戦闘システムが「どっかで見た事あるー!」ってのじゃなくて(ここ重要)ちゃんと作ってて、TM作家陣のガチなシナリオ展開が面白すぎて、いろいろ頭かかえる部分もあるものの総じて見れば「おもしろい!」に針がふれてるなって感じのソシャゲになっちょりますな。

あ/チャールズ・バベッジさんが完全にパシフィック・リムで吹いたけど、確かにシナリオはホンマおもろいね!サブもアホなのからシリアスまでバリエーション多いし。「よーし丸太は持ったか!!」

り/ゲームに課金と言うよりは新作きのこテキストにじゃぶじゃぶ課金するゲームっていう、あってるような間違ってるような認識を持っております(笑)。

な/システムとかガチャについては結構不満が漏れ聞こえてきてたけども。

あ/うん、確かに始まった当初は結構グダグダだったけど、間違いなくシナリオは面白い!って事で、その握力だけでクリフハンガーしているうちにゲームシステムそのものの体力もなんとか付いてきて、色々改善されていって結果として今現在ゲームとして成り立ってるって感じ。個人的にありがたいのは他のソシャゲと違ってPvPやイベント中順位などの”競い合い”要素をあえて入れてないことかな。自分のペースで進められるのは気分が楽です。

よ/完璧に出遅れちゃってそろそろ始めようかなーと思ったらガチャ運が凄い求められるゲームと聞いていまだ手を出してません…

え/あー……確かにガチャで星5鯖とかかなり出にくいんですけども、星5鯖がいないからどうにもならんのかと言われればそんな事もなく。星4鯖ならイベントとかでももらえるんで、ゲーム的には星5が無いと詰むってわけでもありませんしね。

あ/ソウダネ!!○万円かけてタマモさんまったくガチャでひけなかったけどゲーム的にはまったく問題ナイデスネ!!(狂化EX)

え/アハハハ!有料ガチャで欲しいカードが出ないなんて当たり前過ぎて些細な事よ!!俺なんて無料のフレンドポイント枠で出るはずの星3ライダーさんも まったく  ひけないんだ………ぜ………(崩れ落ちる

な/ガチャは闇だな!!!!!




2015年 8月




え/いやーー、ほんと2015年の春からスパロボやっててさーーーーー! ずーっとスパロボやってるうちに、8月にはコレが出たんですよ、 『スーパーロボット大戦BX』

な/ ス パ ロ ボ じ ゃ ん ! ! ! (笑)

あ/ や っ ぱ ス パ ロ ボ じ ゃ な い か ! ! (笑)

え/2015年のゲームマネジメント狂いすぎてる俺。まぁ天獄編を10月近くまでやってたから実際プレイしたのそれ以降だったんだけどさ!!いやぁ、けど、やっぱ、携帯スパロボはいい……敵がバリエーション豊かってほんといいよね!!!いろんな敵が!!!多彩に攻めてくるよ!!!(嗚咽

り/多彩過ぎて何というか「うわー!敵がインフレを起こして、モビルスーツより強い戦車が現れたー!!」みたいな(笑)。

た/MSと対等にやりあえる「ただのヘリコプター」とかね!あのヘリ何でできてるんだろう……バキュラ?

え/ウチはいつも通り、「機動戦艦ナデシコ」が参戦している時はアマノ・ヒカルにスキルパーツ全部のっけて一人で撃墜数稼ぎまくってトップエースにしてアマノ無双やってました。満足。て言うか木連とヴェイガンの同盟軍良かったよね…。マジン!デンジン!ダナジン!!(凄い自然な混ざり方

よ/何故か完全にスルーしちゃってたんですが、ゴーグ、ライジンオー、ガリアンにマクロス30ってすごいラインナップ。今からでもやろうかな。3DS充電開始(かれこれ半年くらい放置

な/実際コレは本当にオススメできるスパロボですよ!騎士ガンダムがあんなに動くのもうなにあれ…愛しか感じない…! 背景がカードダスでピキャーってなるのなにあれ…愛しか感じない…!!

り/開発の際、騎士ガンダムを知らない人が「なんですか、この変な演出?」と聞いたら、直撃世代のスタッフが「特定の世代にはたまらないアピールだからいいんですよ!!!」とめっちゃ押したとか熱いエピソードも(笑)。

な/そう!それに騎士ガンダムのOVAに対するリスペクトというか再現がんまぁぁぁぁぁっ!!!んまぁぁぁぁっ!!!

い/OVAのシーン再現どころか、それ以上のアニメーションでぐりんぐりん動くよね!!参戦してる他のガンダムが赤と緑と青に発光する奴らなのにも、騎士ガンダム的に意味があるとかクロスオーバーも面白かった!!

あ/本当に特定世代の琴線とか涙腺を直撃してくるスパロボ!

え/今回のオリジナル主人公、完璧にスーパー系極振りというか謎の魔術ロボみたいな感じなのも良かった。て言うか完全に勇者ロボ?一人で動いてしゃべってる系ロボなのでガオガイガーの面子とゲーム始まる前から仲良しっていう(笑)。

よ/主人公ロボが適度にダサ目で好印象です。あんまり尖ったかっこよすぎるのはダメだ(偏見

い/あと期待を裏切らないブルーヴィクター! CV置鮎龍太郎のライバルロボでその姿って絶対…で、いい意味で予想を裏切らない。

り/今回の主人公ロボはタツノコ臭と言うか葦プロ臭と言うか、とにかく、ほとばしるハイセンスなダサさ! そこがいい!あとそもそも、今回のスパロボにやたら新鮮味を覚えるのって、いままでのスパロボをいい意味で裏切った展開だからなんですよ。

え/具体的に言うと?

り/例えば、今までのスパロボだと「勇気一辺倒」になりがちだったGGGのメンツが意外と冷静に状況分析している(原種編前なので)とか。

い/FINALが参戦すると勇気だけだったからなぁ(笑)。

り/ナデシコ参戦時の基本であるはずの「生き残るダイゴウジ・ガイ」が「んー? なんのことかな?」と言わんばかりに死んだ状態固定だとか、初参戦以来ほぼ皆勤賞だったSEED系が参戦してないどころか「宇宙世紀ガンダムがいるのに、逆シャアが参戦していない初めてのスパロボ」であるとことか。ユニコーンがいるだけで宇宙世紀のことを総括してる感はありますが。だから「○○が今回も参戦!」「じゃあこういう展開かな?」という予測が結構巧妙に外されてるっていう…!

え/AGEも「いきなり3部から」ってのがいい塩梅だった気がする。

り/確かに最初から……というのも捨てがたいですけど、それをやるとまた「時空を飛ぶ」ことになりますしね。またも立ちはだかるか時空振動弾!

え/もう時空振動弾はコリゴリなんじゃよーー!!(ジャンプしたところで画面停止。

な/あと、それぞれの作品の共通点をうまく繋げてると言うか、いつも以上に際立ってたと言うか…ゴーグとガリアンとか何も知らないと「そうだったのか!!」と思わず立ち上がってしまうくらいの融合!

え/ああ、かつてのテッカマンとデトネイターオーガンばりの超融合!

り/こうやってみると、本当に「コンパクトだけど、新しいことをやってやろう」という気概にあふれたスパロボなのかもしれませんね。なんだかんだで、いままでのスパロボで「お約束」だった部分をきちんと見直してシナリオを構築しているのは素晴らしいと思いますよ。

た/やっぱスパロボは携帯機版だなぁ!

り/じゃあそろそろメジャーどころのタイトルはおいといて、マイナータイトルいいですか?DL系なんですけども、何故か!今の時代に!!本当に何故か!!3DSで『ぶたさん』がこっそり復活してるんですよ!!

た/ナンデ!?ぶたさんナンデ!? ……本当になんでだ!!!!!(笑)

り/今年の「地獄の底から蘇る」枠、
『たたかえ ぶたさん』……ホントなんで?

え/またなっっっっっつかしいタイトル来たなぁ!!閉鎖空間でブタが爆弾投げ合ってライバルを爆死させる謎のブタゲー!X68000移植版をめっちゃ遊んでたよ!!で、何か変わったの?

り/いえ、ゲーム的には『ぶたさん』で、それ以上でもそれ以下でもないです。

え/変わってないのかよ!!!!(笑)

り/でも本当に凄いところは、おまけで収録されている資料集なんですよ!「戦え〜」の設定資料から旧作の資料、さらにはインストのラフ、企画書、基板構成まで収録!ゲームの企画書を直に見られる機会はそうないので、その方面の資料としても価値がある一本です!!

な/力の入れどころが解らない方向だ!(笑)

り/いや、ホントすごいよ、この充実っぷり。……と、ぶたさんの話題はここまでとして、同じく3DSのDL系タイトルで恐ろしく知名度は低いものの埋もれさせるにはあまりに惜しい、『モノカゲクエスト』というのがありまして………タイトルからわかるように、ある意味正統派なRPGなんですよ。ダンジョン奥深くに潜む「隻眼の魔道士」を討伐しようとする勇者組合の面々、その1人になってダンジョンを探索する、MMOライクなソロプレイRPG。

あ/「MMOライク」……課金するとどんどん強くなるみたいな?

り/いや、そういう方向での意味ではなくてですね(笑)、ダンジョン内に同業のNPC達が同じように冒険をしていて、時に協力して敵を攻撃したり、時にNPC同士で戦闘したり……と、
「自分以外にも勇者が存在する」というのを演出しているんですよ。

た/なるほど、疑似MMO。そのNPCと協力してダンジョンを探索するのか………でもタイトルの「モノカゲ」って何だ。魔道士の名前?

り/そう!ここでタイトルの「モノカゲ」が意味を成してくるのですよ! このゲームの主人公はその隻眼の魔道士
「目立つと死んじゃう」呪いをかけられていて、視線を集めすぎると問答無用で死んじゃうんですよ!!だから冒険はNPCの視線を逃れるように、物陰に隠れながら進めなければなりません!!そう! で、あるが故の「モノカゲ」クエスト!!

た/なんだそれーーーーー!!!(笑)

え/
あーー!あーーーーー! これもりしゅーさんにやらせてもらったやつだ! 確かあたたかい電車のなかで!

あ/今度は震えていない……だと!?

え/時にはあたたかみの中で。

り/それはともかく(笑)。実際どういったルールかと言うと、NPCの視線は光のラインで示されていて、あまり目立つ行動をすると視線ビームが集まりどんどん注目度ゲージが上がって行っちゃうんですよ!!
強力な魔法で敵をなぎ払う!! →「アイツはなんて強い奴なんだ!」 →注目が嫌でも集まる →死!
凄い性能の魔剣を装備する!! →「おいアイツすげえモン持ってるな!」 →注目が嫌でも集まる →死!
クエストをこなしまくる! →「なんて有能な奴なんだ!」 →注目が嫌でも集まる →死!
いきつけの宿屋に泊まったよ →「何度も泊まってくれる常連さんだ!」 →注目が嫌でも集まる →死!
くじびきで特等を当てたよ! →「すげえ(略)」 →注目(略) →
死!

い/何ををどうやってもすぐ死んじゃうじゃないですかヤダーーーーー!(笑)

り/そこでこのゲーム独自のシステム、
「YQC」の出番なんですよ!!

な/YQC!?

り/説明しよう! 「YQC」とは! 
「勇者をキュットチョーク」の略であり、ほかの勇者の後ろから忍び寄って首をキュッと絞めることにより強引に眠らせることができるのだ!

な/確実にダメなヤツだああああああああああ!!!!(笑)

り/もちろんYQCに失敗するとすげー注目されるので一か八かの大バクチでもあるのですが、これによってほかの勇者の視線を気にせず安全に敵と戦ったり、宝箱を開けたりできるようになるのですよ。まぁこの放談やってる今現在はまだ序盤なのでゲームを進めていけばもっともっとネタがでてくるんだろうなぁ、と思いつつ、クリアに向けて邁進していきたい……こうやって同時にいくつもプレイしているから、クリアまでに時間がかかるんだな(笑)。

え/やっぱDL系タイトルはシンプルながらもアイデアが秀でたゲーム出てるなぁ……。

り/そしてもう1本、個人的には8月タイトルで一番、いや2015年の発売ソフトのなかでも推しておきたい「いろんな意味で」問題作なマイナータイトル、
『Until Dawn−惨劇の山荘−』というゲームがありまして!!「日本語版はゴアシーンが真っ黒になる」ことで一部の人々の間で話題になったりもしたんですが!!

え/あーーー!オススメされたもののPS4だからこの時期まだできなかったという!バタフライエフェクトシステム!別名「殺人ピタゴラスイッチ」を搭載してるアドベンチャー!

り/大層な名称ついてますけど、実際は単なるフラグ立てですよ?(笑)

え/そうなの!?

り/「風が吹くと桶屋が儲かる」感は薄いです。それはともかくとしてこのゲームはですね、楽しい冬の休暇を仲良しの10人で過ごしているはずだったのに、あることをきっかけに双子の姉妹が雪山で行方不明になってしまうんですよ。その1年後、残された8人は双子の兄の呼びかけで再び事件が起きた山荘へと足を運ぶことになるんですが、そこで起きる怪事件の数々……そして暗躍する正体不明の怪人…8人は生きて朝を迎えられるか!? っていう内容のアドベンチャーです。

え/なるほど!妹達の仇をとるためにアニキが出て殺す!!

な/ぱっと聞くとそれこそ「かまいたちの夜」みたいなものなのかなって思うけど、もっと綿密なものを感じるなー。

あ/解った!『雨格子の館』みたいな!?次々起こる殺人事件に対し、先手を打ってアイテムを消したり使用不能にする事で…みたいな感じでピタゴラ装置の起動を阻止するみたいな!?

り/……うん、うん。基本ストーリーや「バタフライエフェクトシステム」とかだけ聞くと、ミステリーやサスペンスだと思うでしょ?推理ゲームだと思うでしょ?
ところが残念、ガチでオカルトゲーでしたァ−!!

え/えっ!?妹の霊が出て殺す!?

あ/サスペンスかと思ったらガチオカルトだった……なんかあれだ、『雨格子の館』じゃなくて、映画の『フォーガットン』じゃないですかヤダーーー!!(笑)

え/サスペンスかと思ったらガチで宇宙人の仕業でしたァーーーーー!!(空へスッ飛ばされながら

り/本当に たぶん それが 一番 近い。もうね、これ以上書くとネタバレになるし、一度ネタが割れると面白くなくなっちゃうゲームなので真相は書きませんけど、ドキドキハラハラしながら「誰が犯人なんだろう……」と推理していたのはいったいなんだったんだろう? と思ってしまうほど衝撃のラストなんですよ……

え/「実はオカルトでした!!」までは明記していいところなのね?

り/うん「オカルトでした!」まではOK。放談メンバーのPS4持ってる人全員にプレイしてほしい。そしてあんぐりしてほしい。「なんだこれー? なんだこれーー!?」と頭を抱えて欲しい!!

み/あんぐりってなんだ、サイレント・ヒルのUFOエンドみたいな物なのか(笑)。

い/ではそろそろソシャゲ・アプリゲー系の話題へ。まずは『なないろランガールズ』が出てますね。「ゲーム内期間で2ヶ月の間に女の子をトレーニングしてレースに勝とう!」っていうアプリゲーには珍しいガチの育成SLG。もちろんガチャやプレイヤーランキング的な要素もあるんだけど、メインは育成パートで、1周2ヶ月のトレーニングを終えると到達したレースのランクによって次の周回の能力にボーナスがついたり、基本能力値が上昇するので、育成を繰り返していくと段々強くなっていけるんですよ。

り/ああ!なんか微妙に怖い顔のゆるキャラ(?)がいるゲーム!

た/かんなさんの着ぐるみで有名な!

い/そっち方向でしか有名でないの!?(笑) いや確かにマチアソビで徳島市内練り歩きつつなないろランウォーター配ってたけども!

た/ゲーム的には大運動会ってかんじなのかな?

い/めっちゃ陸上レースですよ。500〜2000mくらいのコースをひたすら走ります。育成パートは行動力系の制限なしにずーっと遊べるので、育成系のコンシューマゲーム好きな人にはオススメですよー。

え/アプリゲーならSEGAから『戦の海賊』出てるね。 海賊ものという事で海戦を繰り広げるゲームなんですが、まずラムでバーン!とぶつかって、船員が乗り込んでいって、そして乱戦しながら砲撃もぶちかますっていう「ああ、海賊の海戦だなぁ」ってのが新規の戦闘システムで見事に再現されてましたな。そう、新規ってだいじ!さっきも言ったけど!!

み/「タイトルは違うけどもコレ中身はアレだ!」ってパターン、よくあるからね。

え/それがソシャゲ・アプリゲー系の特徴でありまったくもってよくある話だから別にいいんだけども、であるからこそ「新規のシステムひっさげて登場!しかもそれが成功してる!」となると、断然評価ポイント高まってくる訳で!

い/特にSEGAはチェンクロでバッチリと成功してる事に慢心せず、また別の戦闘システムのソシャゲをしっかり作ってきたね。戦闘もチビキャラがぽこじゃかしてる割に解り易くてサクサク遊べるのがいいですな。

え/キャラ立ちもシナリオ展開も特に非の打ち所無いですし、海戦も倍速モード・オートモードありでとにかくストレスフリーだしで素晴らしい。

あ/じゃあこの放談やってる今現在も絶賛プレイ中だったり?

え/あ……いや、ごめん……ソシャゲ系一時期7本ぐらい同時進行やってて、そのあおりを受けて途中で止めざるをえなかった……でもログインボーナスはプレイ開始時から欠かしてないよ!

り/「ログインボーナスだけでもとっておこう」と思えるってのは、引きがあるってことですしね。

い/あー、正月のログボもらってるなら、結構ガチャチケもらってるんじゃない?

え/もらってるねぇ。けど、なんか新しい眼鏡ッ娘キャラがきたら回しまくろうと思って温存してる。

い/え!?来てるよ!?年末年始に追加されたキャラがデカイ獣眼鏡っ娘青髪で!

な/えっ!?蒼髪獣人眼鏡ッ娘!!!!!????????

り/メガネでケモで蒼髪ですって!!??

あ/何なのその放談面子狙い撃ち過ぎる新キャラ!?

え/わぁっ!!だからセガのゲームはだからどこよりも優秀で完全で愛と真実に満ちているのね!!

み/MEGANEですね!?

な/KEMONOですよ!!

り/このいやしんぼどもめ!

い/ちょ!ちげぇ!!ちげぇよ!!(笑) ☆5がでかい獣、☆4が眼鏡、☆3が青髪の3人だよ!!どんな悪魔合体だよ!!

た/ばらばらだった!

な/おのれ…完全体が生まれたと思ったのに…!

り/やはりそれはオークが仕掛けた周到な罠だったか……!

い/たぶんその完全体は生まれてきても途中で各アイデンティティが齟齬を生み始めて意味を瓦解させ自ら分解していく哀しい定めの生命体だからな!!

み/そこ  まで

え/まあバラバラでも3人追加で「眼鏡ッ娘」「蒼髪」「ケモナー」ってほんと狙撃されてるとしか思えんというかやはりセガのゲームはだからどこよりも優秀で完全で愛と真実に満ちている。

あ/はい、SEGA様のゲームを遊べる我々は疑う事なく幸福です!

え/そして今この放談やりながらセンノカにログインしてそのガチャひいてみたら、 一 発 で 眼 鏡 ッ 娘 ひ き あ て た わ。

い/ぼふゥ!?(盛大に吹く

た/なんだよその引き!豪運かよ!!

え/真に豪運ならデレステでSR上条さんひけてるっていうかFGOで星3ライダーさん引き当ててるよ!!(涙

あ/やはりSEGA様のゲームを遊ぶ効能は、幸福なのだなぁ…

え/まぁそれはそれとして!ちゃんと放談に戻って次のゲーム、『ドミネーションズ』!「シヴィライゼーション」作った開発者ブライアン・レイノルズ氏とティム・トレイン氏によるソシャゲだよ!!と聞いて思わずプレイ。いわゆる自分の国を作って、他人に攻められたり攻めたりしつつのクラッシュオブクラン系?ゲームなんですが確かによくできてる。かなり楽しい。流石CiV。今でも結構やり続けております。

い/なんか磨伸さんが異国情緒溢れる日本が作ってた気がする。外国製ゲームでお馴染みの「微妙に日本じゃない日本」描写!

え/このゲームは割とまともな方だと思うけどな!!織田信長も本家CiVみたいに刀3本装備して「ワンピースかよ!」みたいな容姿になってないし!!

あ/変な日本であるほうが、海外でのウケもいいからなぁ……

え/ああそうそう、海外と言えばアナゲだけど『ウィッチ・トライアル 魔女裁判』もこの月か。植民地時代の米国を舞台にした裁判…を題材としたゲーム!

よ/どんどん無実を勝ち取っていく逆転的な裁判のゲームですか?

え/いえ、弁護士になって裁判を争っていくとこまでは一緒なんだけども、「悪を裁いて正義を成そうぜ!」とか「冤罪を晴らして無実の人を弁護しよう!」とかじゃなくて、「どうでもいい罪でとにかく裁判をでっちあげて弁護士料ふんだくろうぜ!」とか「弱みにつけこんで示談金をGETだぜ!」とか「この裁判お金にならないから超どうでもいい!!」みたいな、如何に裁判でお金を稼ぐか?に重点をおいた悪党のゲームですよ!

な/どうしてアナログゲームって毎回そんなひねくれた題材ばっかなのおおおおおおおおお!!!???

た/アナログゲーム全般がって事じゃなくて磨伸さんがそーゆーゲームばっかやってるってだけだよ!!(笑)

え/「あの女性は街中でふともも見せてたから魔女だよ!だから魔女裁判にかけたいんだけども、この件無かった事にするなら示談金はこれぐらいで!お互いワルよのォ!ゲヒヒヒヒ!!」みたいな、ゆかいなゲーム!

い/何処にゆかいさがあるんだ!(笑)

え/ちなみにアナゲはこの月だとお城作りがテーマの『ノイシュヴァンシュタイン城』もかなり面白かったし、『アルスラーン戦記 ボードゲーム 盤上演義』も「メディアミックスのコンテンツとしてアナログゲームを!」という選択肢が最近リアルにアリになってきたんだなって感じで興味深かったんですが、まぁあれだ、この月はまさかの復活『俺のケツをなめろ!』ですよ!!

り/20年ぶりの復活!? 「地獄の底から蘇る」枠がアナログゲーム話題でも出てくるだとか!! なに? 8月だからお盆で戻ってきたの!? 地獄の釜の蓋が開いたの!?

た/小林源文先生のマンガのアレ?

え/マンガのアレ。プレイヤーはドイツ軍となってロスケに包囲されてる友軍を助けないといけないんだけども、目の前に立ちはだかるはスターリン戦車!そして友軍も本当に”友軍”だとは限らない!更には周囲のドイツ軍だって、協力してくれる訳もなく!果たして誰が一番「助ける価値のある友軍」を救い出せるのか、ロスケを蹂躙できるのか!?……というWW2の独ソ戦を楽しめます。カードで。

あ/基本、足の引っ張り合いだよね(笑)!調子よくロスケの弱いところを進軍しようと思ったら横合いから「総統命令」のカードを出されて、ヒゲの伍長の無茶な指令で無理矢理スターリン戦車のいる戦線へ移動させられて悲鳴を上げたりな!

え/正になさけむようフォイアー! あ、ゲンブン先生の漫画が原作なので、漫画内のいろんな名言がそのままカード化されてるよ!「くたばれイワン!」とか「情け無用フォイアー!」とか。そして横合いからの各種嫌がらせカードを全て無効化する最強のカード、「バカモン!俺のケツをなめろ!!」

な/まさにそこでタイトルにつながるのかー。

い/『タンクハンター』といい、アナゲリバイバルの波も来てますなぁ…………さて、じゃあアナゲ話題も一段落ついたところで、そろそろ8月一番のダークホースタイトル、行きますか!!

あ/え!?何かあったっけ!?

な/知らない!

え/2015年はほんとみんな何らかの大型タイトルにプレイ時間をとられてたから他の有名タイトルあってもなかなか………

い/それがこの!!『オクトダッド 〜タコと呼ばないで〜』!!

/知らねえええええええええええええ!!??

り/ああ!ああ!!2015年最大の問題作「だと思われていた」タコのゲーム!

た/タコのゲーム?

い/このゲームはね!タコが!人間なんですよ!!

あ/解んねぇ!

い/タコが!
     陸上で!
        クネクネ動く!

  
説明ッ!

あ/ビシバシチャンプみたいに言われても解んねぇよ!!(笑)

い/このゲーム、プレイヤーが操るのはタコの親父なんですが、人間の女性に恋をして、だから人間のフリをして地上に出て来て、そしてまんまと結婚して子供も作っちゃうんですよ。タコだとばれないままに。ですが陸上に適応していない軟体動物の悲しいところ、どうしてもぐにゃぐにゃしてしまいます。なので人間の四肢に当たる足を別々のボタンで操作して、なんとかタコだとばれないように行動しましょう!っていう、操作感だけなら『リモートコントロールダンディ』みたいな作品でして!!

み/ウン!何処からつっこみはじめればいいのかなコレ!!

あ/でも人間と結婚して人間の子供作ってるのなら、結構完璧な変装とかしているのでは……

い/まぁ言葉で説明しても解らないだろうから、適当にプレイ動画を実際見てみなされ……


(ググって出て来たPVやプレイ動画を皆で鑑賞)


あ/……頭部がタコのままじゃないかコレ!!!!!!!!

え/手とか思い切り吸盤のままじゃないか!!うん、ゲーム画面見たらまずもって人間に化ける気ゼロだよねこのタコ!!!????(笑)

な/足の一本一本を各種ボタンで操作してるからか、完全に人間の関節を無視したマリオネットめいた動きで地面蠢いてるんですけども、これでバレてないとかウソでしょぉ?!(笑)

よ/机の上のコーヒーポット掴もうとするだけで周りのもの全部床にぶちまけたりスーパーの中歩こうとして陳列してあるもの全部ひっくり返したりしてプレイヤーがまじめに操作しようとすればするほど大惨事になるみたいな。

い/しかもこのゲーム、多人数プレイにも対応してて、各自が各足を担当する事によってより大惨じ……じゃない、巧みなプレイもできるんだ!!

た/うん、絶対それ、より一層ロクな事にならないよね!!

え/これ操作感、『リモートコントロールダンディ』ってよりは、「新・3大すぐに死んじゃうゲーム」の一つとして紹介された超絶陸上競技ゲーム『QWOP』だよね……

り/うん、ハイクォリティな『QWOP』ですよコレ………

あ/て言うかここまで露骨にタコである主人公を人間だと認識して結婚してる奥さんはどんだけSAN値削れまくってるの……

い/あ、結婚式を挙げる教会のステンドグラスがどう見てもルルイエで寝てるアレだったりします。

あ/やっぱ眷属じゃねぇか!!(笑)

え/旧支配者じゃねーか!!!(笑)

な/ねぇ………ちょっとこのゲームの評価とか今ググってみたら、「シナリオは感動的」「泣ける」「神シナリオ」とか絶賛されているんですけども……(震

み/なん……だと……!?

い/ちなみに「なにこの狂った洋ゲー……」って流れは、年末まで続くんじゃよ……(伏線




2015年 9月




み/よーし!この月まできてようやく「GE2RBやってました」以外の切り出し方ができるようになるぞ!『METAL GEAR SOLID V: THE PHANTOM PAIN』やってました!

り/限定版のPS4本体に入ってる英字のスペルが間違っているアレだ!

い/授賞式に監督を呼ばなくて外人に「○○○○コナミ!」とか言われてたアレだ!

え/コナミと小島監督がめっちゃもめてた頃に何か凄いタイミングでコナミのビルが火事になって「やったなスネーク!!」とかみんな言ってたアレだ!!

あ/やめたげてよォ!!

え/ゲーム以外の部分で変に話題になった本作だけども、でもゲームそのものの面白さもまたしっかりとしたものだったと聞いて。

み/限定版本体セットで買った甲斐あるぐらい面白かったよ!今作はオープンワールドでスニーキング!刻一刻と変わる天候や時間を武器に、ミッションをこなせ!敵兵士を無力化、回収して自軍を強化しろ!そして、復讐を果たせ!!…ってゲームなんですけどね。いやあ、非常によく出来てる。よく出来てるんだ。うん。オープンワールドなんだけど、基本的にミッション制なので、同じミッションを繰り返すことも可能で、それで自軍を強化することもできるし、アイテム回収もできる。

り/お、高評価。

み/………が、ミッション制のためか、単に作戦地域が広いだけ…って印象を受けたりもする。

り/あ、急転直下(笑)。

み/いやぁ、広大なマップを歩いても、居るのは結局敵と原生生物だけなので、敵は倒す、回収する。原生生物は、やっぱり回収する。それしかすることがないといえば、ないんだよなあ………。そして散々話題に上がったストーリーだ。もうみなさんご存知かとも思うけれど、今作のお話としては完結していない。完結していないんだけど、まだプレイできるのが何とも切ないのね…。「恐らくもうこのTPPのストーリーの完結は望み薄だろうけれども、だけども、なんとか終わらせてくれないかなあ…」なんてほんのり思いつつ、残った未クリアのミッションをこなすのが、これがなんと切ないことか…。

あ/あー、第二章の途中で終わるけども、内部データを見てみたら第三章まであるらしいみたいな話は聞いた。

み/「これ明らかに完全にTPPのお話が終わってスタッフロールが流れてから、最後の最後に入るエピローグになるミッションよね?」っていうのが唐突に入って終わるんだな。だからTPPのお話は終わってないんだけど、ちゃんとゲームは完結してる。変な表現だけど。

り/それはそれですげーモヤモヤするね!

い/本来作りたかったものに対して実際できたものが全然違うじゃん!みたいな話だけども、超大作に会社がどれだけお金突っ込んでどれだけ待てるか、ってギリギリのラインだったみたいですしねぇ。

あ/これだけの年数とお金をかけて実際できたものと収益を見て、一方でソシャゲ系が叩き出すコスパと収益を見たら、そりゃあコナミ本社が「ちょっと小島監督!!??」ってなるのも解らなくはない。

り/90年代に持ち上げられたカリスマクリエイターは、この辺ちょっとどんぶり勘定なところがありますよね。納得のいくまで作りこんで完成度の高いものを生み出すのは大事だけど、会社としては予算と時間は有限。

え/SEGAの「フェラーリ買っちゃった!」とか今にして思うとかわいいもんだな!!!!みたいな(笑)。

い/今は品質を上げようと思ったら天井なしにあげられてしまうから、どこで妥協するかが難しいんでしょうね。

み/新生コジプロでは、もっとコンパクトなゲームを短いスパンで出してもらえると嬉しいな。多分それがプレイヤーもスポンサーも喜ぶと思うの。

な/ポリスノーツやらスナッチャーみたいのを今だからのなにかで新しいものとして作って欲しいし…なんも小島監督の力はメタルギアだけじゃないってのはわりとわかってる部分ですし。

え/アヌビスとか!

い/ボクらの太陽とか!

み/まあ何にせよ、よく出来てるのは間違いないんですよ。それだけにおそろしく残念な気持ちになれますが、まあ、覚悟ができたらプレイするよろし。泣いても笑っても、小島監督のメタルギアはきっと、これで最後だ…。

な/そういえばアニメは見てるんですが、『うたわれるもの 偽りの仮面』は誰かやりました?偽りの仮面も実は3部作で、今回のはあくまで「つづく」って聞いたけれど。

り/今年は本当そんな感じでコンシューマは「極端に長い」か「スパッと終われるか」の2極端になってた感じですね。『スーパーマリオメーカー』なんかは後者にあたるかな?

よ/そういえば一時期ニコニコ動画のランキングがマリオメーカーで埋め尽くされてましたね。

り/ええ。スーパーマリオシリーズ生誕30周年記念ソフトとして「マリオペイントの感覚で自分だけのマリオコースを作ろう!」というファン待望のアイテムで、「こんなコースが遊んでみたい!」とか「とにかく難易度が高いコースを作ってやれ!」とかいろいろできるんですが、発売直後はニコニコ動画で大人気だった「全自動マリオ」が大流行して、それの動画がニコニコ動画のランキングを埋め尽くしてしまったという(笑)。

え/ただその自作コースをアップロードしようと思ったら、「ちゃんと自分でクリアできた面じゃないとアップロードできないからな!責任は持てよ!!」っていうルールが搭載されていて、秀逸だなぁというか「もっともな措置だ!!」とひたすらに納得したというか(笑)。

り/そうそう(笑)。これ本当に「ツール」としてよくできてるんですよ。そして発売されているマリオのコースの「完成度」をあらためて思い知らされるという……!!

よ/酷いのはひたすらに難しかったり。

あ/アップロードされたとはいえ「こんなのクリアできるかアホー!」と叫びたくなる意地悪なコースも多かったよね、画面外ドッスンとか。

よ/最近の人は難しいゲーム嫌いな傾向にあるって勝手に思ってたんですが、意外とそうでもないのかなと思いました。いや自分で難しいの作る分にはいいってことなのかな?

り/難しいコースを用意されるのは嫌だけど、難しいコースを用意するのはいいんじゃないかな?「どうだ、やってみろ(ドヤァ)」ってな感じで。でも明らかにクリアが無理そうなコースだと「作者だけが知る抜け道」があったりするので、それを探すのも逆にちょっと楽しい。

い/すごく作りこんでプレイを見てて面白いコースだと、R−TYPEの巨大戦艦をマリオのコースとルールで再現したのがあってすごいなーとか思ってた。

あ/あー、アレ!凄かったね!!本当に完璧にマリオでR−TYPEやってた!!

え/あの手の題材は職人の腕の見せ所だからなぁ。あ、そうだりしゅーさん、ファルコムの『東亰ザナドゥ』やってたよね?爆音に定評のある東京の立川市で無双するゲー。

た/「爆音に定評のある」でいいのか立川市(笑)!?

え/結局何がどう「ザナドゥ」だったの!?ファイヤークリスタルとブラックオニキス無双だったの!?

り/『東亰ザナドゥ』ね!東亰ザナドゥは3周ぐらいしたけど、どの辺が「ザナドゥ」なのか まったく わから ない 。

え/おおおおい!!!!???

り/いや、一応ゲーム中にキーワードとして出てくるんですが、ほぼそれだけ。

み/二段ジャンプしないと進めないとかカルマがどうとかモンスター倒すのは計画的にとかそんなことはないの!?

り/二段ジャンプしないと進めないはあるけど、モンスターを計画的に倒すとかそういうのはない!

あ/アワーグラス!アワーグラスはどこだ!

り/そういう細かいファルコムネタはもうゴーファイ!に任せるしかないんですよ!!

え/やっぱゴーファイ!なのか!!

り/というか、このゲームは「ザナドゥ」って言ってるけど実質「軌跡シリーズ」だからね!? UIとかやりこみ要素とか、まんま「軌跡シリーズ」ですよ!? もしかしたら、軌跡シリーズの開発中に偶然生まれたアクションRPG要素を独立させて製品化させたのかもしれないってぐらい!(笑)

い/じゃあ逆を言えばゲームとしての面白さはその時点でもう安定してる、とも言えるね。

り/うん、きっちり安定して面白い。そうじゃなかったら3周もしていないし。

あ/安心の作りか−。ファルコムが「現代劇」をやるという時点で珍しいし、やってみるのもいいかもですね。

り/あ、あとこの手の「幼馴染と謎の転校生のダブルヒロイン」モノにしては珍しく、最後まで幼馴染のターンです! ゴーファイ化すると、幼馴染は大変なことになりそうだけどね!

い/うん、俺は後輩の子一択だなー、声かくましだし。

り/蒼髪系ですしね! あ、ちなみにDL系でもなかなかオススメのタイトル、『EARTH WARS』がPS4で出てますよ。現行兵器が一切通用しない謎の生命体「E.B.E」の来襲で滅亡の危機に瀕した人類、しかし人類は希望を失っていなかった!E.B.Eの体組織と金属を融合させた生体武器を体に組み込んだ超人兵士によって北米大陸から逆襲を開始!地球を取り戻す戦いが始まるのだ!……と、なんとなくB級SFっぽさ漂う設定ですが、これがまたいい横スクロール2Dアクションなんですよ!

い/なんとなくヴァニラウェアの香りがする見た目のゲーム。

り/せまりくる敵を、片手剣やマシンガン、ボウガンなんかで迎え撃つんですが、効果音も相まって「がっしんがっしん殴っている」感じがするんですよ。分類的には一応ハクスラ系なのかな? 敵がドロップしたアイテムから武器を生成して、さらに強化して敵に立ち向かう……が基本サイクルなんですが、ステージクリアするごとに発生するイベントが、また不穏な空気が漂ってまして……人類が勝利をもぎ取るたび、段々と人間性を失っていく超人兵士たち……勝利の果てに待つものは!?

い/身体を機械化していくから人間性を失っていくとかそんな感じ?

り/そこは君の眼で確かみてみろ!

あ/うん。こーゆーのすごく好きだわ。こういったガッツリとしたアクションを作ってくれるメーカーがあるのはホンマありがたいことです。会社は何処になるんですか?

り/えーと、開発会社さんの名前は、「ワンオアエイト」です。

え/「ワンオアエイト」………一か八か、か…

な/なんで最初から一か八かなの!?(笑)

り/でも間違いなくいい会社ですよ。だってこのゲーム内で超人兵士の基本システムを開発した博士を巨乳眼鏡にしたんですよ。巨乳眼鏡にしたんですよ(大事なことなので以下略

え/なるほど、どんな時でも眼鏡は大事だ。マグナ・カルタにもそう書いてある。

た/適当な事を言うなぁ

り/ちなみに、超人兵士(正確には特殊強化兵か)が最初に作成できるアイテムのなかにもしっかり眼鏡が用意されています。

み/眼鏡に優しい!

え/なるほど、どんな時でも眼鏡は大事だ。大宝律令にもそう書いてある。

あ/話がズレ始めたところで終了!そしてこの月の自分、「テーブルトークRPGは『ガーデンオーダー』をやってるよ! 今のジョブはソードブレイカー!」

い/あ、F.E.A.Rの「ガーデンオーダー」。

あ/謎の敵ネフィリムに対抗できる能力をもったオーダーとなって戦うという現代異能系TRPGなんだけど、近年の作品にしては珍しく100%ロール判定してるんですよね。

り/最近は100%ロール判定どころか10面ダイスを使うことすら珍しいと聞きますが、これは思い切りましたね。

い/10面ダイスは正多面体ダイスじゃないので嫌う人いますからなー、まぁ20面ダイス振れって話なんですが。

あ/今まではプレイしやすさ優先で6面ダイスがメインのシステムが多かったんですけど、近年はニコニコするところでの某SAN値直葬作品で100%ロール判定の認知度が高まってる…と言うことで採用したそうで。

た/ニコニコでのTRPG認知度拡大のおかげかー

あ/システムの方もF.E.A.R系の流れをくんだモノですが、ダメージ判定周りもちょっと変わってて、ダメージの数値を負傷表に照らし合わせて最終的な損害を決めるんですよ。その負傷表もダメージ属性に合わせて「大やけどを負う」や「ショックにより心停止」など結構表現が生々しい。

り/「全身の骨がばらばらになる。へらで引き延ばすのは簡単なこと」でおなじみの痛打表!?

あ/また解り難いネタを(笑)!!ともあれ、ルールブックも前半はリプレイ、後半がルールという形式ですから、どんな風にプレイするのかというお手本もあるのでプレイイメージも掴みやすいからオススメですぜー!といってしめる。他、アナログ系は?

え/そうね、パッと見は『カタン』っぽいし、実際領地から資材を集めて成り上がっていく系のゲームなんだけども、カタンとの大きな違いは「騎士を派兵して相手の村を焼く事ができる」という『バロニィ』がすっごいシンプルにして面白いボードゲームでしたな。

い/これから毎日村を焼こうぜ!!

よ/これ磨伸さんにクリスマスプレゼントとして買ってもらったなぁ。「じゃあ試しにやってみますか」で連続でドンケツ食らってたいへんくやしい思いをしました。次やるときはもう少し健闘したい(勝てる気はしていない)


え/カードとか使わないからカード運に左右される事もなく、カタンみたく交渉で云々みたいな要素もないから話術でどうこうって事もなく、純粋にコマをどう配置し、どう進め、どう防御してどう攻めるのかというストラテジーがお手軽に楽しめる一品ですよ!それからあとはファックスで殴り殺す系ゲームの新作、『キャット&チョコレート/冠婚葬祭編』もこの月だったか。

あ/いつもの「巻き起こるトラブルを手札の3枚のアイテムカードを使ってクリアしろ!」という即興三題噺ゲームなのは変わらないんだけども、テーマが「冠婚葬祭」になった瞬間結構難易度跳ね上がってるよねコレ(笑)。『霊柩車が来ない!』とか『お経が下手!』とか『棺桶が燃えない』とか本当にどうしろっていうんだ……

な/またひっっどいゲームになってそうだなぁ!!(笑)

え/酷いと言えば 『ピンクストーリーズ』、いやこのゲームそのものは別に酷くも何ともないんだけども!

い/「うみがめのスープ」みたいなゲームでしたっけ?

え/それ。物語性のある「結末」だけ提示されるから、「では何故その結末に至ったのか」を皆で推理していく話術のゲーム。文字通りオチが全てブラック気味な「ブラックストーリーズ」が先に出て、この月にオチが基本おんなのこ向けであるファンシーな「ピンクストーリーズ」が出たんですが、まぁ、わがままファッションで女子力を養った俺達ならおんなのこ向けのファンシーストーリー攻略なんてベイビーサブミッションすぎてな!!
『お姫様が海に足をつけて泣いてるんだけども、一体何故だろう?』
『解った!!そのお姫様は「お姫様に見える触手の先端」であり、海につかって見えない部分は深海の神につながってるんだよ!それで近付いた人間を喰う!!』
『おんなのこ向けって言ってんだろ!!!!!』

そんなプレイ環境。


た/なるほど、ゲームがじゃなくて、プレイヤーがひどい!

な/おんなのこ向けゲームで触手とか言い出す男子って……

あ/おとこのこ向けゲームもあったよね、あの物凄い頭の悪さ(褒め言葉)のゲーム!!

え/ 『ケンブルカスケード』か!?いやぁ、コンセプトからして凄いよね!!アナログで シューティングゲームを やっちゃいます!!

な/アナログでやる意味あるの!?(笑)

い/
デジタルでやれ!!(笑)

り/パーティジョイの「グラディウス」「ツインビー」辺りを思い出すなぁ(笑)

え/如何にもファミコンかMSX2かみたいな画像のカードやデッキを整えつつ、宇宙戦闘機で飛来してくる隕石を避け、敵を撃破し、スクロールした先にひかえる巨大ボスを撃破せよ!ってゲームなんですけど…

よ/スクロール?アナログでスクロールって、文字通り巻物みたいな…?

え/あ、いえ、MSXなんかのガクガクスクロールを思いだして頂ければ。宇宙空間を示すスレートを人力でとっかえひっかえ手動スクロールする事によってアナログSTGを成立させて……

な/だからアナログでやる意味あるの!?(笑)

い/デジタルでやれ!!(笑)

あ/パッケージや説明書も往年のゲームっぽく作ってるし、非電源スペースシューティングゲームを成立させよう!っていう試みも面白いし、何というか盛大に無駄な馬鹿ゲー(褒め言葉)だよね!!

え/まぁ心底無駄な馬鹿ゲー(褒め言葉)だね!!

み/なんだかなぁ………まぁ、あとは、この月語らないといけないタイトル、あれがありますな。みんなでシャンシャンしようぜ!!『アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ』のお時間だァーーー!!

え/上条さんちょうかわいい!!!!SRひけてないけど!!(吐血

あ/高森さんちょうかわいい!!!!SRひけてないけど!!(吐血

な/
ガチャは闇だな!!

あ/いやSSR蘭子とかひけてるんですけどね……何故か3枚も。俺のガチャはSSRと言えばルァンコ。何故だ。

え/ウチもSSRきらりんやSSRちゃんみおさんは引けてるんですけどね………2人とも俺のトップランク裸眼アイドルだからかなり大満足だけども。

た/裸眼アイドルを愛でる磨伸さん……また疑似体液吹き出すはめに!?

え/いや俺だって上田しゃん・きらり・ちゃんみお・ニナチャン辺り普通に好きキャラだよ!?

み/そんな事よりナターリアさんに声は…いつ付くんですか…。

な/おぐやまさんだって………

り/これもしかしてキャラ語りに入ると終わらないんじゃ……ゲーム!ゲームの話を!!

え/そうね。まぁ本当、「基本プレイ無料」のソシャゲ・アプリゲと言えばちょっと前までボタンをぽちぽち押してバーが伸びてくのを見守るだけの「ポチポチゲー」が多かった中、遂に、ここまで、もうこれVitaで普通にフルプライスで出していいよね!? みたいなクオリティのが無料になっちゃうかーーーーーー!!と 結構デカルチャーだったよね。

あ/アニメと同じ声優さんたちがフルボイスでシナリオモードでしゃべってたり(全部が全部ではない)、3Dポリゴンモデルがしっかり可愛くてよく動いて綺麗で、もう何もかもが「基本無料」でやっていいクオリティ越えてはるよ…!

り/ただこうなると「基本無料」のクオリティラインが俄然高くなって、「安く・早く・少人数で製作できてがっちり儲けられる!」というソシャゲの利点を自らブン投げて恐竜化の時代に突入しちゃったなぁという感はありますが。デレステは音ゲーとしても普通に一般コンシューマーレベルですよ…。

あ/作り方というか見せ方も上手いんですよね。歌のポリゴンモデルなんだけど、よく見たら全員最初に立ってる所から動いてないのに、振り付けとカメラアングルでそういったことに気づかせない工夫とか凄い巧妙。

え/しかも音ゲーとしても「タイミングを自分自身に最適化させる」機能があるから、「音ゲー苦手!」って人にもしっくりくるように調整できるっていう。ガチャも「狙ってるものは来ない」ってだけで、SR排出量とかSSRの出現率とかもそんなに極悪じゃないって体感。ほんと狙ってるのが来ないってだけで。

あ/あと揺れるよね!アンドロイドだと!!胸が!胸がめっちゃ揺れる! iOSだとガッチリ固定されてるけどな!!

り/さすが性表現に厳しいiOS。

え/FGOの経験値先生のキャラですら全裸NGだしな!!(笑)

な/そんなフルプライスでもいいクオリティのゲームを無料開放………いったい収益はなにで稼いでるの?!

え/そりゃガチャでしょ。排出量悪くないとは言え、皆普通に回しまくってるし。なんかいろんなソシャゲの課金率一覧みたいなグラフがあって、他のゲームはそれぞれ山あり谷ありでちゃんとした折れ線グラフを作ってるのにデレステだけはなんか  線が  垂直で……『何…これ……ウォールローゼ……?』みたいな、そんな無茶苦茶な課金率。

た/そりゃあCMで中居くん使えるよっていう!!(笑)

り/その結果、この短期間のうちにまさかリアル超S級アイドルをCM起用できるまでに成長するとは……恐ろしい子!

え/もうデレステやってるトコを一般人に問われても「これ?SMAPのゲームやってるんですよ!!」とか堂々言えるし、「ご存知無いんですか!?中居くんのゲームですよ!!」とか言えちゃう。つよい。

み/あのCMで歌った「おねがい!シンデレラ」が数年ぶりの中居くんソロ曲って、マジ?

あ/マジ。

た/70超えてるうちの母親がCM流れ出して「おーねがいーしんでれらー」って歌いだした時には戦慄を覚えました。ジャニーズの知名度やっぱすげえ。

え/俺達がモバマスに粛々と課金してきたおかねが神アニメを作り、DeNAで外人補強につながり、ハイクオリティな音ゲー無料開放につながり、中居くんソロにつながる。課金バタフライエフェクト!

な/課金ピタゴラスイッチと言った方が正しいんじゃないかなぁ(笑)




2015年 10月




え/いやーー、ほんと2015年の春からスパロボやっててさーーーーー! ずーっとスパロボやってるうちに9月末でようやくクリアできまして!!

い/やっとか!!

あ/おめでとう!おめでとう!!

え/で、「よっしゃスパロボ終わったーーー!やっと終わったーーーーーー!!」と思ったら、 この月からアプリゲーの形で配信開始!!『スーパーロボット大戦X-Ω』!!!!!!!

あ/  ま た ス パ ロ ボ か !!!!!!!

た/終わらないスパロボ……

え/これね、参戦作品だけ見てると物凄く魅力的なスパロボなんだもの!だって遂に参戦なんだよ、眼鏡ッ娘率の高さが素晴らしかった「STAR DRIVER 輝きのタクト」や待望の「ゼーガペイン」!KISSしてグッバイ!(対空蹴り

い/綺羅星!(あしゅら男爵が)

り/満を持して、ついに参戦「光速電神アルベガス」! 今、青春真っ只中!

え/そしてクリスマス頃には、遂にスパロボにまさかの参戦決定!「アイドルマスターゼノグラシア」!!

な/盗撮ロボきた!アイドルを延々盗撮し続けちゃう!!うわぁ本当に凄いラインナップ!今までにないぐらい冒険的な参戦ラインナップやー!!

え/うん、そうだね。大半が「いるだけ参戦」じゃなかったらね。

な/ズコー!!(80年代アニメ風

あ/ゼーガペイン参戦って、世界が壊滅しちゃってるけどどうするんだろう!?と思ったら、ああ、いるだけ参戦……か……

よ/リリースのニュース聞いた時にはやばいなーついに私もじゃぶじゃぶ課金しちゃうゲーム来ちゃったーと思ったけど、ゲームとしてはわりとおとなしめというか地味ですよねこれ。シナリオ冒頭はほぼ純粋にガンダム「00」で、しばらく進んでようやく「コードギアス」がからんできて…と、スパロボのクロスオーバー感は薄めですし。

え/地味っていうか何ていうか、キャラ絵が大半無表情棒立ち絵なのが気になる……

よ/パイロットの絵ちっちゃいよ!そして手が入ってないよ!主人公キャラ二人はかなりエロくて手が込んでてチョウイカスのですが、それ以外のキャラの絵がなんか地味。ロボの3Dは大変よくできてますがパイロット絵にももっと気合いと愛情を頂戴したい。

な/えーと、ゲームとしては……?

え/ぶっちゃけ『チェインクロニクル』そのままです!!以上!!!

い/すごいぶっちゃけやがった!!(笑)

よ/必殺技コンボとかあの操作性でどうMAXにつなげればいいんだっていう。

い/ああそうだ、そのチェインクロニクル系の戦闘からラインを減らしてみました!ってSEGAの新作が『ワールドエンドエクリプス』。荒廃した世界で人間に残された生存圏、竜の骸から資源を採掘して街を発展させ、街を脅かす賊や蝕の軍勢を撃退していく、ってゲームです。で、戦闘は左右2ラインで侵攻してくる敵を倒すって感じなんですが、ラインが減ったことでチェンクロよりもあわただしくない!うれしい!

た/チェンクロ系だけど、さっきのスパロボの半分の労力ってイメージでOK?

い/だいたいあってる。

り/身もふたもない(笑)。

い/あとパーティメンバーの勧誘は課金要素じゃないんですよ。酒場にいる面子をスカウトするんですが、時間で入れ替わるので、好きなキャラが来るまで待てばいいって感じ。開拓ものんびり遊べるので結構オススメです。

え/ああそうだ、この流れで言えば「スクエニがまったく新しいソシャゲRPGはじめるよ!」って聞いて、登場キャラの中にも複数人眼鏡ッ娘キャラがいたからやり始めてみたんですよ、『ポップアップストーリー 魔法の本と聖樹の学園』!!あの『スクールガールズストライカーズ』の実績とかもあるし、これは期待だな!!!と思ってDLしてみたら、うん、そうだね、ぶっちゃけ『スクールストライカーガールズ』そのまんまだよねこれ!!!

な/また「そのまんま」系!!

え/キャラと世界観が違うだけでゲームのシステムやイベントの進め方や傾向、更にはキャラがLv3に到達したらまずもらえる御褒美装備アイテムが「眼鏡」ってトコまで完璧に一緒!!あますことなく一緒!!!(笑)

い/何言ってるんですか!キャラにあげるプレゼントが、ちゃんとメロンパンからクロワッサンに変わってるじゃないか!

え/微々たるモンすぎる!!(笑)

い/あと男キャラもいる!全然育ててないけど!!

あ/まぁ初期ソシャゲだってほとんど怪盗ロワイヤルのガワ変わっただけばっかりだったし、ソシャゲ的には何もおかしくはないですな!

え/まぁね!それにCV:斎藤千和のロリババァ眼鏡ッ娘がちょうかわいいし!!

い/あー、あの子いろいろ謎がある上に名前が「ステラ」…スクストのパラレルワールドを移動可能にする重要アイテムが「ステラプリズム」って名前なので、もしかしたら何かクロスオーバーしてるのかもしれなぁ…

た/
『GOD EATER RESURRECTION』の話題に移っていいかな?要は1作目のリメイクなんだけど、PSPのみだったのが、PS4やVitaになってすごくきれいになったよ!

み/ゲームとしてはGE2RBのシステムをそのまま取り入れた初代…ということになるんだけども、初代が『2』の三年前の話ですし、GE2RBで出てきたブラッドレイジはおろかGE2で追加されたブラッドアーツも使えないっていう!

い/けど新要素の捕食アクションのおかげで捕食がしやすくなってGE2RBとは違う方向でパワーアップしてるよね。新規フィーチャー「プレデタースタイル」。これがゲーム性をPSP版や2シリーズからガラっと変えてて、いかに喰らうか、がキモで正に「ゴッドイーター」。次回作ではブラッドアーツとプレデタースタイルを使い分け、もしくは組み合わせてアクションのバリエーションが増えてるといいなぁとか期待も膨らみます。

み/TVアニメに出てきた「遠くの敵を捕喰する」とか、OPムービーで出てる「空中から真下の敵を捕喰しにかかる」とか、そういったことが出来るよーになったのが純粋かっこいい。他にもダッシュ後捕喰とかコンボ後捕喰とかで別々の捕喰アクションが選べ、またそれぞれに成功時発動する特殊効果を設定できる。次の攻撃の威力アップとか属性防御力アップとか。それでひたすら喰いまって強化して戦え!…ってなゲームになってますね。

い/ほんとに出来がいい………あとこれ出るのが解ってたら、ゴッドイーターの世界観や時系列的にこっち磨伸さんに贈れば良かった…

え/すまぬ…すまぬ……

た/で、まぁ、そんな感じで、ゲームはいいんですよ、ゲームは。

り/ゲーム「は」

た/どっちかっていうと、この発売日に合わせてアニメの1巻とのカップリングで発売させるとかしたせいでアニメが……アニメが……!(泣き伏せる

り/あああああああああ!(いろいろ思い出した)

み/まあ、おそらくですけど、アニメと同時期にゲームを出す企画だったため、アニメの制作が無理矢理急ピッチになって、メイキングがちょこちょこ入っちゃったんじゃないかなあ、と。まあゲームそのものは間違いなくアニメから入るにはちょうどいい塩梅になってると思いますよ。

た/ついでにだけど、アニメ版ゴッドイーターの2巻以降にはゴッドイーターのキャラを使ってのグラビア4Uがついてるのもあるしね…………アイマスのような需要があるのかどうかは謎だけど。ああ、でも、スペシャルパッケージ版はPS4のゲームにVita版のダウンロードコードついてるので、この発想は他のゲームにも採用してほしいと思いました。まる。あ、そうだ、あと『立体ピクロス2』

み/ピクロォース!!以上!!…じゃなかった(笑)。


た/待ちに待ってた立体ピクロス!なんでせっかく3Dになったのに出なかったのかすごく謎だったんですが…………ああ、うん、3Dに見えるのは上画面で……ブロック潰すのは下画面だから……立体視でゲームできないんだ………ね………

み/立体のブロックを崩していって形を露わにするパズルゲームだけども、画面が見づらいよね……これは画面解像度の難もあるんで無理は言えないんですが。今回は2色で塗り分けるゲームになっているので、それぞれの色で「ここは確実にこっちの色」ってところをマーキングするものの、これが場合によっては非常に見づらい!既に塗った色と見分けがつきにくい!!そして間違う。

た/今回色が増えたせいで、操作ミス連発でへこむ案件が増えた…。やってて止め所が解らないくらい面白いんだけども!だけども!

み/操作系もなーーー……壊すボタン、マーキングのボタン、ほとんどABXYボタンに割り当てられてて、ちょっと指を置く位置を間違うとミス発生。「一度も間違わず制限時間内に解くと最高得点」ってのがはっきりわかってるが為、完璧を目指してしまうと地獄開始!15分かけてプレイして、一瞬の気の緩みでボタン押し間違えミスしてはいやり直しなんてことがザラにあるんですよ!!これが結構なストレス………って、あれ?ピクロス話題は毎回一緒に盛り上がってるりしゅーさんが……沈黙してる………だと…?

り/あーーーはい、買ったはいいけど結局開けてないんですよ……待ちわびてたのに! 待ちわびてたのに! ……とはいえ、待ちわびてたのにプレイしていないのには理由がある!そう! あれが発売されたから!♪今日もファミスタ 明日もファミスタ ファミスタあれば〜一生幸せ〜 …の、『ファミスタ リターンズ』の発売だ!!

な/な、懐かしい!!

あ/なんか物凄く懐かしいタイトルが出て来たなぁ!!「地獄の底から復活した」系タイトルの一角!?

り/3DS黎明期に発売して以来、約4年ぶりの登場ですよ! 迫りくるメタル星人を野球で倒す「ファミスタクエスト」など各種モードが追加されているものの結局のところファミスタなので、ゲーム性の上積みはほとんどありませんが!

え/あ、それでも案外「4年ぶり」ぐらいなんだ。

た/ファミスタは実在野球選手になってからやってないんですよねー

り/ファミスタは昔から選手名は実在野球選手だよ!!!(笑) むしろ「名前もじり系」のファミスタのほうが少ないよ!!

た/そうだっけ!?

り/名前もじり系はシリーズ中で5本ぐらいしかなかったはず。ともあれ今回の目玉は「各チームの監督・コーチが現役最盛期データで参戦する」レジェンド選手の存在で、工藤監督が! 原監督が! 真中監督が! 現役選手としてよみがえる!ドラゴンズは監督が現役の兼任選手だからレジェンド選手になってないけど! そんなわけで、毎晩毎晩寝る前にファミスタをしていたせいで、結局いまだ立体ピクロス開けてません。試合のイニング数とかいじれるせいで、1試合10分ぐらいで終わらせられるのよね…だから、寝る前にちょうどいい……

い/もしかして今毎年出てるプロ野球ゲームシリーズって無い…?

り/プロ野球スピリッツが毎年でてるはず。ファミスタもできればコンスタントに出続けて欲しいけど、また次のがでるまでに4年とかかかるのかなぁ……それこそ「データさしかえ」だけでもいいのに。とつぶやきつつ、ファミスタ話題おわり。次どうぞ。

み/V8を讃えよ!!(例のポーズ

な/!?

み/2015年の映画界を席巻したあのタイトルが実はこの月にゲームとして出てるよ!!PS4版『マッドマックス』!!

え/はいはいはい、オープンワールド版『マッドマックス』!!気になってました!!あれ怒りのデスロードの直接ゲーム化になりますん?

み/いや、時間軸としては映画最新作「怒りのデス・ロード」より少し前の話になります。例によって例のごとく?車を盗られたマックスさんが新しい車を強化しつつウェイストランドを旅する…と言う内容で、イモータンジョー一味やそのライバルの縄張りだらけのエリアに住む人達の無茶苦茶な依頼を受けていく…って流れですかね。

あ/また愛車を盗られるのか!(笑)

み/オープニングで速攻盗られる車!そこに現れるせむし男のメカニック!新しい車を用意してやると言われ、パイプフレームの車にボディを乗せ、車の見てくれは取り敢えず問題なくなった!でもマックスさんはその車を見て一言。

「V8じゃねえじゃねえかよ!?」

…はい、車に載ってたのはV6エンジン!V8には遠く及ばない!V8エンジンはガスタウンまで行かなきゃ手に入らないのです。さあ、V8を求めて頑張れマックスさん!


え/やっぱV8に始まりV8に終わるのか……

み/ほら、マックスさんって、映画版でも車を取られてなきゃお話始まらないし(笑)車大事。ちょー大事。ぶっちゃけ車以外はどうでもいいと思う。ゲーム中でも相手の依頼なんて凄いどうでも良さそうだし。ああ、映画版といえばお馴染みの「砂嵐」にあえて飛び込む事で、その嵐に巻き込まれて飛来する「スーパーアイテム箱」を回収出来たりします。ワイヤーガンを打ち出しフックを引っ掛け、箱をぶっ壊す!即、回収!そして別の飛来物に横凪に吹っ飛ばされるマックスさん!くじけずに起き上がって次のアイテムに向かうもやはり飛来物に吹っ飛ばされるマックスさん!2HIT COMBO!!(サイバーボッツ調に

え/よく死んだ!(笑)

あ/よく死んだ!!

み/そして減った体力は誰が開けたかも知れぬ缶詰をむさぼり食ったり誰かの死体に沸いたウジを喰ったりして回復するマックスさん!……まあなんだ、人によって評価はまちまちなんでしょうけど、荒野を車でぶっ飛ばしたい人にはおすすめです。間違いなくヒャッハーできますよ!

な/そういえば……『夜廻』プレイしたのってボクだけ…?

た/「よまわり」?

り/あー!「PSインディーズ」にラインナップされてるやつだ! 日本一ソフトなのに!

な/Vitaで発売された「夜道探索アクション」で、消えたお姉ちゃんと愛犬を探しに小さな女の子が夜の町を探索するよ!でも夜の町はおばけでいっぱいだよ!!……っていうゲームなんですけども…

え/ああ、なんかめっちゃ頭身低くて凄く可愛らしいチビキャラのゲームだし、なんか妖怪ウォッチみたいなゲーム?

な/違うんですよ!!「妖怪ウォッチ」かなと思ってプレイしてみたら実際は「不安の種」なんですよこれえええええええええ!!

あ/ガチホラーじゃねぇかああああああああ!!!(笑)

た/いやだあああああああああああああ!!!(震

い/子供目線だから怖く見えてるのかと思ったら、襲ってくるモノがガチの怪異っていう!

な/懐中電灯の明かりを頼りに道を歩いていたら、その先にたたずむ、首を高速回転させている人間のようなもの!地面から突如湧き出てくる巨大な人の顔のようなもの!顔に包帯を巻き付け血を流して徘徊するものや、走り回る首なしの馬……!! しかも怪異は基本、触れれば即死します。なんか動かない変な生き物?いるな…って近寄ったら即死!後ろから突然物凄い勢いで意味不明な人影が爆走してきて即死!

え/ガチだ!!見た目に反してガチのホラーゲーだこれ!!

い/微塵も容赦ないな!!反撃の手段もないの!?

な/一切反撃不可能なんですよね。ただ町中などにある立て看板や草むらに隠れることが出来ててやり過ごすことが可能なのでそれで隙をみて逃げるしかない…!!しかも「心臓音システム」という、お化けが近くにいる時に少女の心拍数が上がって、心臓音と共に画面が脈打ち始めるという演出があるんですが、この心拍数あがってる時はダッシュゲージの消耗が激しいので、致命的なトコまで近寄られたらもう恐怖のあまり逃げる事もできない!そもそも近づいたらアカン!っていう…!

え/やべぇ……油断してた………何このゲーム、最近ご無沙汰だった「SIREN」みたいなガチホラーかよ……今からでもやるべきタイトルか……!

な/映ちゃんきっと気に入るよ。中にはマンホールから腕が出てきて捕まって足止めされたり即死にはならない怪奇現象などもあるけれど、基本は死んで覚えてを繰り返し、死ぬことに無表情になるまでやりこむしかないゲーム。あとイヤホン・ヘッドホン必須。「音」に重点が置かれているので、心拍音を頼りに暗闇の町を歩きつつ、「今の何!?」と思った瞬間に即死してほしい……!

あ/うわあああああ!知らなかった!めっちゃ楽しそうコレ!!

た/楽しくNEEEEEEEEEEEEEEEEEEE!!!!!次!次!オカルト話題終了!!

え/あ、じゃあアナログゲームで『オカルトかるた UFO・エイリアン編』かなぁ。

い/オカルトつながりでそれか!!(笑)

あ/まさかの第二弾!!出たら面白いよねー、とか言ってたら本当に出てしまった続編!!

た/そっちのオカルトは恐くない!!(晴れやか

え/失礼な!!ウンモ星人にあやまれ!!

た/恐くない!!(満面の笑み

え/まああれだ、今回はコズミックなホラーが題材という事で、「3m宇宙人」や「ウンモ星人の宇宙船」といった古典、「This MAN」とか「ハウニブー」みたいなオカルト者でないとパッと名前出て来ないものから、 「ピタゴラス」「ルーン文字」といった『それUFO関連!?UFO関連のオカルトなの!!??』ってものまで混じってて相変わらず「かるた」としての難易度は地獄レベルです。

い/ナンデ!?ピタゴラスナンデ!?

え/ピタゴラスはほら、「ピタゴラス教団」が……

あ/アレクサンダー戦記!!(笑)

え/いやもうマジで、それこそオカルト関係・妖怪学のプロとかそーゆー人材がもりもり参加してる関西作家陣アナゲ会でプレイしても『これは…なんだ……?何なんだ………??』と最後まで解らなかった札が2枚ぐらい発生したというガチ難易度。
みなさん
「キャプテン・K」ってご存知ですか?

た/K………?

な/え…人名…?だれ……?

え/キャプテン・Kは17年間にわたり、火星で地球人コロニーを防衛していた元海兵隊員の宇宙的英雄なんですよ!!

あ/誰だよ!!しらねぇよ!!(笑)

よ/スノーデンが地底人の存在を曝いてたり、火星では17年も宇宙戦士が戦ってたり、世の中はしらないことばかりだなぁ(棒

り/きっとこの情報を知らないのは、イルミナティの陰謀に違いない…!

み/ムー読者なら知ってて当然の知識なの?

え/さあ……どうなんだろう……。まあオかるた2の話題はこれくらいにして、後は……第二次世界大戦前後の各国列強の戦艦たちを題材にした『バトルシップ・カーニバル』なんてのも出てたね。

な/ああ、艦これ的な?各戦艦で砲撃しあって最強を決めるとか?

え/いえ、題材だけ聞くと十中八九「ああ!大和やモンタナやフリードリッヒ・デァ・グロッセとかで戦うアナゲなんだね!?」とか思われる可能性大だと思いますが、その実体は、プレイヤーは 造 船 業 者 となって戦艦を作りましょう(ヒント:大体作れない)っていう夢も希望もないゲーム!全部…全部計画だけで終わっちゃう!!!!

よ/その発想は無かった(笑)。

え/各プレイヤーが造船業者のライバルなので「おおっと!ここで俺は貴様の設計図を盗む!」とか「残念だったな!ここで軍縮条約発動だ!!各社排水量守れてない戦艦は廃棄しろよ!」とか足を引っ張り合う結果、キラ星のような戦艦達が作れません…進水しません……何もかもが夢と消えます!そんな素敵なゲーム。

た/すごい!カーニバルってタイトルについてるのに、一体何がカーニバルなのかわかんない!!(笑)

い/そうだ、コンポーネントが絶妙な、傑作と言っても良い立体的アナログゲー『ゾンビタワー3D』もこの月だったね!崩壊しかかってるビルの中、”他の面子の行動は見えない”状況で、最低限協力しあい、可能な限り相手を出し抜き、ゾンビから逃げおおせた上で他プレイヤーより有利に立て!という傑作アナゲ!

あ/アナゲにある「ままならなさ」を楽しむゲームですが、ホンマにままならなくって面白いアレね!

え/立体的に再現されたビル型のMAPの中でゾンビから逃げ回りつつ脱出の機会を伺うゲームなんだけど、何が特徴かって、ビルは崩落が始まっていて各プレイヤーごとにMAPが分断されていて「見えない」という事!しかもMAPの部分部分に「崩落した結果、隣とつながってる穴」ってのがあけられていてそこ越しにアイテムを渡してもいいし、渡さなくてもいい。「みんなで脱出しよう!」という大目的はあるんだけども、脱出後に「特定のアイテムを複数持っていろ」とか「温存しておけ」みたいなミニ勝利条件もあるから、果たして壁の向こう側から聞こえてくる別プレイヤーが「今必要としているもの」は、本当に必要なのか、実は必要じゃないのか、そこんとこのかけひきも楽しむという。

り/なるほど、この「個人勝利条件」がゲームの鍵になっていくのですな!

あ/あと、逃げながら途中で出会った生存者を連れていくこともできるんですが、人道的理由ではなく、「ゾンビに囲まれた時の身代わりとして消費する」と言うサツバツとしたアイテム扱い…まさにこのイカれた時代へようこそ!!

え/そうそう、生存者は勝利得点でもあるんだけども、いざという時のリアクティブアーマーでもあるのでわりと突き放す(笑)。

り/サツバツ!

い/サツバツと言えば同じ月に同時に出たもう一方の立体的アナログゲー『TATEWARI』も!縦割り社会で横との連携なんてない会社のビルの中、”他の社員の行動は見えない”状況で、最低限協力しあい、可能な限り相手を出し抜き、ハプニングから逃げおおせた上で他プレイヤーより有利に立て!という傑作アナゲ!

よ/ん………ん?

え/立体的に再現されたビル型のMAPの中でハプニングから逃げ回りつつ大事業の機会を伺うゲームなんだけど、何が特徴かって、ビルは縦割り社会なので各社員ごとにMAPが分断されていて「見えない」という事!しかもMAPの部分部分に「縦割りの中でもなんとか別部署とつながってる穴」ってのがあけられていてそこ越しに企画書を渡してもいいし、渡さなくてもいい。「このブラック会社でなんとか大事業を成功させよう!」という大目的はあるんだけども、成功後に「特定のリソースを複数持っていろ」とか「温存しておけ」みたいなミニ勝利条件もあるから、果たして壁の向こう側から聞こえてくる別の社員が「今必要としているもの」は、本当に必要なのか、実は必要じゃないのか、そこんとこのかけひきも楽しむという。

り/状況変わってるだけで完全に同じゲームですよね!?(笑)

よ/一瞬デジャヴュを感じずにはいられない瞬間。

え/こっちはゾンビじゃないよ!社畜だよ!別名「社畜タワー3D」!!(笑)

い/コンポーネントの形もゲームのルールも勝利条件のスタイルもなにもかもがいっしょだけどね!!

あ/ゾンビではなくハプニングがオフィスに襲い掛かり、生存者ならぬ新入社員が壊れていきます。社畜である貴方は壊れた新入社員を見捨てて精神的限界点の均衡を保ちつつピュアな目的を達成せねばなりません。(ひどい

り/完全にブラック企業じゃねぇか!!(笑)

え/ゾンビと社畜。どちらも似たようなものですねというグループSNEからの深い提示なのかも知れない…。




2015年 11月




え/さあ!2015年のコンシューマは11月から一気に加速していくぞ!冒頭からアレいきましょうよ中上さん!『PROJECT X ZONE 2:BRAVE NEW WORLD』!!

な/ナムカプが……ナムカプが帰ってきたァーーーー!!!

よ/前作のクロスゾーン1を語った時は若干お通夜ムード気味でしたが、今回は良かったですか?

な/そうなのよおおお!邪さんそうなのよ!PXZ2はPXZの続編というよりもナムカプの続編って感じです!小牟と零児が主人公だし、ナムカプのときにいたメンバー、キャプテンコマンドーだとか飛竜とかが普通に「よう久しぶり!」って感じで合流しますし、ナツにしても師匠のタキが以前こんなことにまきこまれてた〜なんてことを知ってたりとどちらかといえばナムカプ寄りの話なんですよね。

あ/前作で微妙にしらけてたのは「参加陣容が一気に最近のゲーム側に針が振れまくっちゃってて、ナムカプみたいな懐かしのあのキャラが!みたいなお祭り感が消滅してた」ってのもデカかったんですが、中上さんの言う通りナムカプ時代の仲間の復活、シルフィーやたろすけも仲間じゃないですけど復活! それにそもそも前作が「新作だよ!」っていってた割にはナムカプ世界観を引きずってたのに対し、今回は逆に堂々と「ナムカプの続きだよ!」ってノリなのもグッド!

え/たろすけが小牟見て「なんか一部分が著しく違う!!」みたいなツッコミ入れてるのには笑ったなぁ。あとウチ的には初代ナムカプ以来久々の、ゼノサーガのシオンさん以来久々の眼鏡ッ娘キャラ参戦って事で心が満たされていた……しかも縦セタきょぬー眼鏡ッ娘女教師というエロスの権化、日本ゲーム史上においても最強に部類される縦セタ眼鏡キャラ、アティ先生が参戦ときた!!
「竜が如く」の主役二人に挟まれてる会話シーンパートとか絵面が すごい  
ウスイ=ホン案件!!

た/キャラは解ったけども、ゲームとしてはどうだったの?前回はそこが「う〜〜ん…」って出来だったから、そのお通夜ムードになったんだけども…

え/大丈夫!安心して!!今回は問題ない!!

な/シーンが転移転移の繰り返しなのは相変わらずだけども、今回は「こーゆー状況だから、ココに飛び込むしかない!」とか「何処に飛ばされるか解ったもんじゃないけども、アイツを追うしかない!」とか転移する「動機」がしっかり明確になっているので気にならないですよね。

え/動機がちゃんと提示されるだけでも気分的には大違いだよね。それに戦闘システムもPXZ1で実装された通り、敵の攻撃は超必以外は徹底して簡略化でストレスフリー、ユニットも状況に応じて出撃数制限とかあるので大味過ぎる戦闘の繰り返しにはならないっていう。あと自分が購入したのが「オリジナルサウンドエディション」なので、各作品の各キャラごとに、往年のオールドゲームのキャラなら往年の音源のままのBGMが!最近のゲームのキャラならちゃんと歌入りで主題歌がそのままに流れるんですよ!そりゃあテンション上がるでしょうコレ!!

あ/ちゃんとSEGAの「歌がめっちゃうまいサラリーマン」の歌声が聞こえてくるという(笑)。

な/前作の違いといえば、行動が敵味方入り乱れての順番じゃなくなって、ベタなシミュレーションみたいなターン制になったよね。ですんで前作みたいにゴチャゴチャでなくスマートになりました!

あ/うん、前作は結構考えなしにズカズカ進んでもあまり問題なかったけど、ターン制とキャラクターの向きによるダメージの違いが導入されたんで、結構かんがえて進軍しないと逆にボッコボコにされるから注意。

な/基本的に雑魚キャラはちゃんとレベルをあげてれば一回の戦闘で確実に葬れる仕様になってますし、その分ボスが若干固く、反撃のときの範囲攻撃が怖いですけどストレスはかなり軽減されてるかなと。まぁMAPそのものが無駄に広いとかオブジェクト破壊ギミックがあんまりゲームルールとして活きてないとかもあったりしますけど、ほんとマイナス要素は激減です。

え/あと今回も怒濤のパロディと各種ゲームネタと夢のクロスオーバーだったよね!キレッキレの会話パート!

な/スパロボにしろPXZにしろ醍醐味は参戦キャラの絡みだと思うんですよね!!(拳を握りながら)

り/こういうお祭りソフトはクロスオーバーの掛け合いがナンボですよね!

な/今回忍者キャラも多いし、なにかと組織の繋がりが現代なり未来なりで繋がっててなるほどこういう風に…というのもまた楽しく。「鉄拳」や「龍が如く」のキャラ達の弁護人をやってるナルホド君とか笑ったなぁ。

り/そうそう!『逆転裁判』のナルホド君ってどうやって戦うんですか!?やっぱ相手に冤罪をおっかぶせて社会的に抹殺?

た/ナルホド君はそもそもそんなキャラじゃないよ!!(笑)

み/黒いな!!

な/そこはしれっとバラすと、モリガンのおかげで「裁判(物理)」ができるようになります。何気にサイコロックが物理現象として現れて敵を空中に固定ってのはコンボ的にありがたいですよ…!いや本当、せがた三四郎もいるし是非見てほしいな!!

り/そうだ!せがた三四郎!!それも気になる!!

な/せがた三四郎はねー、なんか常に「セガサターンシロ!!」って言ってて話が通じないの。

い/そりゃセガサターンの販促キャラだからしょうがないよ!!(笑)

え/大体せがた三四郎は後年のCMの方の印象で固定化されてる感じだけども、登場当初というかCM初期の頃はゲームせずに外へ遊びに行こうとしただけの子供をブン投げたりクラブで踊ってた人達を投げ飛ばして締め落として「セガサターンシロ!!」って言ってただけの酷いキャラだからね!?(笑)

な/そしてPXZ2ではそれらCMでやった事が全部現実にやっていたことになってるので、裸足でスピードスケーターに勝った事もバッティングセンターでキックでホームランぶちかましてたこともサクラさんとのあのシーンも全部本当の事だからね!

あ/まさかの『サクラ大戦』CM完全再現!何故やろうと思った!!(笑)

な/あ……ちなみに映ちゃんに有馬さん、PXZ2も結構長いゲームなんですけど、ちゃんと最後までクリアしました?

あ/す……すまん……(目をそらす

え/冒頭で言った通り2015年は11月からのラッシュが激しかったので、この放談やってる今現在もまだ途中っていう……

な/ばか!!おばか!! 貴方達はPXZ2の一番大切なものをまだ目にしてないじゃないの!!

/!?

な/PXZ2はね…………PXZ2の2周目には……温泉イベントが突然発生するんですよォォォーー!!

/!!??

な/PXZ2に登場する!全ての女性キャラ達が!温泉で!ムフフな!!

え/いやぁ……うーーーーん………でもさぁ…温泉イベントって一般的には「御褒美」シーンなのは解ってるんだけども、俺ら眼鏡者にとっては結構「罰ゲーム」になってる事が多くて……

な/映ちゃんの馬鹿!!(平手打ち

え/殴ったね!?(平手打ちされる

な/どうして……どうして映ちゃんは最後まで信じてあげられないの!?昨年のスパロボといい、もっと眼鏡ッ娘を信じてあげないと駄目でしょ!?

え/まさか……まさかッ!?

な/ええ……安心してください。アティ先生は湯船につかっていても、眼鏡は外しません……(菩薩のような笑み

え/本当……かい……?PXZ2製作スタッフは神なのか…………!? 俺は…俺はッッ……(号泣しながら

り/うん、この茶番劇、必要?(笑)

あ/ともあれ前作では色々心苦しくも苦言を言わざるをえなかったPXZも、今回の『2』は諸手を挙げて人にオススメできるゲームになってますよ!!って事でおわりにしつつ。アナログゲームの方はどうだったの?

え/アナゲはいつものあのキリスト教系ゲーム最新作『バイブルリーグ』や、ファミレスで働くゾンビとなって職場に1つしかない脳味噌をなんとか奪い取りながら日常業務を終えて一刻も早く自宅に帰りたいゾンビ社畜ゲーム『脳トレゾンビ』が出てるけども、この放談やってる今現在はまだ両方ともプレイできてなくて。

り/なんなの……ゾンビ社畜ものが流行ってるの……?

よ/ソシャゲ界隈なら『ガールズ&パンツァー 戦車道大作戦!』がこの月ですね。最初はあれ微妙かなと思ったんですが意外と中毒性高くて今も毎日プレイしてます。小さな戦車が画面上でわちゃわちゃうごいてるのを眺めるのが楽しいですね。書き下ろしのキャラ絵も気合い入ってて超かわいい。

え/桃ちゃんさんいいよね……

よ/いい……。残念ながらストーリーらしいストーリーは存在せず、新たなキャラ同士の掛け合いといったものは期待できないのですが、何かというとキャラが喋りまくってくれるのでそれだけでも十分嬉しいですな。ゲームとして物凄く面白いといった類のものではないのですが、末長く遊んでいられそうなタイトルだなあと思いました。戦車大作戦はいいぞ。

り/なるほど。ともあれ、11月は本当にコンシューマタイトル目白押しの月で、
『スター・ウォーズ バトルフロント』みたいな凄いグラフィックのスゴイクオリティゲームとかも出てたんですけども、去年、颯爽と3DSのDLソフトに登場したアクションゲームの続編、『魔神少女エピソード2 願いへの代価』も出てまして、前作の軽快なアクションはそのまま、ダメージ受けたりミスったりしたときのリカバリーもしやすくなって遊びやすくなっております!ゲームそのものに関しては言いたいことは去年語ったから詳しいことはそっちにまわすとして(オイ)、やっぱり絶妙の難易度で面白いんですよ!ほぼ同時多発的に発売したもう1つの2Dアクションといい、アクションゲームの波がこの時ちょっと来てましたね…!

え/ええ、海外では大人気シリーズのタイトルでキャラ人気もスゴイらしいんだけども、日本の3DSでの正式リリースは今回が初めてっていうレトロ2Dアクションゲーム『シャンティ − 海賊の呪い −』が2015年のダークホースの一角として燦然と輝いていた件について!!

い/来たねシャンティ!いきなり第3弾からの発売で、こまけぇことはいいんだよ!と言わんばかりの直球翻訳ローカライズなんだけど、まぁストーリーは大体解るからいいよね!(笑)

た/洋ゲーアクションか……濃そうなイメージあるけども

え/何言ってんすか!確かにシャンティは洋ゲーなんですが、キャラデザが日本人の人がリファインしてるっていうか、そもそも製作したアメリカ人が「うん!ボクはナディアやプロジェクトA子がだいすき!!!!!」って普通に豪語してる”海の向こうのおれら”な人なのでツボのつきかたが完全に日本的というか、俺ら世代直撃というか、「わかるわー」って感じの何かで満載なんですよ!!

た/よりによって「プロジェクトA子」をあげてくるアメリカ人って(笑)!!

あ/そもそも近年のこの手の「レトロ系ドット絵2Dアクションゲーム」って、主流は完全に海外にあるよね。無茶苦茶魅力的なドット絵ゲーがスチームとかでガンガン出てる印象。

り/確かに。日本でも去年大好評だった『みんなでまもって騎士 姫のトキメキらぷそでぃ』みたいなのが出てない事はないんですけども。

え/凄い独特なドット絵表現の使い方が特徴的な女騎士アクション『Eitr』とか、スーファミの頃に出てたゲームみたいな感じで音楽もまた最高に「当時」っぽくて素晴らしい『CrossCode』とか、日本では比較的無名でも海外でめっちゃ高評価なレトロ系2Dアクションはまだまだ出ている訳で。そんな中、このシャンティがDL専用って訳でもなくパッケージソフトとして3DSで出た意義は大きい。実際めっちゃ面白いしねコレ!

い/ゲームとしてもステージを進めるごとに手に入る海賊アイテムで行動範囲が飛躍的に広がっていくのも楽しいですよね!ステージの途中で通常のゲームルールと異なる即死系ミニゲームステージが挿入されたりするのもメリハリが効いてるし!

え/「黄金期の頃のトレジャーアクションゲー」って感じで明らかに面白い!!後半面とかになってくると結構「中ジャンプ!!ここで中ジャンプができない!!」みたいなロックマン的な悩まされ方されるんですが、逆言えばそーゆーロックマンというかメトロイドとかあの手のゲームにハマってた人は確実にハマれる内容というか!!

り/敵やギミックの配置が絶妙なんですよね、ホント。その突然挟み込まれるミニゲームも、他のゲームとかだと「操作系からして根本的に違う」ってパターンが多いけど、シャンティの場合は基本的に操作系は同じ。これはうれしい(マジで)。

な/ボクは………シャンティはキャラも好きでお話も好きでこれはいいぞ!ってプレイしてみたんですけど、ちょっと普通すぎると言うか…そのくせキャラ操作シビアだなぁとかで少し…馴染まずに…そういう意味では魔神少女くらいのほうがやり出があったかなーと。

り/難易度がステージギミック(ボス戦含む)に依存しているところがあるので、操作感覚に慣れないとまったく進めないという一面はありますね。そして、こういう「覚えたからってどうにかなるわけではない、シビアな操作が要求される」ところは、やっぱり「カプコンのアクションゲーム」の延長線上にあるのだなぁ、と思います。

え/そりゃあまぁ操作感覚とかはまぁアクションゲーに対する属性とか慣れがあるから「万人が万人不満なくプレイできるよ!」なんてとても言えないけども、めっちゃ露骨にゲーム中盤でお金無限増殖の裏技使えたり(絶対ワザと残してる感)、最終面は極悪な操作を連続で要求される鬼ルートなんですが、実はアクションやアイテムを上手く使う事によって「ショートカット」できる道筋がバッチリあって高難易度部分を 全 部 無 視 で き る とか(これも絶対ワザとやってる)、かなり「気付きやすいところに救済をおいてる」、親切なゲームになってますよ。

た/URAWAZAだ!!懐かしいな!!

い/初期はアイテムが無い=駆使できるテクニックが無いって状態なのでシャンティさんもポニーテール振り回すしかできないんですが、帽子取った辺りから空中で機動力があがり、終盤に多段ジャンプが出来るようになると一見複雑そうなギミックもかなりテキトーな感じにクリアできるようになりますなー。

な/なるほど……もう少し根気よくプレイしてみれば良かったのか…!

え/それに是非3DSの立体視機能をONにした状態でおシャンティさんを見て頂きたい………絶対『 ア メ リ カ 人 wwwwwww』ってなるから!(笑)

い/いやー砂漠の国での女性陣は壮観でしたね!!!(笑)

え/「お前は何を一生懸命に再現しようとしてるんだ」といい笑顔になった後、アメリカまで握手しに行きたくなるような、この、頭の悪い中学生みたいな方向性での最新技術の使い方! ある意味3DSの機能をここまで熱心に有意義に使ってるゲームもないんじゃネーノ!?

い/2Dアクションゲーなのに立体視必須(一部)!

り/やっぱり3DSには立体視あってこそ! この!素晴らしき!バカ機能!

え/……と、まぁシャンティの話はこんなとこかな?後半は立体視の話ばっかだけども(笑)。ではそろそろこの月最大の話題……

り/待った!!待ってくれ!! 確実に長くなる「アレ」の話の前に、どうしても語っておきたい一本がある!まったく話題にならなかったけれども、「これはもしかして2015年最大の掘り出し物だったのでは?」と思わせるゲーム!

よ/おや?そんなのありました?

り/あるんだなこれが!マイナーかも知れないけども、みなさんに是非知って頂きたいVita専用タイトル、『ネットハイ』

な/し、知らない…!りしゅーさんのその貪欲な探求心はほんとすごいな!!一体どんなゲームなんです!?

り/「迷惑行為と事実隠蔽を繰り返すリア充の嘘を暴け!」「相手の嘘や矛盾をついて炎上させて、相手のSNSフォロワーをゼロにしろ!」ってゲーム。

え/ な に そ れ ! ? (笑)

り/実質は「意識高い系」「ユーチューバー」「ボカロP」「ギャルのカリスマ」「イケメン俳優」などなどの発言を煽ってキレさせ、収集した炎上物件を突きつけて動揺を誘う…ってゲームです。

え/悪質な『逆転裁判』だ!!(笑)

り/……と、ここまでの話だけだと「ネタゲー」っぽくあるのだけど、このゲームの世界は導入された法律によって「充実した生活を送る義務」を負っていて、充実した生活=政府公認SNSのフォロワー数ということになっているんですよ!フォロワー数が多ければ多いほど優遇され、少なければ公共交通機関どころか自転車に乗ることすらできない……そしてフォロワー数がゼロになると「いないも同然」として、社会的に無視されることになる。主人公は、陰謀でフォロワー数がゼロになってしまった少女を救うため、このゆがんだ世界に戦いを挑む孤独な戦士なのです!

た/昨年それに近い設定のTRPGを話題にしたなぁ…

あ/はい、私は間違いなく幸福ですコンピューター様!

り/「リア充の嘘を暴く」とありますが、実際は「周囲だけでなく自分すら偽って生きる人」をその呪縛から解放していく……そんなゲームなのです。ホント、センセーショナルなコピーで損してますが、ディストピアSFモノなんですよ、これ。 ノリがちょっと独特(ネットスラングなどが多用される)なので合わない人は本当に駄目ですが、そうでない人はぜひともプレイしていただきたいところ。

た/あー、プレイ開始直後のシュタインズゲートみたいな感じですね。ネットスラングの多用でまず嫌悪感を抱かせるとか特に。

り/「シュタゲ」「ダンガンロンパ」に匹敵する……とまで言っちゃうとほめ過ぎかもしれませんが、このまま埋もれてしまうには本当に惜しいと思わせるほど面白かったので、是非ともみんなにプレイしていただきたい。確かにシナリオやシステムなどに粗い部分もありますが、それを補うだけの「なにか」がありますから!

え/そこまでなのか!

り/あ、そうそう。ネタづくしといえば現実世界でも発売記念キャンペーンに「炎上のプロ」として某元アイドルを呼ぶのは効果的過ぎてやっぱり失敗だったとしか思えない!

た/そこまでネタ尽くしだったのかよ!!(笑)

あ/確かにこいつはダークホースな一本ですなー…15年はアナゲがメインになってて色々見逃していると思い知らされましたワイ……で、そろそろ場があったまってきたところで、「アレ」にいきますかね!?

え/行きますかね!なんかここ数年変に意見が分かれて喧々諤々になってて俺自身「うへぇ」ってなってるけども、とにかくアレの新作がやってきた!『モンスターハンタークロス』!! まず最初に宣言しておく!!俺今回も擁護派というか大絶賛派なんだけどもどうなのさ!!!!!!!

い/いやぁ、久々に楽しいモンハンでしたね!!(満面の笑み

あ/前回「下手したらもうシリーズに手を出さない」って言ってた磯岳さんが!?

み/MHXは何というか色々懐かしいものが入ってて嬉しい所もありますね。やっぱり過去作の村が出てくるのは嬉しい。作品が進むに従って自宅が派手になってくのもわかるし。

あ/こちらも概ねは肯定気味だ!

み/農場がなかったり一部UIにやっぱ不満はあるけども、今作は概ね諸手を挙げて歓迎できる作品になって嬉しいですわ。去年の今頃は恐ろしく懐疑的だったからね!(笑)

え/ああ良かった……今回はモメなくて済みそうだ……実際MHXは本当に面白かった。本当にいろいろ変えて来た上に、それらがことごとく成功してた感あったよね。 スタイルの選択というシステム!ニャンターシステム!懐かしいMAPの復活!回復とかしてても遠距離から正確無比なカラテが飛んでこない!!

い/うん、スタイルの導入は画期的だった。武器種よりもスタイルの選択が超重要。マチアソビで触った辺りから「あ、これ当たりや」って予感があったんですが、それが裏切られる事がなかった。

あ/スタイル制はどうなのかな?と思ったけどスタイルによって通常攻撃も変化するんで、使える狩り技と通常技との組み合わせを考える必要があったりとか楽しいよね。

え/スタイル変化は性格も出るよねぇ。いつも通りの「ギルド」、空中戦特化の「エリアル」、狩技(超必殺技)重視の「ストライカー」、アチョー避けからの反撃という博打打ち専用「ブシドー」。磯岳さんが「エリアル」でテクニカルな狩りをやってる横で俺が力こそパワー!と言わんばかりに「ストライカー」で狩技ブチあてまくってて。今はもう放談から卒業してるアーケードゲーム担当だったTHM氏とかあの人絶対博打打ちだから「ブシドー」一択だと思うよ!

い/ここのメンバーはストライカー好きよね。みんなもっとエリアルで跳ね回ろうぜ!!

え/操虫棍はエリアルを選ぶと空中戦と空中戦がダブって空中軌道が変な事になるんだよ!!(笑)

み/でも磨伸さんのストライカー操虫棍、「黄昏よりも暗き存在」はどうかと思う(笑)。

よ/あれ?今回は自分で必殺技とか命名できるんですか?

え/いやいや、状況に応じてキャラが自動的にしゃべる台詞をいじれるんで、狩技発動時の3段階の台詞を「黄昏よりも昏きもの」→「血の流れより赤きもの」→「約束された勝利の眼鏡!!」にしてるだけです。

よ/なにそのスレイヤーズからFateへの美しい流れ。

い/操虫棍は専用狩り技3つがシナジーするので、ストライカーと相性いいかもしれないってのはよく考えられているなぁ…。エリアルのジャンプが操虫棍の任意ジャンプと差別化されてて、「エリアルあるからもう操虫棍いらない!」みたいなことになってないバランス感もまたいい…。

あ/ハンマーエリアルだと3タメがなくなるんで、巻き込み吹き飛ばしがない&スタン値の高い2タメが出しやすいと言う運用方法あったりもするのよね。

み/スタイルセレクトで「この武器でこの相手はやりにくい」ってのが幾らか緩和されたりしてるかな? 少なくともエリアルスタイルは全武器でジャンプできる!って言う点で非常にありがたいですなあ。他のスタイルも個人の使う武器や戦う相手によって選択できればより狩りが楽しくなる。まあ、その差異を理解するのも大変ではあるので、今作から始めてみようって人には複雑なことこの上なくなるけれども。

た/解らなくても、とりあえずびわ湖タワー建てておけばパーティには貢献できるよ!

み/びわ湖タワー!?

た/呼ばない?HP回復系の狩技「狩人のオアシス」が何かタワーっぽいので、使う時は「びわ湖タワーへ行こう!」ってセリフにしてるの。

り/地域ネタ過ぎる!!(笑)

あ/いやしかしほんとう、今までがちょっとしたバージョンアップだったのに今回はかなり大胆に変えてきてそれが成功してるってのが凄いよね…武器の生産もランクアップの導入で愛着もわきますしな!装備関連もそのモンスターと+αの素材を要求されることが多いんで、単品乱獲じゃなくってまんべんなく狩る必要があるようにしてるのも個人的にはイイかな!

た/段差に殺されることが減ったし、回復に対する理不尽なヘイトも減ったし…。

い/減ってる、というかヘイトが分散しやすくなったみたい。多人数プレイだと、ガンガン攻撃当ててヘイト稼いでも他の人に向かうこと多いっぽい。ああそうだ、発売直前に発表されて「うわー狂竜化とか極限状態みたいだったら嫌だなー」って思ってた獰猛化も「この部分の攻撃がヤバイ!」ってのが視覚的に解るし、ヤバイ攻撃してくるときは大きなモーションを取るし、ヤバイことになってる部分を攻撃すると狩り技ゲージが大きくたまるとかリスクに対するリターンがあって理不尽に難しくなる要素じゃなくて良かった。

た/「二つ名」の強さはおかしいけどね!

り/「二つ名」?

え/要するに通常モンスターとは明らかに何かが違う特殊個体と戦うクエが今回実装されてるんですよ。ほら、二つ名持ちってどんな作品でも基本強キャラじゃないですか。素晴らしきヒィッツカラルドとか激動たるカワラザキとか。

り/言わんとする事は解りましたが例え方がそれでいいのか(笑)。

/で、その二つ名クエがハンターランク2という低レベルでいきなりチャレンジできるし、対象がアオアシラだし、これは楽勝だな!と思って「いそのー!くま殺しにいこうぜー!!」とHR2に上がりたての磨伸さん誘って2人で意気揚々と孤島に足を踏み入れた先に広がっていた光景とは……!?

た/ そ れ は 死 ぬ (笑)。慢心にもほどがある。二つ名が「紅兜」なクマなんてそんなのクルクル回転する犬とか連れてこないと勝てる訳ないだろ!!

え/『くまなんて楽に殺せるって言ったじゃない!あたしもうハンターやめる!!』

あ/でも4Gの時のG級連中の狂った強さよりも「ネームドなら仕方ないか」と思える不思議!

た/そういえば今回眼鏡装備が充実してる気がするんですがどうでしょう?

え/前作眼鏡ッ娘看板娘装備とか頭部ノーマル眼鏡装備とか作れるよね。しかも能力的に悪くない。ありがとう……小嶋さんありがとうッッ……!!(感涙

い/前作眼鏡ッ娘看板娘で思いだした。このゲームめちゃめちゃ凝ってるんで、「何気無く遊んでると見る機会の無いメッセージ」とかもたくさんあるんですよね。例えば村のストーリーが進む緊急クエスト、出現すると各村の看板娘に赤フキダシが付くんだけれど、全員緊急クエストに対するリアクションが違うとか。で、ゲームクリア後のお祝いもルームサービスに設定してるキャラで全部違うんで、特定のキャラを愛している人、磨伸さんの場合なら前作眼鏡ッ娘看板娘をルームサービスに指定した上でクリアした方がいいよ!とかヒントを与えておきたい。

え/そして最大の新機軸、「ニャンターモード」。今まで人間キャラの後ろをついてまわるだけだったオトモアイルーが!メインに!ねこが!可愛らしいねこで!縦横無尽に駆け回れるという夢の実現!!むしろどうして今まで実装されなかったのか!

あ/ピッケルや虫網の使用制限もなければ暑さ寒さも関係ないから素材集めクエのプレイ感覚激変するよね!ただし細かい所が便利になっても、基本はアイルーだから身体能力は低め!けどかわいい!!

い/プレイ感覚が完璧に違うんだけども、だが、それがいい…

た/ニャンターいいよね…

え/いい…(プロの会話

あ/…………………って言うか、あれ………?この話題に真っ先に飛びついてくるはずなのに、というかむしろ最初から何故会話に加わってないんじゃ……中上さん……?


な/………だって……だって、モンハンクロスは……ぼくはモンハンクロスは……

え/あれ!?気に入らなかった!?

み/擁護派だった中上さんが!?

な/モンハンクロスは……ムーファとばかりイチャイチャモフモフしてて全然進められないんですよォォーーー!!

あ/オメェそのアルパカみたいな生き物とモフモフできるのって、村入ってすぐんとこじゃねぇか!!!!(笑)

た/もしかして:中上さんのモンハンプレイ時間=ムーファなでまわしてる時間

な/あああああムーファかわいい!かわいいもんなぁぁ!!!ボタンを押すだけでこうモフモフナデナデして最後にチュッって!チュッって!!

あ/たかしいいいいいいいいいいいい!!

え/どうしてこんなになるまで放っておいたんだ!!!(涙

な/これいるよ!絶対にモンハンの製作側にケモナーいるよ!!

あ/たかしいいいいいいいいいいいい!!(震

え/どうしてこんなになるまで放っておいたんだ!!!(号泣




2015年 12月




り/さて12月!11月に引き続き、いや更にいろんな注目タイトル目白押しだった年末商戦には、地獄の底から蘇る枠の『重装機兵レイノス』、日本文明の導き手として織田信長に加えて卑弥呼や東郷平八郎も参戦という『シヴィライゼーション レボリューション2+』とかも出てましたね!!東郷平八郎は将軍ユニットじゃないのか…?って気もしますが、ともあれそんな大ラッシュの月最初に語りたいのは……

え/ちょっと待って!ソシャゲ・アプリゲー系なんだけども、この12月ラッシュの話題に埋もれちゃう前に筆頭で話題に出しておきたいタイトルがある!!

い/キリスト教ゲーム『モーセの海割り』かな?

え/そっちじゃなくて(笑)!ケイブSTG新作にして大胆な新機軸コンセプトで登場、『怒首領蜂 一面番長』ですよ!!

み/怒首領蜂一面番長!弾を避けて撃つだけのSTGは自分としても久々にやったんだけど、楽しいねこれ!

え/うむ!タイトル通り「1面」しかない怒首領蜂なんですが、基本無料!課金要素も本当にゼロ!でもちゃんとしっかりとした新作STGとして作られている!しかもゲーム進めると1面→2面と普通に続いたりもするので、善良なる嬉しいタイトル詐欺!!(笑)

な/うーん、それの何が「大胆な新機軸コンセプト」なんです?

え/このゲームは通常の得点アイテムの他に、自機をパワーアップさせるためのコインとかも大体1面につき7〜12枚ぐらい拾えるんですよ、そして何回も周回してそのコインで自機のショット・ボム・オプション性能等々を底上げしていって更なる高難易度を目指せ……ってシステムなんですが、重要なのはここから。面をクリアしたら、画面に提示される複数枚のカードを1枚選んで、その結果でコインが1〜3倍に増えたりするんですよ、で、そのカードの内容が何かって言うと、まったく別の他のアプリの宣伝ムービー。つまりこのゲームは「課金は一切しなくていい!ソフトの基本も無料だ!そして宣伝を最後まで見る事でお前のコインを倍にする権利をやろう!」っていう収益の上げ方を試みてるタイトルなんですわ!

り/その手があったかあああああああああああ!!!

あ/ケイブあたまいいな!!!(笑)

み/ケイブさんには儲けてもらわないと、ゲーマーとしても困るしね。

え/確かにCM動画は長くて30秒ぐらいなので、そこまでプレイヤーに負担じゃない!むしろ特典はある!そしてケイブには宣伝アフィリエイト料金的なものがきっと入ってる!わりとwin−win!!っていう新機軸さ。「CMうざい!」と思うなら、単にコイン倍額の権利を失うだけなのでスキップしてもいい。オフラインモードでもCMが入らないだけで、ゲームそのものはプレイできる。強制しすぎず、ウザすぎず。これは上手いと思いました。

あ/最近はいかにユーザーに広告を負担に感じさせずに流すか?と言うのが増えてきましたな。

い/あー、ソシャゲのロード画面でTIPSと同時に他のゲームの宣伝バナー流すゲームとか増えてますね。今ふと思ったんだけど、モンハンの狩り終了後の1分の間に、下画面でCM流したりしすると広告収入がメーカーに行ったりしないかな…

り/ロード画面や空きスペースを利用した広告誘致は今後もっと増えてくるんでしょうね。ただそれが強制的であったり、出鼻を挫いたり世界観をあまりにも崩壊させる何かだったりしたら逆にヘイトしか集めないんですけども、やり方次第ではメーカーさんにいい感じで広告料が入ったりする訳だ。

み/現状iOSでしか遊べませんけど、完全無料なんだからとりあえず触っといていいでしょう。そしてケイブSTGに興味が湧いたら更に虫姫さまとか買えばいい。楽しいよ!

い/あ、話題に出したついでに。アナログゲーム界隈で毎回変なキリスト教ゲームを出しているキリスト新聞社の聖書コレクションがスマートフォンアプリゲーに参入!その名も「聖書コレクションΩ」シリーズ、その第1弾が『モーセの海割り』なんですよ。割った海パネルはタップするごとに時計回りに90度回転するので、上手く繋いで左岸からやってくるユダヤ人を右岸に渡してあげよう。制限時間内に一定人数を渡す事に成功すればステージクリア、追っ手のエジプト人に気をつけろ!で、ユダヤ人が聖人のいるパネルを通過すると聖人の効果発動!例えばモーセさんだと一定時間全てのパネルを十字路に変えて問答無用でユダヤ人を対岸に渡すことが出来ます。最初のステージはモーセの逸話通り、出エジプト記なんですが、次のステージはノアの箱船…ってその海は割ってもいいの!?

え/ノアさん時の大洪水を割っちゃ駄目なんじゃないかな!!(笑)

な/海と見るや何でも割らずにはいられないのか、モーセさんは!

い/突っ込みどころも多いけれど、ステージをクリアすると、そのステージにまつわる聖書のエピソードが見れるようになるので真っ当な聖書ファンも安心!やろう海割り!

た/真っ当な聖書ファン………? まぁいいや、じゃあ12月のコンシューマタイトルに戻ろうか。ええ、ロボットアニメには「スーパーロボット大戦」があるように、萌え系アニメには今後「コレ」がある!という立ち位置にまでなれるのか!?『ミラクルガールズフェスティバル』

え/ああ、「スーパー萌えアニメダンス大戦」!!

み/別に「大戦」はしてないと思うけどコレ!(笑)

た/様々な萌えアニメ・萌えゲーの美少女キャラ達がSEGAのミクゲーのシステム上で大集合!各主題歌の音ゲーとして楽しめるよ!!っていうお祭りゲームなんですが、思った以上に3Dキャラがよくできてる。動きもちゃんとそのキャラっぽい動きなので見てて楽しい。…難易度上がるとダンス見てる余裕ないんですが。

え/同じ雑誌に連載している者として「未確認で進行形」は応援するしかない。紅緒様はちゃんと眼鏡をかけているし。

た/そんな磨伸さんには悲しいお知らせが。みでしの紅緒様、OPの衣装に変えると、眼鏡が…なくなります…………まぁ、元の「制服だと眼鏡だろ!」っていうこだわりのほうがおかしいともいう。

え/何もおかしくないだろ!!微塵もおかしくはねぇよ!!

り/ちなみにこのゲームで一番再現度が高いのは「てさぐれ!部活もの」というのが何か愛おしい(笑)。OPのあの歌詞どうりな演出おかしい。

た/あ、名前に「紅」がつくつながりで。さあ!ボク的には2015年最大の山場が来ましたよ!紅莉栖がいかに素晴らしい女性かというのを語る2スレッド目はここですか?とはいえそれほど出番ないんですが『Steins;Gate 0』のターンダヨ、リンターロ!!

え/シュタゲゼロ、マジで予想以上だったんですけど!!!!!!!

た/ぶっちゃけ紅莉栖が死んでる世界線なので出番はほぼ無いと思ってたら、思いのほか出てきたので大満足ですよ!

な/1作目が神レベルの傑作だった、アニメも大成功だった、というのは解るけども、それ以降のシリーズの今ひとつ人気が爆発しない感とかから考えると今回は正直どうだったの?良かった?

え/うん、シュタゲは一作目が神作すぎて、それ以降に出た番外編・ファンディスクタイトルがいきなり無茶苦茶なスタートラインに立たされるというか無理ゲー気味なハードルを飛ぶ事を要求されるみたいな、軒並み不利なトコから始めるしかないというアレだったので、今回についても「まあ1作目の夢を過剰に求めるような真似は…」と期待値抑え気味でプレイしたんですが、いや、うん、”続編”だ。これものの見事に「シュタゲの続編」だよ!!!!!っていう!!

た/細かく書くとネタバレになりそうだけども、今回そもそもが紅莉栖の死んでる世界線だから、出ても回想くらいだと思ってたんですよ!あんまり期待して無かったんですよ!そしたらスマホのアプリですよ!世界線移動ですよ!もうねぇシュタゲの時に好きになった紅莉栖との会話が普通に出てくるんですよ!新しい魅力が発生……は確かに無いかもしれないけど、まぎれもない紅莉栖ですよ!!誰かこのアプリを僕に下さいよ!!??

い/おちついて!(笑)

た/ホント、この
「前日談の完全なる続編」って素晴らしいと思う。日本語としておかしいけど全然間違ってない!

あ/話としては1作目終盤のアレに至る物語だよね?

り/アニメ再放送のシュタゲ23話の不意打ち新作パートも衝撃でしたしね……

た/あれはほんとすごい演出だと思った。ゲームにつながる演出。アレを再放送中に思いついて実行に移す千代丸社長おかしい(いい意味で)!! 発売日の延期が制作間に合わないじゃなく、そのネタの為に遅らせたとかほんと馬鹿じゃないの!

え/アレは「流石シュタゲだわ」っていう不意打ちだったね(笑)。そしてアレを見れば解る通り、今回の「ゼロ」は岡部が紅莉栖を救う事を途中で諦めてしまった世界線。となると、「本編」ラスト辺りで展開された「アレ」に繋がるところに至るまでの話をやる、ってのは当然なんだけども、今回から登場した新規キャラも最初から予定されてたかのよーに見事にキチッとはまってて、かつ「アレがほったらかしなら、そりゃそうなるわな!!!」とか、「それがそうなった状態なら、そうならざるをえないわなぁ」と納得するやら震えるやらって部分もちゃんとある。

た/そう!!それ!!それなのよ!!ぼくらは一作目で「キチンと解決してる話」を知ってるからこそなんだけども、今回は中途半端な解決までしか至ってない世界線だからあの存在があそこにあるままなら当然そうなるよなああ!!的な!!
 ………シュタゲはゲームとしてネタバレ完全厳禁だからさっきから「アレ」とか「それ」とか「あそこ」とか具体的に言えないのがもどかしい!!(笑)


え/本当なら……このシリーズの根幹テーマである「科学ギミック」、前作が「タイムマシン」だったのに対して今回は(略)だったのも上手い!確かに「電話レンジ」の仕組みを一回バラして考えると、タイムリープができる!という部分に注目され過ぎていて冷静に考えるとそのタイムリープするに至る(略)もサラッと流してたけどどう考えても(略)ですありがとうございます、って盲点のつきかたも上手いよなぁ……とか語りたいんだけども、そこも具体的に言えないのがもどかしい!!!

た/多くの人が「1作目が完璧だったのに続編なんて何をするの……?蛇足にならないの?」と懸念してただろうけども、安心して下さい。蛇足じゃないです!

え/蛇足どころか「見たかった続編」が見事にここに製作されましたよ…っていう!!それにもえいくさんが「比翼連理」とは違った形で満たされてたよね…!

た/ああ、「軍曹ルート」。

え/軍曹ルート(笑)!解るけども!! で、まぁ裏話ってほどでもないんだけども今回の「ゼロ」って、このゲーム放談のコーナーで一緒にシュタゲを語った当の本人であるラノベ作家の土屋つかささんが脚本スタッフとして参加してるんですわ。放談で語ってたのをきっかけとして。まさかの放談から人材直輸出!

あ/いやぁ何か凄い話だよね!

え/ホンマに。で、感心したのはこの放談で語ってた萌郁さんの眼鏡の意味論」を、土屋さんたら、ちゃんと続編で参考にしてくれたの。補強してくれたのよ。たけっぴさん気付いてる?

た/え?何だろう!?

え/別にネタバレに抵触するようなトコじゃないからOKだと思うんで語るけどさ、俺は放談で言ったじゃない、「萌郁さんが悪のモードになる時は眼鏡を外して裸眼になる。眼鏡をかけたまま悪を成すのは眼鏡ッ娘としての礼儀に反するからだ」みたいな事を。だから今回、「指令で自分の意志とは関係なく動いてる時」は眼鏡を外して裸眼状態なんですけども、「自分の意志で、正しいと思った事を成すべく動いてる時」は、眼鏡をかけっぱなしなんです!!善行の時は眼鏡ッ娘のままなんですよ!!

た/あーーーー!はい!確かに!

り/ストレートかつ納得のいく眼鏡オンオフ!

え/だから萌郁さんについては眼鏡に注目するとその状況における心理まで把握できるよ!!というギミック。この仕組みのためにわざわざ「ライダースーツ萌郁さん眼鏡有りVer」の立ち絵を新規に描き下ろしてる本気っぷりなので是非そこんとこにも注目しつつゲームを進めて下さい。そんな感じで、「シュタゲ」が好きだった人がやるべきかどうかで言えば「やるべき」と言えると思いますぜ。

た/語り足りないけども、ネタバレ回避すると何も言えなくなるのがシュタゲなので紅莉栖がいかに素晴らしいか語るしかなくなるもんね、しかたないね!

り/ほいほい。では次、『ポケモンピクロス』ですよ! ピクロスです!以上!(1年ぶり6回目)

み/ピクロォース!!以上!!!

あ/ほんと貴方達ピクロス好きね。

み/今回は基本無料になってますよ!しかも各種システムや本来のピクロスのシステムと全く違った「メガピクロス」・「ミクロス」が入ってる辺り、これは去年まで放談で述べてきたジュピターのピクロスeと全く同じ!つまりピクロスe最新作!!…ではあるけれども、やっぱりちょっと、違うんだなあ。

り/基本無料なんだけども、問題を追加で購入する…ってシステムだから、逆に出費を強いる結果に……やっぱペンシルパズルは買い切りであって欲しい。

み/それもあるし、あとポケモンピクロスなだけあって、各ポケモンにスキルがあって、それぞれのスキルを使えばパズルが簡単になる……のはいいんだけれど、クリア時に課金アイテムともなるピクロイトや他の問題の元となるアイテムを入手できる条件が提示されてて、これがどう見てもポケモンのスキルありきな条件に設定されてる。ポケモン好きならいいんだけど、単なるピクロス好きにはちょっと余計かな…という気がしないでもないです。ぶっちゃけ「クリアタイム1分以内」とか、ポケモンのスキル無しじゃ無理! 

り/ピクロイトが無制限で手に入る額まで課金すると、おおよそ3000円ほど。ピクロスeが600円だった事を考えると、高いと見るか些細な額と見るか。

み/とりあえず基本は無料だから、タダでピクロスがお試しできるのは間違いない。ずっと自分とりしゅーさんが「ピクロォース!!」って叫んできてて、ちょっとでも興味を持った人が居てくれるなら、まず無料で触ってみてください。ポケモンのスキルである程度フォローしてくれますし。それで、もっとストイックにパズルを解きたい!というのならピクロスeを買うもよし。ポケモンピクロスをポケモンのスキル無しでプレイするもよし。特にメガピクロスをお試しできるのはこのゲームだけだと思うので、これは理屈を理解するまでとても難しく感じるんだけど、わかればすごく楽しい。是非に触ってみてください。おわり。

り/DLゲームでは、いつもの眼鏡ッ娘ゲーム『脱出アドベンチャー 神降ろしの占い盤』が発売! 今度は小学生時代の若留が主人公で、「クノカミさま」というコックリさんに似た占いを発端に展開する謎と冒険がストーリーの軸なんですが、結局やってることは「いつも通り」です(笑)

あ/同じなんか(笑)

り/あ、でも、主人公が小学生になったせいなのか知らないけど、シリーズが進むごとに難解になりすぎていった謎の難易度にリセットがかかったんですよ! これはありがたい。

み/最近はシリーズ出ても買うだけでぶん投げてた僕でも、ヒントほとんど見ないでクリアできた! なかには「これ、小学生には無理なんじゃね?」と思う謎もあったけど(笑)

り/相変わらずヒントは「最後まで見ちゃうと答えを全部表示しちゃう」ぐらいに親切だったりと、この手のゲームにしては非常に遊びやすいので、この機会にトライしてもらいたいかな。

み/おまけシナリオの「親の視点から見た事件の真相」も忘れずにチェックしてほしい。

な/そういえばボクは『機動戦士ガンダム EXTREME VS−FORCE』をプレイしたんですが………なんか世間では評判悪い!!

あ/妙に炎上してませんでした?

い/速攻でワゴンにいってた話題ばかり聞いたな……

な/どうも巷ではEXTREME VSみたいなゲームを期待してたせいでどうも「コレジャナイ」感がすごかったみたいですね………個人的には昔PSPなんかででてたバトルロワイヤル・クロニクル系のスタイルをEXTREME VSのシステムで遊ぶっていうものだろうなーと思って期待してた当方としてはこれだ!って感じだったんですけど……どうにも対戦等々システムの欠如やらで劣化感を感じさせてるのなぁ…

り/これはタイトルが失敗だったのかもしれませんな。全然違うタイトルだったら、みんなそこまで噛みつかなかったと思う。やっぱり、ほとんどのプレイヤーは「アケのEX VSがVitaで遊べる」という風に思っていたんだと思います。

な/ソロでプレイしたいと思ってるほうからすると、このゲーム結構いい感じなんだけどもなぁ……

よ/炎上と言えば前作が炎上しちゃってた『ジョジョの奇妙な冒険 アイズオブヘブン』が楽しそうだなと思ったんですが、どなたかプレイしましたか?なんかちょっとエアガイツっぽい見た目だなとか思っていたわたくし。

な/あ、ボクはジョジョ遊びましたよ!今回は完全にオリジナルのストーリーでスパロボみたいな感じになってます!原作3部終了直後に起こる異変!って感じで、突然空港に現れる1部の頃のスピードワゴン!!そして同時に死んだはずのアヴドゥルとイギーが敵として現われる!!何故そんなことが起こったか!またその異変を起こしてる「あのお方」とは誰なのか………とまぁその異変をとめるべく「聖なる遺体」の力で各時代へ時間旅行しちゃうっていう。

え/あーーーーー、オリジナルだから「あそこがああじゃないからおかしい!!」みたいな事が完全になくなった、と。

/なるほどなー、前作みたいに原作のストーリー再現目指してるわけじゃないから、参戦キャラが「いる」理由はあっても、非参戦のキャラが「なんでいないの?」って理由要らなくなったのか。

り/いない理由を作るより、いる理由を作る……正しい選択だ!(時空振動弾を取り出しつつ)

た/もう時空振動弾やめて!!(笑)

よ/実は体験版をちょっとだけプレイして、慣れてないこともあってかなり一方的にボコられて終了しちゃったもんですから購入に踏み切れなかったんですが、難易度的にはどんな按配でした?

な/僕も最初はなにこれ?!って感じでボコられまくってたんですが、これ意外と1対1であるとか2対1に自分が優位になるように立ち回ると全然楽になります。基本的にパートナーが率先してやられるってことがあまりないので、自分自身が相手ふたりに狙われない限りは実は難易度自体はかなり低いかもしれません。パートナーも結構空気呼んで勝手に立ち回ってくれますしね。

よ/なるほどなるほど。ありがとうございます。ストーリー気になりまくりなので思い切って買っちゃおうかなあ…

な/思い切ってもいいのよ?ストーリーもそれなりに楽しめますが、アニメ効果もあってかなんか掛け合いとかみてると楽しんですよね。

よ/ジョジョの3Dってアニメも含めて総じてキャラのモデリングが異常に似てるので、それだけでももう手元に置いときたくなります。

な/そうそう!そうなんですよね!なんでこんなに再現率いいんでしょうね。キャラゲーと言ったら失礼ですけど、ジョジョゲーとしては良いできですよ!!
       to be continued


り/コンシューマタイトルは更に続く。ファイアーエムブレムとペルソナシリーズが悪魔合体して新しいRPGが爆誕!『幻想異聞録#FE』!渋谷を中心にミラージュと呼ばれる謎の存在が出現!それに対抗できるのは、同じミラージュの能力を持った主人公たちのみ!ミラージュ能力を高めるために必要なこと!それは!芸能活動!!
……芸能活動?


え/ファイアーエムブレムのキャラをペルソナとして召喚しつつ芸能界で生き残るゲーム!!

い/まずもってゲームの内容そのものが悪魔合体してるよね……しかも満月の夜の事故率高い時にみたいな!

あ/芸能で退魔………ああ、はい!ぼくそれ知ってるよ!『サクラ大戦』っていうんだ!!

り/まぁ意味不明なのは解りますが、でも本当に「芸能活動」がいい意味でキーワードになってるんですよ!年末も年末に発売となったタイトルなので全然クリアできてませんが、ここまででも本当に面白い!不満はそれこそ「戦闘前のロードが長い」ぐらいで、まだ中盤に差し掛かったばかりだけど、特定のスキルを使うと突然歌い出したりするんですよ、スタイリッシュに!すてき!!磨伸さんもやりましょうよ!

え/え?うーん……もちろんペルソナ好きとして興味惹かれまくりではあるんですけども、『幻想異聞録#FE』は…何処で見たのかなぁ………なんかスタッフインタビューで、元々メインヒロインの子を眼鏡ッ娘にしようとデザイナーさんは動いてたのに、上層部に「それはやめろ」と言われて泣く泣く没にした、みたいな話を目にして「アッハイ」と急激に熱が冷めた記憶があったりなかったり…。そのインタビュー記事を今見つけようとしてみつからなかったので捏造記憶だったらゴメン。

り/あ、捏造記憶じゃないですそれ。ニュアンスは微妙に違うと思うのですが、確かに任天堂公式のHPで眼鏡NGの話は語ってますね。

え/なるほど!よかった、メガネ禁止は本当にあったんだ!よくねえよ!!!ふざけんな!!

い/あら…プロダクションの社長が磨伸さん好みっぽいなーとおもってたので意外。

り/それにここまでプレイしてて思うのは、ヒロインが眼鏡かけたら「属性盛りすぎ」なのでかけてなくてよかったかな? とは思います。「属性は2つまで!」なんですよ、基本。

な/褐色巨乳ケモ耳(?)マッシブ眼鏡ッ娘の武蔵さんとかどうなるの!?

え/属性2つまでとかそんなもん誰が決めたんだ!時が未来に進むと誰が決めたんだ!!

あ/夢の蒼髪獣人眼鏡ッ娘キャラは実現しないというの…?

い/そんな俺と磨伸さんと中上さん1つにしたら、ドラえもんとのび太が合体して1人でケンカ始めるのびえもんみたいになっちゃうよ!

え/ばかな!3つの心が1つになれば!

あ/ガッツ!ガッツ!

り/でも、ヒロインが最初から眼鏡をかけていたら「ハクション刑事魔帆」も生まれなかったでしょうし、これはこれでよかった……はず。

え/なに それ

り/そういう作中劇があるのです(笑)。それはともかくとして、プレイ当初は気になっていた「主人公のミラージュがマルスじゃなくてクロムである」理由とか、「オグマじゃなくてナバールがメインキャラ」である意味、「アベルやジェイガンなどメインに起用されなかったキャラクター」の登場の仕方なども見事でしたし、当初は「なんだこりゃ?」と思っていたFEとペルソナ、そして芸能界の融合も「なるほど!」と思わせるものになってました。本質的にはペルソナシリーズなので隅々まで遊びつくすとめちゃくちゃ長いですが、RPGとして本当に面白いゲームでしたよ。と、締めくくって、以上!


よ/よし、じゃあ磨伸さん、2015年のコンシューマタイトルはこれでしめましょう!やり出すとこれしかやりたくなくなっちゃう鬼の作りこみオープンワールド系傑作ゲーム、『Fallout 4』

え/『Fallout 4』おもしれえええええええええええええええええええええええええええええええええ!!!!!!!!(嘔吐

い/吐くほど!?(笑)

た/面白さの表現の仕方が解らない!!(笑)

よ/例によって中国との全面核戦争で崩壊したアメリカを舞台にしたオープンワールド系ゲームで、今回はシェルター内部で冷凍睡眠されてた主人公が曖昧な意識のまま、目の前のポッドで自分の奥さんが殺害され最愛の息子が誘拐されるのを目撃。完全に覚醒した主人公はその仇を、そして息子を取り戻すために荒廃したアメリカの大地に立つ!

え/立って、何をするかというと、  ゴミを   拾います

よ/PS4のすごいマシンパワーで   ゴミを  拾います

え/たのしい!!ゴミ拾いたのしい!!世界一楽しいゴミ拾いゲームやでコレ!!!

た/ちょっと待って奥さんの仇と誘拐された息子の行方はどうなったの!?

え/知らん!!

た/最低だ!!(笑)

よ/ローカライズの点でおや?という部分もあるし、日本語訳も少々微妙という話もあるんですが、そんなの些細な問題よね(ゴミを拾いながら

あ/本当にさっきからゴミしか拾ってないよこの人達…

り/なんで人はすごいマシンパワーを手に入れると、ろくでもないことに使ってしまうのだろうか?(笑)

よ/こういうゲームが「アリ」だと思って精魂つぎ込んで作ってくださるアメリカ人とても素敵。

な/結局ゲームとしてはどうすればいいんですか(笑)!本筋はおもしろいの!?

よ/メインストーリーという意味なら分かんない!寄り道ばっかりしてるから進めてない!

み/邪さん……

な/邪さん…

え/本筋そのものはもちろん面白いよ!昭和初期に描かれた「ゆめの21世紀」みたいな技術進化をしていたアメリカが全面核戦争で全てオジャンになった廃墟の中で、いろんな人と出会い、いろんな銃器で殺し、いろんな放射性突然変異生物と出会い、いろんな改造兵器で殺す、そんな世紀末覇者ゲーム。しかもこの手のオープンワールドゲーによくある、クエストを解いても解いても続々追加される系で「やるべき事」が増えていくので、本当にやめどころがない上に、まさかの「ぼくの考えた最強スラム街」ゲームになってるとか、「シムスラム」になってるだとか、誰が想像しえたろうか……!

よ/今回は冒険と共に街づくり要素があるっていうのは正直「え?大丈夫なの?」と思ったりしたんですがどうしてどうして。よくもまあこんな楽しいゲームに仕上げたなあと。もう全肯定です私。信者乙。ドーモ。

い/街は作る専用の場所を開拓するんですか?それとも好きな場所に家建てていく感じ?

え/いや、拠点を奪ったり傘下に組み入れたりする感じ。最初は「戦争前に住んでた街」に人をつれてきて、そこを復興させてみるか!から始まるんですけども、歩いてるとたまにヒャッハーな人達が住んでる砦とかあるから問答無用で汚物は消毒して、誰もいなくなったところにプレハブとか増築しまくって人呼んで運営していくっていう。そのためにも、核で崩壊した大地のあちこちからいろんな廃品を拾ってきて、それを鉄とか銅とか素材に分解して、再構築する。ヒャッハーどもから奪った武器や鎧もリサイクル!核で焼き尽くされたご家庭から家電一式奪ってきてリサイクル!リサイクル精神が養われるエコでロハスなゲームと言っても過言じゃないよね!?

り/エコとロハスに謝れ!(笑)

よ/木造もしくは鉄のプレハブを建てたり増築したり、畑を作ったりポンプで水をひいたり。エンジンを作って線をひいて、真っ暗だった建物にライトの灯りをともした時の感動!無駄に装飾に拘る楽しさ!

え/いやー、「ガールズモード」の時もゲームを徹夜でプレイして、朝になって街に出てみたら「嗚呼っ!街いく人の服装に意味がある事がわかる!コーデという概念が解る!!」って感じで全てが輝いて見えるんだけども、『Fallout 4』も徹夜でプレイして、朝になって街に出てみたら「嗚呼っ!あの廃屋の壊れた換気扇から鉄と電子回路とか回収できる!全てのゴミに意味が見いだせる!!」って感じで全てが輝いて見えるの!!!(キラキラした瞳で

よ/GOMIですね!

え/GOMIですよ!

な/駄目だこの人達はやくなんとかしないと……

え/なんか人の家の庭になってる果実とかに、リアル視覚で「もぎとる」コマンドが見えるよね(病気

よ/サクッ!サクッ!ってとれるSEすら聞こえてくる(幻聴

え/あとNPCの懐にメガネをつっこんで装備させる事もできるから女性キャラにはどんどん眼鏡を手渡していくプレイ。199X年!世界は核の炎につつまれた!海は枯れ、地は裂け、全ての生物が死滅したかのように見えた。だが、眼鏡ッ娘教団は死に絶えていなかった!!!

み/ほんともうどんなゲームなんだこれ……

え/どんな時でも眼鏡は大事だ。アメリカ独立宣言書にもそう書いてある。まあ本当、これまでの素の状態でもやれる事が無限にあって終わりようがないゲームだったのに今回の「4」はそこへさらにぼくだけのスラム国家建設!という面白すぎるサブ要素まで加わってしまったのでそりゃあアメリカ人の誰かが「フォールアウト4が面白すぎて職を失うまで遊んじゃった!訴えてやる!!!」って裁判もおこすよ!!ってレベル。

よ/面白すぎる。やめどころがない。なんというかもう尊い。

な/尊い

え/もうガルパンおじさんみたいに「『Fallout 4』はいいぞ…」って言うだけの機械にならざるをえない。 『Fallout 4』はいいぞ…

よ/ 『Fallout 4』はいいぞ…

あ/ええい!じゃあそろそろアナログゲームの時間というか、TRPGにいくよ!『神話創生RPGアマデウス』!艦これにつづいて冒険企画局が富士見から出すオリジナルTRPG、それがアマデウス!太古の神々はその形を神話と言う形に変えて情報生命体として地上を去った現代を舞台に、神の力を得た神子(アマデウス)となって神話災害に立ち向かうってのがおおまかな世界観。 基本ルールブックで選べる神族は、ギリシャ、日本、エジプト…そしてクトゥルフ!

い/なんでや!なんでクトゥルフなんや(笑)! そこは普通北欧神話辺りやないんか!!

あ/春に出る追加では北欧神話も追加されますよ。て言うかクトゥルフは基本じゃろ!?

い/ でも基本とか言ってウボ=サスラとかチャウグナム・ファウグンとかいないんでしょう!?

り/空飛ぶスパゲッティモンスター教と並ぶ、現代の宗教ですもんね!

え/そこと比べるのか(笑)。

あ/まぁ艦これRPGが上手く行ったのか、今回は結構推し度も高くてPVまで作ってますな。実際、艦これRPGからTRPGに触れた人も増えてきてるんで、このアマデウスもそんなに違和感なくプレイできるんじゃないですかね。基本は冒企のシステムですから数々のランダム表で一喜一憂しながら楽しめますよー……っと。とりあえず、2015年の対談は、こんなとこかな?

え/ああ待って待って!あと「洋ゲー」というか馬鹿ゲーというか、変な枠が残ってる!

い/『オクトダッド』の時にも言ってた………海外馬鹿ゲー祭りが残っている!!

え/あれが一時期話題になってたよね、クラウドファンディングのタイトルだったっけ?赤ちゃんは如何にお父さんの目を盗んで死ぬかで勝ち負けを競うっていう気が狂ってるとしか思えないゲーム!

な/なに…………それ……………(震

い/『Who's Your Daddy』!「赤ん坊は全力で死ぬことをめざし、お父さんはそれを阻止する」ゲーム!ゲーム開始直後、洗剤を飲んで皮膚の色が真緑になる赤ちゃん!そしてそのまま全力でオーブンの中へ…!!

あ/あれか!洗剤を飲んだり、吸い殻を食べたりしてがんばって死のう!ってゲーム!!

た/うん、何だこの……何だ!?

み/外国人…………(汗

え/まぁ「赤ちゃんって目を離した隙にとんでもない事してるから、育児は目を離さず細心の注意を払ってね!!」って趣旨なんだとは思うんだけども、何というか、まぁ……

い/しかもこれをクリスマスにリリースとかホントに酷い!(笑)

り/あいつら未来に生きてんな!! あ、そうだ。シミュレーターといえば10月にあの『Goat Simulator』がPS4に移植されてたんですが……

い/そうその『Goat Simulator』とも関わりのある大問題作のPS4版が、この12月にリリースされてるんですよ……その名も『I am Bread』!!
プレイヤーは切り出された1枚の食パンです!
自力でトースターに辿り着き、おいしいトーストに焼きあがりましょう!!
おわり。


な/さっきから何で自らオーブンに飛び込みたがるのおおおおおおお!!!!????

い/パンに生まれたからにはおいしく焼きあがるのが本望だろうよ!?

よ/パンに…本望……本………望………?

い/ちなみにジャンルは「パンが焼かれるゲーム」です!

り/そんなのわかってるよ!!(笑)

い/オクトダッドが四肢に当たる足を別ボタンで操作したのに対して、このゲームはパンの4角を別々のボタンでホールドして物を投げたり、パタンって感じで転がってトースターを目指します。…が道中で床に落ちたりアリにたかられたりすると、可食性ってゲージがどんどん下がっていって、0%になるとゲームオーバー。つまり「食えるうちに焼かれろ」!!

え/ 「可食性ゲージ」……また新たな可能性を感じる日本語が生まれてる…!!!

い/ゲージは汚いところにパンが行くほど急激に下がるんだけど、減ってる間パンが小刻みに震えるよ!!そして!しかも!なんとあのヤギゲーことGoatSimulatorとのコラボゲーも登場!!ヤギとパン、夢の共演!!ところでこのパンに欲情するヤギってのは中上さん的にはどうですか?

え/どういう風に人生を生きてきたら「パンに欲情するヤギってのはどうですか?」なんて質問を口にする機会に恵まれるんだ!!

い/俺だってもう2度と言う機会がない質問だと思うよ!!(笑)

な/とりあえず……人類にはまだ早すぎるんじゃないかな……(目をそらす

り/今年は「利休コントロール」とか二度と口にすることがない新しい日本語の可能性に満ちあふれ過ぎでしょう!

あ/…だが、それもオークの仕掛けた周到な罠だった!




そしてベスト



な/さて、じゃあ15年ベストを決めてしまいましょう!

え/1:シャンティ 2:FALLOUT4 3:スプラトゥーン 4:コルト・エクスプレス 5:プロジェクトクロスゾーン2 正直1位はフォールアウト4と相当悩んだものの、ウチのこの”ゲーム放談”というコーナーの本来の趣旨的にはシャンティを推すべきだろうな、と思い。

よ/1:FALLOUT4 2:バットマン アーカム・ナイト 3:LEGO マーベル スーパーヒーローズ ザ・ゲーム 4:ゼノブレイドクロス 5:該当なしです。とにかく数をプレイできなかったから語れない推せないでなんか申し訳ないです。でも上記の4作品はどれもマジオススメですよ。

あ/1:バイオハザードリベレーション2 2:エイトエピック 3:FGO 4:アマデウス 5:
ガーデンオーダー 2015はアナゲメインな年だったけど、そんな中でバイオはめっちゃむきになってやりこんで「やっぱオイラはアクションゲーマーやなぁ」と実感させてくれたので。

た/1:シュタゲゼロ 2:スプラトゥーン 3:ゴッドイーター2RB 4:ゴッドイーターR 5:モンハンX やっぱり紅莉栖が出てるから1位じゃないとおかしいね。とまれ、ゲームとして出来が良くっておすすめなのはやっぱりスプラトゥーンかなぁ。

み/1:GE2RB 2:MGSV:TPP 3:MHX 4:デレステ 5:リズム天国ザ・ベスト まあ何だかんだでゴッドイーターは遊びやすくていいです。同じシリーズを並べるのもアレかと思うのでGERは外しとく(笑)。

な/1:スプラトゥーン 2:プロジェクトクロスゾーン2 3:スパロボBX 4:妖怪ウォッチバスターズ 5:夜廻 今回はしっかりやれたソフトで好きな順番・・・みたいになっちゃいました。そん中でもやりこんではないもののスプラトゥーンは見事すぎる仕上がり!

り/1:スプラトゥーン 2:シャンティとナゲルンダーを同率で 4:ネットハイ 5:EARTH WARS  惜しくも選から漏れたのは、ファミスタ、魔神少女2、幻想異聞録#FEですね。いろいろ考えた結果、やっぱりスプラトゥーンはどうしても1位にせざるを得なかった。で、シャンティとナゲルンダーは悩みに悩んだ結果「同率」かな?

い/1:モンハンX 2:ゴッドイーターRとゴッドイーター2RBを同率で。 4:シャンティ 5:フラワーナイトガール  次点はガールズモード3。総合的に見ると今年はやっぱモンハンXかなぁ、去年の今頃のモンハンへの不信感吹き飛ばしてありがとうって意味もこめて(笑)

え/では上記の結果をポイントによって集計してみると、我々が選んだ2015年度ゲームベスト3はこうなります!


1位・スプラトゥーン(任天堂)
2位・
GE2RB(バンダイナムコ)
3位・シャンティ -海賊の呪い-(インターグロー)


い/2015年はケモノの年だと思ったら、軟体動物の年だった!(笑)

り/そりゃぁ我々がどうこう言うまでもなく、2015年は間違いなくスプラトゥーンの年であったろうよ!と。

あ/むしろあのトーク内容でよくGE2RBが2位に食い込めたなぁ(笑)。なんだかんだでここの放談面子、ゴッドイータラー多すぎぃ!


り/「ゴッドイータラー」って何だ。日本ハムの助っ人外人か(笑)。


え/そして3位シャンティ。元カプコンUSAの流れを汲む「正統的なロックマンの子孫」とも言えるタイトルが各種恐竜化したボリュームのコンシューマを抑えて入ってきたのが嬉しい。って言うか、話題としては2015年はアナログゲームの躍進と、ますます存在感を増すDL系ゲーム……って感じだったのに、ベストを見るとやはりコンシューマのパッケージソフトが強かったねっていう。


た/「今後のゲーム発売予定表」とか見てもコンシューマが恐ろしくスッカスカになってきている半面、アナログゲームはより活発化している辺り、その牙城は風前の灯火なのか、波をのりきって堅牢さを守るのか……が気になるなぁ。

え/ちなみに次点は『モンスターハンターX』と『フォールアウト4』でしたー。



2016年はどうでしょう。




え/さて例によって放談の編集・校正がある程度終わった1月下旬にここを対談している訳ですが、既に発売となっている1月の新作『ダライアスバースト クロニクルセイバーズ』がめっちゃ出来いいぞ!STG万歳だぞ!
『ダラバーはいいぞ…』

い/フォールアウト4おじさんがダラバーおじさんになってる!同じ時期に発売になった『オーディンスフィア レイヴスラシル』も既に評判いいよね。

り/同じく1月末発売、『ドラゴンクエストビルダーズ アレフガルドを復活せよ』も注目度高いですよね。

た/ドラクエビルダーズ!ああ、「TOKIOはアレフガルドを開拓出来るのか?」って奴ですね!?

え/フィールドから素材を集めてスラムを作るフォールアウト4が終わってないのにフィールドから素材を集めて街を作るビルダーズが続けざまに出るとかちょっと待って(笑)。あ、それから更にはここ最近メキメキと評価を再度上げていっている光栄の歴史SLG新作、『三國志13』がちょっと三國志9というか太閤立志伝めいた形で1月発売!来年の放談は1月から忙しそうだ…!あ、あとノブヤボの新作も『信長の野望・創造 戦国立志伝』とまんま立志伝と名乗りながら登場!太閤Vのように商人や海賊になってのプレイとかはできないだろうけど、何処まで「立志伝」になっているか期待ですな。

り/そうだ! 歴史モノなら妖怪ウォッチのジバニャンたちが武将になって戦いを繰り広げる『妖怪三国志』なんてのも出るんですよ! ジバニャン劉備、フユニャン曹操、コマさん孫策なんかはいいとして、ウィスパー孔明はいろんな意味でいやな予感しかしない(笑)。

た/駄目な予感しかしない!(笑)

よ/1月はずっと音沙汰無かったブラウザゲーム『銀河英雄伝説タクティクス』が遂にリリースされてもいますね。詳しい事はまた来年の放談で書くとして。あと、年末から私アイカツおじさんになったので『アイカツ!フォトonステージ』も楽しみ。

い/アプリゲー系なら、.hackシリーズの後継作品で、年末にβテストを繰り返してた『ニューワールド』が気になるんですが、アプリ乙女ゲー『エジコイ!?エジプト神と恋しよっ?』というその名の通りエジプト神との学園恋愛AVGはどうなるんだろう……16年はケモノに替わって神ブームが来ちゃうのか……!?

み/個人的にはこれ!今までずっとずっと待ち望んだ、Colin McRae Rallyの系譜の最新作!前作までの「オフロードゲー」でなく改めて「ラリーゲー」として登場した『DiRT Rally』!既にSteamでは出てるんだけど、4月5日にPS4/XBOX ONEでも発売が決定!!…お願いだから、日本でも、出してよ…ね?ね?

り/人類を大きく超えた握力でいろいろなところにしがみつくネイトさんの冒険譚『アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝』もすげー楽しみだし、中上さん的にはケモケモしい『スターフォックス ゼロ』はどうなんでしょうね…?

な/まぁ期待するしかないタイトルですね!

た/任天堂と言えばおっさん声でしゃべるピカチュウが新しすぎて期待しかない『名探偵ピカチュウ』はどうなるんだろうか(笑)。

え/確か昔WBS辺りで任天堂の技術を特集してた時に「ピカチュウを使ったまったく新しいゲームを」みたいな話がチラッと出てたような記憶もあるんですが、まさかそれがおっさん声でしぶく喋るピカチュウという未来につながるだとか誰が想像できたであろう(笑)。

あ/久々のナンバリングタイトル『エースコンバット7』だとか、まさかの続編『真・女神転生IV FINAL』も楽しみですなー。また極悪難易度RPGになっているのか!

え/まさか真メガ4のあの話の続きをやるとは思わなかったっていう(笑)。またヤクザ殿から赤玉をもらう日々が始まるのか。あ、極悪難易度といえばそれこそが売りの『ダークソウルV』ですよ!今回も愉快な凶悪さだと嬉しいな!

な/PS4は確かにもう「購入すべきハード」になってますよね。『ストリートファイター5』に重力アクションがおもしろカッコイイ『GRAVITY DAZE 2/重力的眩暈完結編:上層への帰還の果て、彼女の内宇宙に収斂した選択』とか期待のタイトル多くなってきたので近いうちに買いますとも。

い/『戦場のヴァルキュリア リマスター』は旧世代機からPS4に移植されてどうパワーアップしてるか楽しみ。 新規タイトルではオープンワールドでゾイドっぽい機械生命体を狩るって洋ゲーの『HorizonZeroDawn』もあるよね。

り/リマスターといえば、名作として名高い作品のHDリマスター『EVE burst error R』もでますね。新ハードが出るとリマスターが活発になるので、名作に触れる機会も多くなるイメージです。

よ/あ、『ガンダムブレイカー3』も楽しみです。って正直言って前は「えーまた?」くらいの感想だったんですが、PVのガンダムにアンテナいっぱい付けたダメ改造を見た瞬間購入決定です。ストーリー面も充実する様子で超期待。

た/ガンブレ3どうなるんだろう(笑)。良くも悪くも。あ、良くも悪くもって言えば『スターオーシャン5』はどうなるんだっていうか、そしてハードによってゲームの構成が激変するどころか完全に別物になってる『ドラゴンクエスト11 過ぎ去りし時を求めて』も気になる……。

い/あと忘れちゃいけない『デッドオアアライブエクストリーム3』!やわらかエンジンいいよね…

あ/なんか発売延期かかったみたいだが、コマけぇこたぁいいンだよ!コレのためにPS4買うぜ!ちなみにやわらかさと言えばPXZ2話題の時も言ってたエロスの権化、縦セタ眼鏡教師アティてんてーがまたも登場する『サモンナイト6 ロストボーダーズ』はどうするのよ?

え/気になるなぁ。主にアティてんてー的な意味でちょう気になるなぁ……

り/あ、磨伸さんが大好きな眼鏡ッ娘キャラが出るゲームと言えば『艦これ改』はどうなんですか?あれ、マスターアップしたという報告があってもまだ延期するんじゃないかと心の片隅で思ってるんですが……

え/まぁ〜……そう…まぁ、そうねぇ………

あ/何故台詞が北上さんめいているのか(笑)。あ、でもSEGAの『艦これアーケード』はゲームそのものはかなり期待できそうな感じで……

り/……リリース延期を繰り返しまくったせいで導入を予定していたゲーセンのやりくり計画が大幅に狂って大なり小なりダメージ与えまくったみたいな話が……

あ/まぁ〜……そう…まぁ、そうねぇ………(ひたすらに目をそらす

た/ど、どっちもちゃんとした評価は実際プレイしてからだから!!

り/コレと『人喰いの大鷲トリコ』『ファイナルファンタジー15』辺りは「2016年中に出るの? 出せるの……?」枠ですかね……? いや、本当に出て欲しいのですが!

な/ケモノビトとしては『人喰いの大鷲トリコ』はもう待望の一本ですよ!?SCEお得意の少年パートナーとの信頼が熱い!モフラブ必至!!

り/あ、でも艦これアーケード開発で苦戦してるSEGAだけど、そのアーケード分野で「自分が描いたイラストが戦闘機になって戦いを繰り広げる」という新機軸ゲー『らくがきカードバトル撃墜王』なんてのも! こういうインタラクティブなゲームをアーケード展開するのはSEGAの独壇場になってきた。さすがあしたに生きるSEGA!

あ/一昨年出た『え〜でる すなば』といい、SEGAは本当に未来企業だな! それからTRPG関連では今回取り上げた『WS2.0スターターセット追加シナリオ』も出るし、去年のJGCで先行プレイが行われた『トーグ:リヴァイズドエディション』も今年に出ればいいなってトコで、PS4は更に『ペルソナ5』も出るけれど…………俺ら的にはこれに注目せざるをえないよね!!グラフィックが鬼強化されたアイマス新作はやらざるをえないよね!?

え/ああ!アイドルマスタープラチナスターズ』輝く律子にまた会える!!

あ/輝く雪歩にまた会える!!

た/アイドルマ  スタープラチナ  スターズ!!

み/時間を止めて何をオラオラする気だ(笑)

え/髪型が更に変わった律子が美少女すぎて震える。こんな……こんな律子と今日は思い切りKKUMMしていいのか!?

あ/おかわりもいいぞ!

い/ああ…遠慮せず今までのぶんKKUMMしろ…!

り/だからそれ死亡フラグだからね!?(笑)


戻る